7/28 巨 0-4 広→ なんていうか…やっちまったねぇ~また打線が空回り(涙)

巨人 0-4 広島 → 対 広島 :8勝7敗0分 京セラドーム

勝利投手:福 井 8試合 2勝 2敗 0S

セーブ :

敗戦投手:菅 野 18試合 6勝 5敗 0S

投手リレー

巨人:菅野→田原誠→戸根→矢貫 捕手:小林

広島:福井→ジャクソン→中崎 捕手:會澤→石原

本塁打

巨人:

広島:田中10号ソロ、田中11号ソロ

解説:野村謙二郎 実況:上重 聡

日テレG+ にて観戦

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

京セラドーム大阪で行われた広島東洋カープとの15回戦。巨人先発の菅野は三回、田中にソロホームランを浴びて先制を許すと、六回にも2打席連続のソロホームランを打たれてリードを広げられた。打線は三回まで毎回得点圏に走者を進めるもあと1本が出ず、六回の二死二、三塁のチャンスも生かせなかった。九回にはリリーフ陣がダメ押し点を奪われ、0対4で試合終了。エース菅野で痛い黒星となった巨人は、広島との連戦を1勝1敗で終えた

Yomiuri Giants Official Web Site

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

もぉ~”巨人ファンのおっさん”さんが菅野に関して妙なフラグ立てるからぁ~(笑)

ってのは置いといて

いや、昨日はすっかり浮かれたけど、昨日の勝ち方が良すぎて、その反動がいきなり翌日に来るんじゃないかな…って半分は思ってたんで、正直なところ、今日のゲームの結果に関しては

やっぱりね

っていうのがあって、実はそれほどショックじゃなかったりします

そもそも、今日のゲームですんなり勝利して勢いつけられるようなチームなら、今、この位置にはいないと思うし…(涙)

良きにつけ悪しきにつけ(いや良きにつけはないな)、こういう展開が今年の巨人なんだなと思うしかないような敗戦だったと思う

もちろん、負けたからには理由がある

1つは田中に2打席連続でホームランを打たれた菅野。2アウトだったからという油断は無かったと思うけど、それでもさすがに一発は無いだろうという気の緩みのようなものはあったはず。それがあのホームランに繋がった、ベンチで悔しがる菅野の気持ちは痛いほどわかるけど、かつてのチームメイトだからこそ、ぶつかっちゃったらゴメンねくらいの際どい攻めをするべきだった。

2打席目のホームランは半分は田中の技ありだったけど、慎重になるのではなく、大胆にゆく勇気がなかったから打たれたというのも大きい

ストレートの球速こそ出ていたものの、いつものような針の穴を通すほどの制球がなくて、それが無い分、じゃっかん弱気なピッチングになっていたような感じに見えたけれど、受けている小林の印象はどうだっただろうか?

そうはいっても、打たれたのは田中の2本だけで、他はほぼ完璧に近い内容だったので、小林の配球や菅野を責めても仕方ない。

負けられない試合で2失点した菅野を責めるのも酷ではあるけれど、相手の福井が無失点で来ているわけだから、菅野もそれに準ずるピッチングをしないといけなかったというのが今日の反省点でしょう

一方で、毎度のことながら援護できなかった打線も菅野のピッチング以上に反省点は多い。

荒れ球がイメージみたいな福井だけど、いみじくも元監督の野村謙二郎の解説通り、ストレートの球威にごまかされて、強く振りに行っては術中にハマる。特に村田が今日は全く合ってなかったのが点が取れなかった大きな理由

対福井という面で、一番正解に近いバッティングをしていたのが坂本で、6回のヒットは自打球を当てたこともあってかもしれないが、ボールに逆らわずミートに徹する良いバッティングだった。力のあるストレートだから、それに負けないようにと強く振りにゆくのではなく、コンパクトに当てに行けばもう少し何とかなりそうな気がしたのだが、多くのバッターがリキんでいたのが非常に残念だった

