7/13 巨 6-0 広→ 昨日の借りを返せたとは言えないけど、取り敢えず祭りを阻止できて良かった(ホッ)

巨人 6-0 広 → 対 広島 :7勝6敗0分 マツダスタジアム

勝利投手:田 口 15試合 5勝 6敗 0S

セーブ :

敗戦投手:黒 田 15試合 6勝 5敗 0S

投手リレー

巨人:田口→宮國→マシソン 捕手:小林

広島:黒田→一岡→オスカル→九里 捕手:石原→會澤

本塁打

巨人:阿部5号ソロ、村田11号2ラン

広島:

解説:前田智徳 実況:大西洋平

テレ朝チャンネル2 にて観戦

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

マツダスタジアムで行われた広島東洋カープとの13回戦。巨人は二回、阿部のソロホームランで先制に成功する。さらに六回には阿部のタイムリーと村田の2ラン、七回にも橋本到と坂本のタイムリーで6点をリードした。先発の田口は、四球などで何度も得点圏にランナーを背負いながらも、6回3安打無失点の粘投を見せた。後を受けたリリーフ陣も無失点で切り抜け、6対0で快勝。田口は今季5勝目を挙げ、球宴前最後の試合を白星で締めくくった

Yomiuri Giants Official Web Site

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今日の一番の感想は表題の通り

昨日惨敗した時点で、今日勝っても大勢に影響は無いと知りつつも、それでも、広島のホームで黒田の200勝を達成し、前半戦の最後を締めくくるとなれば、盛り上がりもハンパないだろうから、取り敢えずは、それを阻止出来て、今シーズンの対戦成績もギリで勝ち越せている状態で、なんとなく「気持ち悪いな」という感じに思ってもらえるなら、貴重な一勝だと思えるゲームでした

昨日のゲームもそうだったけど、解説の前田智徳が静かな口調ながら、カープよりの解説をしてて、それがある意味、ほのぼのとしてて、本当は一応、民放の解説者だから多少は中立を保たなければいけないんだろうけど、ビハインドで悔しさを噛み締めつつ、田口のピッチングを褒めている感じが、気持ちが伝わってきて面白かった

こちらとしても、デビュー以来、対広島で勝てていない田口だったので、ちょっと半信半疑な感じで見ていただけに、やっと取れた広島からの勝利が本当に嬉しくて、ゲーム差を忘れて喜んでしまった(笑)

阿部の先制も良かったけど、昨日のこともあるし、序盤の先制くらいではとても安心できない試合展開

昨日のレポートでも書いたけど、勝機があるとしたら、200勝のかかる黒田の登板で、多少のビハインドなら味方の反撃を信じて引っ張ると思っていたその通りの展開になり、6回の時点で降板されていたら巻き返しもあったかもしれない中、引っ張ってくれて7回に2点取れたことが結果的には大きかったと思う

それと、昨日が大敗だったので、宮國、マシソンを温存できたことも今日の勝利につながった。巷では、打ち疲れを狙っての由伸監督の昨日の采配ならスゲーって言う話を耳にするのだが、いやいや、普通に考えれば1勝1敗は負けに等しいので、そんな考えはあるわけ無いじゃん!ってツッコミをしてしまった…

巨人としては1勝1分が最低ラインだったので、今日勝ったとしても苦しいことには変わりはないけど、今日負けるのと勝つのとでは天と地ほどの差があるので、良い気分でオールスターを迎えることが出来て、本当に良かった

それにしても、田口のヒーローインタビューは非常に謙虚で良かった

黒田に対してのリスペクトもそうだし、事前に準備がしっかり出来ていることを伺わせる爽やかなインタビューでした

ピッチング内容的には課題もあったけれど、昨日の反省もあってか、今日は小林も内角を突く強気なリードが目についたし、最初から飛ばしていた田口のピッチングも若武者らしくてよかったと思う。何より、昨日痛い目を浴びた新井さん、鈴木、下水流を3人で11打数2安打におさえれたことが良かった

もちろん、1、2番を8打数0安打1四死球で押さえ込めたのも大きい

手も足も出ないと思っていた広島打線を相手に、やりようによってはしっかりと押さえ込めるというのがわかったし、ティッシュペーパーくらいの薄さだけど、首の皮一枚、土俵際で残れたのは、巨人にとっては希望がある

打つ方では、前回のDeNA戦で「何となくタイミングの取り方を思い出した」という阿部が今日は良かったし、昨日はちょっと良い所の無かった山本も気持ちの良い2塁打を放ったし、長野以外万遍なく安打が出たのも次に繋がると思う

カープ打線ほどの爆発力はなくても、経験値の差で隙を見せれば得点に繋げられる流れもできているし、まぁ先日の1安打ってのは置いとくにしても、投手の調子次第では、やっぱり巨人打線は怖いという思いを多少でも感じてくれるのであれば、それはそれで後半戦に向けての好材料のひとつではある

まぁ、勝ったとはいえ、優勝には程遠いことには変わりないけど、仮に優勝を逃したとしてもCSのような短期決戦では出来れば巨人とはやりたくないなって、ほんの少しでも思ってくれるようなら意味のある勝利だったと思う

とはいえ、まだまだ全然あきらめてませんけど(笑)

管理人:みんぐ

http://ameblo.jp/ming-maro/