6/25 巨 6-7 De→ 必勝を期した投手で2連敗は今後に不吉・・・な予感

巨人 6-7 DeNA → 対 DeNA:3勝6敗1分 横浜スタジアム

勝利投手:ザガースキー 12試合 1勝 0敗 0S

セーブ :山崎康 27試合 1勝 2敗 17S

敗戦投手:マシソン 32試合 6勝 1敗 1S

投手リレー

巨人:マイコラス→山口→宮國→マシソン 捕手:實松→相川

DeNA:石田→長田→大原→ザガースキー→山崎康 捕手:戸柱→高城

本塁打

巨人:村田6号2ラン

DeNA

解説:川口和久 実況:林正浩

TBSチャンネル2 にて観戦

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

横浜スタジアムで行われた横浜DeNAベイスターズとの10回戦。巨人は2点を追う四回、村田の通算1000打点となる2ランホームランで同点とする。今季初登板の先発マイコラスは五回に勝ち越し点を奪われるが、巨人は六回に橋本到の2点タイムリーなどヒット5本を集めて逆転に成功。しかし八回、4番手のマシソンがDeNAに再逆転を許し、6対7で惜敗。巨人は交流戦明け2連敗を喫し、マイコラスの今季初勝利はお預けとなった

Yomiuri Giants Official Web Site

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

昨日はまぁ年に1度あるかないかの菅野の炎上なので、ある意味、切り替えもしやすかったんだが、今日のような展開で負けると、ちょっと尾を引くな…

ペナント再開前は恐らく、菅野、マイコラスで早々に勝ち越しを決めて、あわよくば内海で3連勝って皮算用をしてたと思う、いや私はしてた(笑)

菅野が1失点くらいで完投勝利、今季初登板で不安のあったマイコラスが7回2失点くらいで初勝利、さぁこれからオールスターまでに少しでもカープに詰め寄り、後半戦は一気にまくるぜ!って勢いを付けたかったんだけど、結果的には真逆に…

菅野に疲労が見え、マイコラスは内容的にはまずまずながらサクっと勝利する!という結果に至ることは出来ず、守備は昨日今日と乱れまくって野手と投手との間で不協和音が鳴り響かないか心配になるような展開だった

初回から得点し、逆転され、同点に追いつき、勝ち越され、逆転と来て、最後に逆転されての1点差による敗戦。

見てる分にはハラハラドキドキの展開で、面白かったけれど、結果的に負けたのでは面白く無い

言い出せば、初回の攻撃で1点は寂しいとか、阿部の送球が…とか、マイコラスのカバーが…とかグッさんが相変わらずとか、昨日今日とキーマンになっててストレートに強い桑原に対してマシソンの続投って???とか思い返せばキーポイントになりそうなシーンは多々あった。僅か1点だっただけに、あの時のアレが無ければ…って後悔が先にたつけれど、何点差だろうが負けは負け。終わったものはしょうがない(涙)

反省点は多々あれど、落ち込んでてもしょうがないので、良かったところを上げて、少しでもポジティブになろう

まずは1、2、4、5、6番にマルチヒットが出たこと、特に村田にかつての本拠地で2ランホームランが出て、通算1000打点を記録できたことは喜ばしいこと

さらに片岡が復帰して、いきなり2安打出たのは今後に良い兆し

得点圏打率と打点の少なさを気にしている長野にも初回にタイムリーが出た

ギャレットも爆発こそしないものの、何とか1日1本って感じで、全く期待できないというポジションでは無い

攻撃面ではひところの貧打を脱却しつつあり、昨日のように大差で離されるようなことが無い限りは、ワンチャンスで2~3点を期待できるような流れにはなってきたと思う。

中でも橋本は非常に状態が良さそうで、他の選手ならひっかかりそうな変化球や際どいコースもしっかりと見切れている。甘く入ればシャープなスイングで前に打ち返せるし(状態が悪いと甘い球を見逃したり、打ち損じてファールになる)、切り込み隊長としてもポイントゲッターとしても機能しているのは心強い