前日のジョンソンとは真逆のタイプで、適度に散るボールは巨人の苦手とするところだけど(いや、だからといってジョンソンが得意なわけでもないけど(汗))、先制されたこともあって、焦りからかうまく粘れずに8三振も喫してしまったのでは勝てるわけがない。

山本に続いて菅野が意地のヒットで繋いだ場面での長野のセカンドゴロ、坂本、阿部が出塁してチャンスメークした後の村田の三振(ついでに初回の三振)。この3つのケースのうち、どれか1つでもモノに出来ていたならわからなかっただけに、攻撃陣、特に村田の責任は重い

(試合後に長野と村田は福井の球は良かったとコメントしてるようだけど)

まぁ、前日がうまくハマったんで、タイプの違うピッチャー相手に同じ気持ちでナインが打席に立ったのだとしたら、それは予習が足りないと言われてもしょうがないし、そんな印象を持たれても仕方ないような結果だったので、そこはコーチも含めて要反省でしょう

ただ、まだ早いと言われるかもしれないけど、今日のゲームは本当に絶対に負けられないとベンチが感じているのであれば、2点のビハインドがあったとしても、菅野を続投させるべきだったし(次は中7日でまた広島戦に当てるはずだから)、リリーフも田原はともかく戸根、矢貫というビハインド時の継投ではなく、マシソンなり澤村なりを投入することで、ナインに「今日は負けない!」という意思表示をしっかりするべきだったと思う

(バッティングでも松本より菅野のほうが期待できたという笑えない話もあったし…)

これが首位を走っているチームなら、目先の1勝にとらわれて勝ちパターンを導入するべきでは無いと思うが、遠く離れた2位のチームが追いかけようと言うのであれば、多少どころか結構の無理をしないと追いつけない。

同時に攻撃陣に対しても「あぁベンチも半分あきらめムード?」と思われても仕方なく、そういう采配は「今日は菅野を負け投手にしたらダメだ!」という気持ちを削ぐ結果になりかねない。仮に結果が同じ負けだったとしても、エースに無理をさせ、宮國、マシソンを投入する展開になって、心に火がつかないようでは話にならないし、そういう意地みたいなものを見せて欲しかったという残念感は残ってしまう

昨日負けていれば、諦めモードになるのもわかるが、勝っていただけに、余計に「多少の犠牲を払っても今日は勝ちに行く!」みたいな温度を感じたかったのは事実で、5点くらい取られたのならまだしも、2点差のビハインドで主催試合で勝ちパターンを温存した事に関しては、個人的にはすごく悲しかった

これでもう、残りの直接対決を全勝しなければいけなくなったので、そろそろあくまでも優勝を狙うのか、2位を死守するのか判断を決めなきゃいけなくなってきた。

次のDeNAに広島叩きを託したいところではあるけど、それはすなわちこちらの2位も危うくなることと紙一重なので、手放しで応援しづらかったりする(笑)

巨人を含めた5球団が広島包囲網を敷くのであれば、それに乗っかりたいけど、ヘタしたら2位狙いで巨人包囲網を敷いてくる可能性もあるので、その辺は慎重に考えなければ…

とはいえ、これまた毎度のことながら、広島の胴上げを見るまでは諦めるつもりは毛頭ないし、戦力的にもまだ上積みの材料が無いわけではないので、周りから何を言われようとも、まだまだポジティブに逝きたい、いや行きたいと思ってます(笑)

追記

ホント気のせいかもしれないけど、何故か白井主審の時に勝ってるイメージがない…負け惜しみ覚悟で言うけど、橋本の見逃し三振の球、あれ低すぎない?

あと、やっぱり菊池の守備は反則だ(笑)カープの貯金21個のうち7~8個くらい、菊池の守備で稼いでない?

(やっぱ、ファインプレーってのは味方の士気を上げるよなぁ…)

ま、一気に差を縮めるのは諦めたんで、地道に1つずつ詰めてゆくしかないね

管理人:みんぐ

http://ameblo.jp/ming-maro/