7/19 巨 6-1 阪→ 内海ぃ~ナイスピッチング!だからこそ明日が大事!

巨人 6-1 阪 → 対 阪神 :9勝5敗1分 甲子園

勝利投手:内 海 9試合 5勝 3敗 0S

セーブ :

敗戦投手:能 見 16試合 5勝 8敗 0S

投手リレー

巨人:内海→山口→宮國 捕手:小林

阪神:能見→松田→榎田→安藤→高橋→マテオ 捕手:坂本→原口

本塁打

巨人:

阪神:原口7号ソロ

解説:桑田真澄赤星憲広 実況:小澤昭博

日テレG+ にて観戦

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

甲子園球場で行われた阪神タイガースとの15回戦。巨人は二回、橋本到の2点タイムリ二塁打で先制すると、三回にも村田、橋本到の2本の2点タイムリ二塁打で4点を追加する。先発の内海は7回を投げ6者連続を含む11奪三振、4安打1失点で5勝目を挙げた。巨人はオールスターをはさんで3連勝で、貯金1となった

Yomiuri Giants Official Web Site

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いや、今日の内海は本当に良かった。彼が投げるたびに言ってるけど、内海の調子の良さのバロメータは実は三振数だったりするわけで、今日の6、7回は圧巻で、ストレートのキレと変化球との緩急と制球は完璧だった。

本人は序盤は本調子では無かったと言っていたけれど、初回の福留のピッチャーゴロを捕球した反射神経を見た時に「今日はイケるんじゃね!?」と実は思った。

奪三振11個のうち絶不調で何でも振っちゃうゴメスが3個入ってるので、そのへんは差っ引いて考えなきゃいけないけれど、それでもイニング数以上の三振は取れているので、大したものだと思う

ただ、冷静に考えなきゃいけないのは、あくまでも阪神打線が相手で、しかも序盤で大量リードをもらっていたということ。これが、カープ打線で1点を争う展開だったとしたら、今日と同じピッチングができていたかどうか…前回、カープとの戦いでは、好調に見えていたのに捕まるという姿を見せているだけに(今日の能見とダブる)、強敵相手に同じようなピッチングをして初めて「かつてのエースが完全復活!」と言えるのでは無いかと思う

来週のカープとの対戦におけるローテは後述するけど、もしも対戦する形になったとしたら、今日ヒーローインタビューで言っていた「6、7回のようなスイッチの入った状態を初回から出来るように」というのを是非とも実践してもらいたい

打線の方は6点取ったのだから大満足!・・・とはいかないんだよなぁ~

懸案事項だった橋本が2安打4打点の活躍で、東京ドームだったら完全にお立ち台にあがっていただろう活躍をしたのだけど、個人的には不満。今日のライト線への2本のタイムリーは結果としてうまく行っただけで、能見の球があそこまで浮ついていなければ、危うかったと思う。コンパクトに引っ張るのが橋本スタイルなのかもしれないけど、引っ張りの意識が強すぎて三振が多いのが気になる。今日は三振こそ無かったけど、もう少し粘り強いバッティングを期待しているので、とにかくミートすることを心がけて、常にフルカウントに持ち込むくらいのバッティングを見せて欲しい。どちらかというと、8回のレフトフライ、あともう少し押し込めればフェンスに届いたんじゃないかという打球だったけど、小柄ながらパンチ力のある橋本は逆方向でもあそこまで飛ばせるわけで、あぁいうのを常に意識してくれると嬉しい

(もちろん、相手が隙を見せれば今日のように引っ張るのはもちろんアリ)

あとは坂本も相変わらずいい、今日はヒットこそ1本だったけど、とにかくボール球に釣られることがなく、しっかり見切れている。あの意識を持ち続けていれば、問題ないし結果もついてくる

それと阿部も昨日に続いて状態がいい

問題は長野…だったんだが、今日は久々の3安打猛打賞だったので、あまり文句は言えない(笑)ずっとセンター返しを中心のバッティングにこだわっていて、今日はそれが実った形だったけれど、本来は4番を任されているわけで、もう少し打球が上がるところを見たいのが本音。まぁ今は後ろの阿部がよくて、村田も悪く無い状態なので、つなぎの4番に徹するなら、それはそれでアリだとは思う。

