6/16 巨 10-7 楽→ ミスターの記念日に勝てて本当に良かったぁ~~~~

巨人 10-7 楽天 → 対 楽天:2勝1敗0分 東京ドーム

勝利投手:マシソン 30試合 6勝 0敗 1S

セーブ :澤 村 27試合 3勝 0敗 18S

敗戦投手:青 山 25試合 0勝 5敗 0S

投手リレー

巨人:大竹→西村→田原→宮國→マシソン→澤村 捕手:小林

楽天:美馬→福山→横山→ミコライオ→青山→山内 捕手:足立

本塁打

巨人:坂本14号2ラン

楽天:ウィーラー12号2ラン、岡島2号2ラン、内田1号ソロ、足立1号ソロ

解説:野村謙二郎 実況:佐藤義朗

日テレG+ にて観戦

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

東京ドームで行われた東北楽天ゴールデンイーグルスとの3回戦。巨人先発の大竹は初回に2ランホームランを浴びるなど不安定な内容、3回途中でマウンドを降りた。一方の打線は長野、橋本到のタイムリーなどで効果的に加点する。試合は序盤から互いに得点を奪い合う乱打戦に。楽天の1点リードで迎えた八回。巨人は、橋本到のこの日4安打目となるヒットでチャンスを作ると、坂本が左翼に逆転2ランホームランを放ち、これが決勝点となった。先発野手全員安打、18安打の猛攻で乱打戦を制した巨人は、楽天とのカードに勝ち越しを決め、勝率を5割に戻した

Yomiuri Giants Official Web Site

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

昨日、どっちが3点取るかの勝負になると書き、出来れば大竹には少しでも長いイニングを投げて欲しいと書いたのに…

まさかの10-7、しかも大竹は3回持たずに降板とか、どんだけ予想を裏切ってくれるねん!…と(笑)

ま、笑ってられるのも勝ったからで、これで負けてたらせっかくのミスターの記念日を恥ずかしい試合で終わらせるところだった(汗)

しかし、追いつき、追い越したと思ったら逆転され、また追いついたと思ったら勝ち越され…の展開で、どっちに転ぶか全く予想できない流れで、今日は速報アプリを見ながらだったので、状況がつかめなくてヒヤヒヤした

家に戻ってから、録画した内容を見てから、これを書いているけれど、こりゃリアルタイムで見てたら、色んな意味でたまらんかったね

今日は序盤からゲームがいきなり動いてたので、乱打戦になりそうな感じだったけれど、そんな中でも、やっぱりお立ち台にあがった二人の活躍は良かった

特に橋本はしっかりボールを最後まで見て、その上でセンター返しを心がけている感じで、あの意識を今後も持ち続けられるのなら、相手投手の状態が良いと厳しいけれど、少しでも隙を見せて甘い球を投げる事があれば、しっかり捉えられそうな期待感のあるスイングをしていると思う

昨日までも散々言っているように、クリーンアップの前に塁に出ることが出来れば、得点に結び付けられる体制は整いつつあるので、明日以降もキーマンになってくれそうな予感はある。

ついでに言えば、同い年の大田への刺激にもなるし、現在離脱中の立岡にとっても、じっとしてはいられない気持ちが沸々と湧いてくるだろう。もちろん、もう2度とファームへは行きたくない松本も燃えてくる。この俊足外野のライバル関係が続き、誰かが落ちればその隙に誰かが活躍するという流れを作り続けられるなら、この先、巨人が一気にまくって行く可能性は高くなる

ただ、橋本の場合は、良い時に限ってケガをするので、いつも全力プレーだから仕方ないけれど、今の状態を維持しつつ故障しなように気をつけて欲しい

さらにもうひとつ注文を付けるなら、塁に出たらもっと走るぞ!アピールをしてもらいたい。これはベンチにも言えることなんだけど、由伸監督は余りにも足を使わなすぎる。失敗した時のデメリットを考えすぎて、安全策を取ろうという意識が強いのかもしれないが、例えば初回の攻撃も積極的に盗塁をさせるか、当たっていない吉川にエンドランを命じるなどして、無理矢理にでもバットに当てさせるようなサインを出していたら、あの見逃しの三振は無かったかもしれない

(もちろん、ゲッツーのリスクもある)

結果的に長野のタイムリーで点に結びついたけど、あのイニングがもしも0点で終わっていたら、またバッターは消極的になり、10点どころかゲームを通じて2点くらいしか取れなかった可能性は高かったと思う

個人的には相手にとって脅威となる積極的な走塁は、結果的にバッターへの援護にもなるので、失敗を恐れずにドンドン走ってもらいたいのだが…

それと坂本のホームランは非常に綺麗だった

交流戦に入って、ちょっと数字が落ちてきて、多分本人も気にしてたからか、ほんの少し打席で粘れなくて体制が崩れる感じになってた。その証拠に第1打席は外の球に逆らって無理矢理引っ張った感じだったし、その後もセンターから逆方向どころかリキんで引っ張りばかりだった。それが最終打席のホームランはスイングの力強さもタイミングの取り方も完璧で、このホームランをきっかけに、また調子が戻るようなら、この先もまた攻撃の要になってくれそうな気がする

さらに、長野がここ数試合、しっかりと振れるようになったのは何気にデカい

本当なら4番だから、長打の連チャンを期待したいのだが、そこに気を取られてバッティングが狂っても困るのし、今は4番を任されながらも後ろに阿部と村田がいることで、3番を打っているような気持ちで出塁を心がけるような打席にたっているのだろう

今はそれが良い方向に出ていると思うから、しばらくはその意識を保って、繋ぐ4番として出塁にこだわってくれれば、いずれ大きな当たりも戻ってくると思う

今日の18安打は一時的なものかもしれないけど、先発野手全員安打は久しぶりなんで、これをきっかけに忘れていた何かを思い出してくれるなら、交流戦の残り3戦、強敵ロッテ相手だけれど、勝ち越せる可能性をもった戦いが出来るのでは無いかと期待したい

取り敢えず、明日の菅野で取れれば、交流戦を借金で終わることはなくなるし、勝ち越しのチャンスもできるので、最後の1カードで最も重要な一戦として、何が何でも勝ちに行く姿を見せて欲しい

管理人:みんぐ

http://ameblo.jp/ming-maro/