9/23 巨 4-12 De→ 花火大会はDeNAの勝利、負け方としては最悪だった

巨人 4-12 DeNA → 対 DeNA:10勝13敗1分 東京ドーム

勝利投手:砂田 16試合 2勝 2敗 0S

セーブ :

敗戦投手:田口 25試合 10勝 9敗 0S

投手リレー

巨人:田口→田原誠→山口→宮國→中川 捕手:小林→實松

DeNA:石田→ザガースキー→加賀→砂田→須田→三上 捕手:戸柱

本塁打

巨人:坂本23号ソロ、村田22号2ラン

DeNA:梶谷16号2ラン、ロペス31号2ラン、白崎6号ソロ、筒香41号満塁、ロペス32号2ラン、筒香42号ソロ

解説:水野雄仁 実況:蛯原 哲

日テレG+ にて観戦

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

東京ドームで行われた横浜DeNAベイスターズとの24回戦。巨人は初回、坂本の通算150号となるソロホームランで先制し、2対2の三回には村田の22号2ランで勝ち越しに成功する。しかし、六回にロペスの2ランで追い付かれると、七回には白崎のソロと筒香の満塁弾で5点を失うなど、投手陣がDeNAに6本のホームランを浴び、12失点で大敗。連勝は2で止まった

Yomiuri Giants Official Web Site

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

別に負けるのは構わない、というか仕方ない

ただ、CSで東京ドームで当たるかもしれないという事を考えたら、今や左のエースと言ってもいい田口を立てて、ホームでコテンパンにやられるのはダメだ。

ゲーム序盤はこれまたCSで必ず当たるであろう石田を攻略した形になり、とても良い雰囲気だっただけに、こちらとしてもCSで当てたい田口が打たれたのはダメージが大きい

それにしてもDeNA打線、特にロペスと筒香はいいな。DeNAが残り3試合、その残りをこの二人が活躍して勝ちきったままCSに突入すると、本当にやっかいな存在になる。その上で、桑原も1番固定で結果を出し、梶谷が2番にいるというやっかいさ、攻撃力で言えば現時点では完全にDeNAの方が上を行っている

出来れば、横浜スタジアムでは、そのリベンジをしてお互い様って状態に持ち込みたいけれど、チームとしての勢いは目標が明確な分、DeNAの方が有利かもしれない

(しかも、ファンの熱の入れ方も今は温度差があるし)

先発の田口は状態としては決して悪くなかったと思う、10勝したからといっておごるようなタイプではないし、ガツガツと勝利に向かうという感じでもないので、ある意味、冷静にクールに投げているように見えた。梶谷に打たれた球も、ロペスに打たれた球も決してスタンドまで運ばれるような球ではなく、彼らの状態の良さと持ち前のバットコントロールにやられた感じ。ただ、前試合もそうだけど、やはり小林のリードがどちらかというとオーソドックスというか、臨機応変差に欠けている分、半分は読まれていたように見える。また、田口は丁寧に低めをつくのが信条のピッチャーではあるけれど、もう少し高低に幅を持たせるなり、ときにはぶつけそうになるなどの球を使わないと、四球の少ないピッチャーだから相手も踏み込んできやすい。球威があるわけではないので、そうなると当たり損ねでもヒットゾーンに飛んでしまうし、筒香くらいパワーがあると差し込まれても外野の頭を越えるくらい押し込まれてしまう

普段なら3回に再度突き放した時点で、そのリードを守りつつ、そこから2点くらい取り、筒香に1発打たれるくらいの被害で勝ちきらなきゃいけなかったゲームだとは思うけど、継投勝負になった時、DeNA側は期待通りの結果を出し、こちらは計算外の結果が出たしまった形で終盤にゲームが壊れてしまった…

中でもやっと戻ってきた宮國の復活登板は厳しい立ち上がりになり、期待を込めて上げた中川もほろ苦いと言うには余りにも痛いデビュー戦となってしまった。

6回の下位から作ったチャンスで2アウト満塁、阿部が粘りながらも最後に三振を喫してしまった場面がその前と後とでゲームの雰囲気を変える起点になってしまったか?

砂田の投げた渾身のストレートは素晴らしかったけど、あの1球を仕留めるか、もう1度ファールで逃げられるか出来てれば、結果は変わっていたかもしれないし、追いつかれた直後だったので、あそこで再度、突き放すことが出来れば、意外とその後はトントン拍子に終わっていたようなきがする

一度、クリーンアップに火がついたらなかなか止まらないのが今シーズンのDeNA打線なので、勢いづいた状態で宮國と中川を投げさせたのはちょっとかわいそうな気もするが、逆におさえてくれたら1試合で自信もつくケースだったので、そこに期待をしてたんだけど・・・・・残念でした

これで対DeNAの負け越しが決まり、去年も含めるとかつて「横浜銀行」と揶揄され、巨人にとってお客さんだった相性は今や完全に逆転してしまった。最終戦横浜スタジアムで負ければ対戦成績としても6連敗で終わることになり、東京ドームでやるにしても、横浜でやるにしても相手にとっては気分の良い状態で終戦する。

中日との戦いで連敗するか、1敗でもしていたら…と想像すると背中に冷たいものが走るけど、それを抜きにしてもDeNAにとっては残り3試合を全勝で終われば、今の巨人の状態ならひょっとしてひょっとするかも?と思わせることになってしまったことで、今日のゲームが大きく重く、苦しくなってしまったので、やはり今日は何が何でも勝利して、2位マジックを1には減らしたい

個人的には先日ギャレットのサヨナラホームランでチームのテンションがあがったように、坂本のホームランにしても、村田のホームランにしても、もっとベンチないで(ワザと)盛り上げて、自分たちの気持ちをあげてゆかないと、今のチームは無理して冷静さを表情に出しているようで、それがかえって痛々しく見える

負けてもかまわないから、もっと喜怒哀楽を全面に押し出して、残り試合を無理やりにでもテンションをあげてゆかないと、スカした顔で戦っているだけでは、相手の勢いや気持ちに押し負けて残念な結果になりそうだ・・・

管理人:みんぐ

http://ameblo.jp/ming-maro/