8/16 巨 2-0 中→ まずはエースで白星スタート!今は勝ち方に拘ってる場合じゃない

巨人 2-0 中日 → 対 中日 :6勝8敗1分 ナゴヤドーム

勝利投手:菅 野 20試合 7勝 5敗 0S

セーブ :澤 村 46試合 3勝 2敗 30S

敗戦投手:吉 見 16試合 4勝 5敗 0S

投手リレー

巨人:菅野→田原誠→マシソン→澤村 捕手:小林

中日:吉見 捕手:杉山

本塁打

巨人:村田15号2ラン

中日:

解説:谷沢健一 実況:小田島卓生

フジテレビTWOにて観戦

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ナゴヤドームで行われた中日ドラゴンズとの15回戦。巨人・菅野は序盤、中日・吉見と投手戦を展開する。試合が動いたのは四回、村田が右翼に2ランホームランを放ち、2点を先行する。菅野はその後六回まで投げ無失点、三塁を踏ませない好投を見せた。菅野のあとを継いだリリーフ陣も得点を許さず、2対0で巨人が勝利。菅野は復帰登板を白星で飾り、7月9日以来の7勝目を挙げた

Yomiuri Giants Official Web Site

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

久しぶりの菅野の登板、まだ足の状態は100%では無いというけれど、これ以上、抹消するわけにもゆかず、基本的には満を持しての登板という見方でいいと思う。

事前に普通はマメくらいで抹消はしないよという話もあったので、シーズン前半に飛ばしてきた疲れを抜き、これから先、場合によっては感覚を詰めて登板するためというのも踏まえて、休息も与えたという事での抹消だったのだと思う

そうであれば、今日の登板は快投乱舞を見せてくれることを期待したけれど、久しぶりということと、まだ100%ではないという状態もあってか、今日は制球に苦しんでいたように思う。状態が良いとはいえない中日打線相手だったので助かった部分と、今日で29イニング無失点という相性の良いナゴドのマウンドに助けられた形ではあったけれど、今の菅野に必要なのは勝利という勝ち星なので、内容はどうあれ勝ったという事実を素直に喜びたい

本当は6連戦の初戦だったので、出来れば最低でも7回までは投げて欲しかったし、本人もそのつもりだっただろうけど、思いの外、球数が増えてしまったので仕方ない。むしろ、相手の中日のほうが吉見が最後まで投げきり、4安打しか打たれていないのに負けてしまうという、勝てない時の菅野のような状態だったので、ダメージは大きいのかなと思う

その吉見だけど、ボール1個の出し入れと低めへの制球力はさすがで、連打を浴びせて得点を奪うという隙は見せてくれなかった。

初回のチャンスに橋本、坂本、阿部が良いあたりをしながら3人共がライナーでアウトになって得点できなかった時は、嫌な予感が走ったのだけど、今日に関しては首位打者の坂本が上手いバッティングを見せたこと、そこからの村田の一発で1点ではなく、2点取れたことが大きかった。

1点差であれば、ちょっと怖いなと思える7回の田原、9回の澤村も2点差であれば少しは安心して見ていられる。

ビシエドが抜けている中日打線で、今日は四番に入った森野に3安打されてしまったが、いずれも得点圏での勝負では無く、返す人が帰る人になっていたので助かった。

打線の方は吉見が良かったので、ある程度は仕方ない。調子の良い打線とはいっても、相手投手が良ければなかなか打てるものではなく、打ったのは長野、坂本、村田の3人だけなので誰か個人を責めるような事をいっても始まらない。ただ、初回のチャンスですんなり送れなかった橋本は要反省。ただ、4打席目の四球はしっかり打席で粘れていたので良かったと思う、工藤がファールで粘って菅野に球数を投げさせたような事が橋本にも出来るようになって、毎打席フルカウントまで粘ることを意識できればさらにイイ。積極的なバッティングが橋本の持ち味ではあるけれど、2番を任されている間は、出来るだけ球数を投げさせて相手投手に嫌がられるようなバッティングを心がけて欲しい

(長野が早打ちだからってのもあるし、橋本に粘られたあとに坂本を迎えるというパターンは多分、相当嫌だと思うから)

さて、初戦は取ったので、このまま一気に波に乗ってゆきたい

明日の内海 vs バルデスに関しては、内海の調子次第なのは言わずもがなだけど、巨人打線はバルデスと過去3試合対戦して21イニングで4得点しか取れておらず、対戦防御率 1.71と打てていない。

ただ、阿部が4番になって打線の状態が上がってからは対戦していないので、過去3度の戦いとは違うと思いたい。内海の方も中日との対戦は今季初なので、投げてみないとわからないという怖さはある。ビシエドはいないけれど、やはり平田の一発は怖いし、森野が今日の調子で明日も元気だと苦しくなる

無失点を続けるのは難しいと思うので、粘り合いのゲームになる予感がするけど、打ち合いに持ち込めれば、こちらに分があるはずなので、そのためにもバッターが余裕を打席に立てるように、まずは1点を先にとって、点を奪われても常にリードしている状態を保って終盤にもつれ込ませたい

今日、東京ドームで2軍の試合がありました

注目は100球をメドに投げると言っていた杉内だけど、今日は6回、98球を投げた。ちょっと制球に苦労して5四死球とらしくない部分を見せ、3失点だったけど、注目していたストレートのキレは悪くなかった。打たれたヒットは3本、三振は7つと四死球さえなければさすが杉内!と言える投球だったと思うので、順調に仕上がってきていると思う

恐らくだけど後1回くらいファームで投げて、その出来しだいで1軍に上がってくるのではないかと思う。まぁ上がってきても長いイニングは投げられないだろうから、完全に試合を作るという形は作れないかもしれないけど、今村よりは遥かに信頼できると思うので、そこで初めて6人揃うという形が作れる

それと亀井も実戦復帰した、代打の切り札が欲しいというチーム事情もあるし、橋本に調子の波があるので、相手投手によっては先発メンバーにも入って欲しいので、一日も早く戻ってきてくれることを願う

管理人:みんぐ

http://ameblo.jp/ming-maro/