坂本が実は2番で、3番長野、4番阿部、5番が村田だとイメージすれば、決して悪く無い流れではあると思うので、橋本、山本も含め足を使える選手が阿部、村田の前に4人いると思えば、今日のように2イニングで6点取るなんていう事が、これから先も期待できるので、今は長野には出塁にこだわるバッティングをし続けてくれていいんだと思う

小林も復帰してから一日一善を続けているのが何気にデカい

8番バッターが1試合に1~2本打つようだと上位に繋げてビッグイニングを作ることが出来るし、投手で3アウトになり次の回が1番からというシチュエーションも作れる。ゲーム終盤になればピッチャーに代打を出すことももちろん可能になるし、攻撃のバリエーションが増えるので、これからも一日一善と言わず、二善でも三善でも続けてもらいたい

明日は田口と青柳

前回の東京ドームでの阪神戦はサクっと2勝して、さぁスイープだ!ってところで青柳に捻られてしまった。その時のリベンジってこともあるけど、首位の広島が全く負けてくれないので、食らいつく意味でも勝てる相手の時はしっかりと勝ちきらなきゃいけない。

不調のチームを相手に3連勝できないようでは追いつくのもままならないので、今回も2勝した状態だからこそ、しっかり3戦目も取って遙か先をゆく広島にほんの少しでもプレッシャーを与えたい

っていうか、広島はホント負けないな…

今日の新井さんのバッティングを見ても、あそこまで引きつけてスタンドに持って行くとかスゴすぎ。普通なら差し込まれるようなタイミングでも下半身の安定と右手の握力であそこまで飛ばせるのか…昨日の中日戦でもそうだったけど、長打を恐れて外角一辺倒のピッチングをするとかえって術中にハマるので、新井さんには徹底したインコース攻めをしないととても打ち取れる気がしない。彼が打つとチームの雰囲気も盛り上がってしまうので、とにかくカープ打線を少しでも沈黙させるには、新井さんに打たせないことが必須になりそう

去年のヤクルトが川端、山田、バレ、畠山がいて、どこからでも打線が繋がったのと今の広島がダブる…打線は水物なので落ちる時もあると思っていると、気がついたら1年間打ち続けてるなんて状況になってしまうので、ここまで来たら広島打線は最後まで打ち続けるという前提でゲームプランを立てないと、ちょっと隙が無い。ましてや、明日復帰登板の大瀬良が快投するようだと、守備面においても穴が無くなる

こりゃおいつくのはかなりシンドいな…

ってことで、広島が他で負けないのであれば直接対決で叩くしか無い。来週の岐阜、京セラDx2の3連戦をどういう布陣でゆくのか、そこが7月の最大の戦いになりそうだ

オールスター空けのローテでゆくなら、マイコラス、内海、田口ということになるのだろうけど、個人的には22日のDeNA戦で投げるであろう菅野を中5日で28日のカープとの3戦目に持ってくる前提で26、27日はマイコラス、田口という布陣で行ってもらいたい

まだ今季未勝利のマイコラスだけど、実は負け投手にもなっておらずチームの勝利には貢献しているし、広島戦未勝利だった田口は黒田に投げ勝って念願の広島戦勝利を手にしている、そこに菅野を加えて3連勝を狙う必殺リレーで一気に3つ縮める事ができれば、さすがに広島も焦ってくれるのではないかと…逆にその3人をぶつけて負け越すようなことがあれば、その時は今シーズンの優勝は奇跡でも起きないかぎり厳しくなる(今でも十分厳しいけれど)

7月にはマジックが点灯するんじゃないかと思ってたソフトバンクだって、点を取るのに苦労して、ちょっと足踏みしているような状態が起きているように、負ける姿が想像できない今の広島だって、どこで勢いが止まるかわからない。パ・リーグが混沌としかけている現状には日ハムの快進撃があるように、セ・リーグの優勝争いを混沌とさせるためには、巨人が大型連勝をするしかないので、そのためにも明日のゲームは、2つ取ったから負けてもいいではなく、「2つ取ったのだから3つ目も取らなきゃダメ」というつもりで、しっかりと勝ち切ってもらいたい

管理人:みんぐ

http://ameblo.jp/ming-maro/