一方で今日の6回のように阿部、村田、ギャレットが単打で繋がるような場合、3人揃って足が遅いのでちょっとやそっとの当たりでは帰ってこれず、塁を詰めるケースになってしまう。幸いにも大田の犠牲フライが大きかったので、阿部の足でも帰ってこれたけれど、本来ならこの3人が安打で出るのに、シングルってのは寂しすぎだろ!ってツッコミを入れたくなるところ(笑)

下位から上位に繋がった場合に、ヘタをすると橋本、片岡の足を生かせないなんて事も出てくるわけで、1~4番までと、5~8番までの足の速度の落差は、これからのゲームでネックになるケースが出てくるかも

(1~4番がチャンスメークして、5~8番の誰かが一掃してくれりゃ、それが一番いいのだけどね)

そんな上がり調子に見える打線も、例えば初回の阿部のライトフライや4回のタイミングを取りそこねたファーストゴロ、3回の片岡のゲッツーや6回の三振など、欲しい時に出ないというジレンマもある。もちろん、得点圏で皆んなが結果を出すなんて事はありえないし、それが出来たらこのような位置には居ないのだけれど、結果的にアウトになるにしても三振ではエラーも起きないし、タイミングを狂わせられたら何とかファールにするなんて、さらにレベルの高いことを要求したくなる

まだまだ投手陣には不安が多いし、前半はその投手陣にさんざん助けられてきたわけだから、もういいかげん攻撃陣が借りを返さないとマズいでしょ

なにも12点取られたから13点取れとはいわないので、今日のように1点じゃなく2点は最低でも取れたはずというような局面で点の取りこぼしをしないような集中力と、狙っていい場面では意図的にホームランを狙って強引に行くようなところも見せてくれると、相手バッテリーの警戒はさらに高まり、それが逆に良い方向へ流れるような展開に持ち込めると思う

良くなかった点は余り言いたくないので、短めにするけれど、何だかんだ批判されていた小林も、こと送球面においては非常に大きな役割をしていたなと、昨日、今日とDeNAが積極的に足を使ってくるところを見てると改めて感じるというか、完全に相川、實松の肩ってのは舐められてるなと感じる

もちろん今日も出てしまった守備のちょっとしたミスや連携プレーミスなどは言語道断。少ないリードを守り勝ってきた巨人としては、守備力は生命線なのでそこはしっかりと反省し、今後は同じミスをしないように徹底してもらいたい

最後に復帰戦となったマイコラスに関しては、絶好調とはいえないまでも悪くなかったと思う。ちょっと探り探り投げていたような感じはあるけれど、今日の結果を受けて次からはもっと大胆なピッチングができるようになるだろう。4失点してはいるけれど、自責点は1点だし、去年だって無双し始めたのは交流戦あたりからなわけで、そういう意味ではこれからだと思う

村田のホームランのあとのベンチでのはしゃぎようを見たあとだけに、勝ち投手になれなかったギャップがデカいけれど(笑)まずまずは上々のスタートを切ったのではないだろうか?

さすがに首位と離れすぎてしまったので、ここからは上を見るのではなく、足元を見て1戦1戦を戦うことに集中してゆくしか無くなった。過去にこの差を覆した経験は幾度と無くあるので焦る必要はないし、少しずつ戦力を厚くし、状態を上げながら勝負どころとなるタイミングで力を発揮できるように、チーム力を上げてゆくことだけを考えて、勝利は次試合に繋がるように、敗戦はしても何か得るものがあるような、そんなゲームを続けていって気がついたら射程圏内に追いついているということを夢見て、明日も応援しよう

追記

野球好きの仲間と飲んでも、ほとんど巨人の話題が出てこず、空気のような存在になっているのが悲しい・・・

管理人:みんぐ

http://ameblo.jp/ming-maro/