7/29 巨 3-1 ヤ→ 投打に旧キャプテンが存在感を見せた!若いもんには負けねーよ!

巨人 3-1 ヤクルト → 対 ヤクルト :8勝7敗0分 東京ドーム

勝利投手:内 海 10試合 6勝 3敗 0S

セーブ :澤 村 39試合 3勝 1敗 25S

敗戦投手:デイビーズ 8試合 2勝 2敗 0S

投手リレー

巨人:内海→マシソン→澤村 捕手:小林

ヤクルト:デイビーズ→松岡→村中 捕手:西田

本塁打

巨人:阿部7号2ラン、坂本17号ソロ

ヤクルト:

解説:立浪和義 実況:蛯原 哲

日テレG+ にて観戦

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

東京ドームで行われた東京ヤクルトスワローズとの15回戦。巨人は初回、阿部が豪快な先制2ランを右中間スタンドに叩き込んで先制する。先発の内海は二回に1点を失うが、その後は打たせて取るピッチングでヤクルト打線を翻弄し、反撃の機会を与えない。六回には坂本がソロホームランで援護。内海は七回1失点でマウンドを降り、八回以降はリリーフ陣が無失点でつなぎ、巨人が3対1でヤクルトを下した。内海はチーム2位タイの6勝目をマーク。巨人のヤクルトとの対戦成績は8勝7敗となった

Yomiuri Giants Official Web Site

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

4安打と5安打、投手戦で淡々と進む中、内海の粘りと安定感で勝った!

マツダスタジアムDeNA打線がとんでもない試合を展開する中、短い時間でサクっと試合を終わらせた感が強いけど、昨日ちょっと悔しい負け方をしただけに、今日は今日で巨人らしい勝ち方だったと言えるので、良かったと思う

初回の攻防の差が後々まで響いた形になり、奪った得点もホームランのみという一見すると厳しい勝利ではあるが、東京ドームではこういう得点の仕方も見慣れた光景ではあるし、何と言っても打ったのが新旧キャプテンだから、相手投手が良い時は彼らがチームを牽引してくれるというのは嬉しい限り

それにしても阿部は元気だね

守備で見せた反応の良さもさることながら、ファーストを守りながら打席に入るルーティンにもようやく慣れたという感じ。開幕前はやはりキャッチャーじゃないと、ゲーム内でのリズムが作れないと言い、打撃を復活させるためにもキャッチャーでの復帰がベストだと結論づけて調整を続けてきたのだが、今ではファースト阿部というのが板についてきた。もともとチームとしては小林に一本立ちして欲しい思惑があったわけで、このまま阿部がキャッチャーに戻らなくてもチームが勝ってゆけるのであれば、それに越したことはない。

状態が良いシーズンの阿部は、8月か9月にホームランを量産したり、サヨナラ慎ちゃんと呼ばれるくらい勝負強い時があるのだが、今はその頃のバッティングが戻ってきつつあるように思う

1打席目のホームランはスムースにバットが出て、土台が固定され、しっかりとボールに力が伝わる良い当たりだったけど、2打席目と3打席目のレフトフライも、タイミングを外されながら、あの2枚腰と言われたスタイルでむしろよく外野まで飛ばしたという感じで、実は見た目ほど内容は悪くなかったと思っている。さらに身体がキレて我慢できるようになれば、あの打ち方でフェンス直撃くらいまでは飛ばせるはずなので、まだまだ状態は上がるかもしれないという期待感を実は持っている

さらに今日は坂本が良かった

1打席目も2打席目も2アウトからの右打ち。阿部の状態が良いことから、たとえ2アウトであっても自分が出れば何か起こると信じている感じだし、それが強引さをうまく消してくれている。4番が長野だった時は相手投手も坂本との勝負を避け、四球で出塁することが多かったけれど、後ろに阿部がいることで勝負してくれるケースも増えてきたので、これから先もまだまだ期待できる

欲を言えば、1、2番がもっと出塁してくれればさらに点は入るし、昨日、今日と村田がノーヒットだったので、5番以降が打ってくれれば楽な展開に持ち込めたのだが、そうそう毎日打てるわけではないし、今日は勝ったので明日に期待することにしよう

先発の内海は立ち上がりこそピンチを作ってヒヤヒヤしたけれど、3~7回は苦手なバレンティンを歩かせたくらいで、全く危なげないピッチングだったと思う。左右をしっかり投げ分けて、さらにうまくタイミングを外せていて、特に山田に仕事をさせなかった事が今日の勝利に繋がったと思う

タイミングを外して打たせて取るのが内海のピッチングなので、今日はそれが出来ていたということで、またかつてのエース復活に一歩近づいたのではないだろうか?

気がつけば菅野と同じ6勝をマークして、久々の2ケタ勝利ってのも不可能じゃない感じになってきた。一新をかかげる由伸ジャイアンツにとって、皮肉なことに今は阿部と内海というかつてのキャプテンが頑張っている感じになっているけれど、ある日突然、若い選手が活躍してチームが飛躍するってわけにはゆかないし、立場的に追いかけている苦しい状態の時にベテランが引っ張りつつ、現キャプテンが存在感を見せるという日があってもいい。

ベテランがお手本を見せることで、若い選手も見習って成長してくれることだってあるし、さらに勝ち続けて雰囲気が良くなれば若手も自信を持ってゲームで躍動できるようになる。

昨日の負けで絶望的な気持ちになりかけたけど、今日の内海が右バッターをうまく打ち取る姿を見て、来週末の広島との3連戦では菅野、内海、マイコラスという3連コンボで戦えるかもしれないと思うと、何とかそこまでは諦めずに食い下がり、決まりかけたペナントを少し面白くしてほしいなという欲が出てくる

そのためには、明日の大竹にもビシっとした試合を見せて欲しいし、久々の東京ドームだから何とか3連勝でチームを波に乗せてゆきたい。ま、大竹に今日の内海のようなピッチングは期待できないので、多少の被弾覚悟で、どちらかというと攻撃陣が山中を打ち崩してくれる展開に持ち込んでもらいたいところ

管理人:みんぐ

http://ameblo.jp/ming-maro/