6/12 巨 5-7 ソ→ ん~~~最後に意地は見せられたかな、でもまぁ予想通り

巨人 5-7 ソフトバンク → 対 ソフトバンク:0勝3敗0分 Yahooドーム

勝利投手:武 田 12試合 7勝 1敗 0S

セーブ :サファテ 33試合 0勝 3敗 22S

敗戦投手:高 木 12試合 4勝 6敗 0S

投手リレー

巨人:高木→山口→宮國→西村 捕手:小林→相川

ソフトバンク:武田→森福→サファテ 捕手:高谷→鶴岡

本塁打

巨人:長野4号ソロ、坂本13号ソロ

ソフトバンク:城所3号2ラン、城所4号2ラン、松田14号2ラン

解説:坊西浩嗣 実況:山下末則

FOXスポーツ にて観戦

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ヤフオクドームで行われた福岡ソフトバンクホークスとの3回戦。巨人先発の高木勇は城所に2打席連続の2ランを浴びるなど、五回まで5点を奪われる。六回には2番手・山口も2ランを打たれ、一発攻勢でソフトバンクに試合を優位に進められる。一方、打線は五回の長野、七回の坂本のソロで2点を返す。さらに八回、一死満塁から今季一軍初昇格の橋本到のタイムリー、長野の押し出し四球などで2点差まで追い上げるが、あと一歩及ばず、試合終了。5対7で敗れた巨人はこのカード3連敗を喫し、4連敗で借金1となった

Yomiuri Giants Official Web Site

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

パ・リーグ最多勝を争っている投手とハヤトゥーの戦いだからね、普通に考えたら勝つのは難しい。それでもまぁ、奇跡よ起きてくれ!って願っていたんだけど…

そう簡単に奇跡は転がってなかったなぁ(涙)

橋本を上げて1番で起用し、セカンドに吉川という布陣でのぞんだけど、やっぱり武田は素晴らしいピッチャーだった。結果的には2点差まで追い上げるという形は作れたけれど、あの点差が無ければ8回以降は盤石のリレーで来ていただろうし、結局坂本と長野のソロだけだったという結果で終わっていたと思う

その追い上げた8回だけど、多分、5点差という気の緩みと疲労とがあいまってたんだろうね、あの3連打は珍しい光景だったと思う。そんな中で、先発に起用された橋本の意地の一打は評価できるし、あのままノーヒットで終わるのとでは雲泥の違いがあるだろうから、あれで次も使ってもらえるチャンスに繋がったと思うし、こちらの期待も高まる

長野の場面で実況、解説の両者とも「満塁ですから、勝負ですよね?」と言っていたけれど、個人的に私の意見では、ほぼ押し出し敬遠に近い四球だったと思う。阿部のところで森福を出すのは既定路線だったろうし、今日ホームランを打っている長野と勝負するよりは阿部と勝負するほうがおさえる確率は高いという計算と、仮に打たれて追いつかれたとしても、また点は取れるという自信というか、余裕のようなものが垣間見えた瞬間だったなと…

(最悪、負けてもチームとしては痛くないという)

多分、巨人だったら満塁になった時点でもう投手交代でしょう、それをさせないのは、この1勝に対する球団の立ち位置の違いではないかと私は解釈しました

今日負けてもこのカードを2勝1敗で終われるという余裕と、今日取れなければカード3連敗で終わってしまうという焦り。この気持の差があの場面の采配に表れていたように思う

残念なのは阿部の最終打席

満塁だし、初球に強い打球を打とうとしてのことだろうと思うんだけど、個人的にはあくまでも逆方向を意識したバッティングで繋いで欲しかった…

(特に満塁だったので、可能な限り三遊間を…)

でもまぁ、チャンスで阿部が打てなくて負けたというのは、ある意味、割り切れるのでこれはもうしょうがない

先発のハヤトゥーは…昨日の今村と同じく、ローテに入り続けることが出来るかどうかの崖っぷちにいる立場。何とか最悪でもQSは達成して踏ん張って欲しかったのだが、同じ選手に2打席連続、しかも2ランを浴びてしまうようではリードした小林もセットで責められても仕方ない

マイコラスがファームで2試合に投げ、杉内もブルペンに入るところまで復帰しつつあり、桜井も今月中には上がってくるだろうと言われている中、ここで意地を見せないと、居場所が無くなってしまうことは重々わかっていると思う、そんな中でのピッチングだっただけに余計に残念

ついでに言うと、さすがにグッさんも、そろそろ再調整…って言葉がチラホラ出てしまいかねないくらい、ちょっと安定感にかけてしまっている

1、2番には相変わらず苦労しているけれど、阿部が復帰してからは、打線に関しては少しずつ上向いている感はあるだけに、投手陣の不安定さは深刻。6月3日の日ハム戦から、相手チームを3失点以内に抑えたのは10日の菅野の時だけという状態で、これでは勝てというのが酷な感じ

確かに、この2カードは打線が強力な西武とソフトバンクだったという事はあるけれど、それにしても守備力が唯一の取り柄だったチームがこれでは、勝つことは出来ない

どちらかというと、先発ローテを心配する声が多いけれど、実はグッさんを勝ちパターンで計算するか、ビハインド要因として計算するか、判断が難しい状況になっているという事実も再確認しなければいけない

まぁ終わってしまったものは仕方ない

本当だったら2勝4敗で借金2で終わるはずだった今週も、結果的には1勝5敗と借金4になってしまい、トータルでも借金1、リーグ順位も再び4位に落ちてしまった

次のカードからは東京ドームで6連戦組めるので、そこで何とか盛り返したいところではあるけれど、最終カードは、これまた好調なロッテだし、その前の楽天戦だって勝ち越せる保証はどこにもない

これからも試練は続きそうな感じだけど、突っ走ると思われていた広島も何だかんだと足踏みしてくれたりしてるので、まだまだ浮上のチャンスはいくらでもある。これから先は、さらなるケガ人を出さないことと、復帰予定組が順調に仕上がってかつての輝きを取り戻してくれること、その上で今日阪神戦でホームランを打った岡本ら若い選手が、存在感をアピールしてくれるような状況を作り出すこと

それらを楽しみに、今のツライ状況を乗り切りたいと思います

追記

明日の週刊ジャイアンツもまた、8日の西武戦しかちゃんと流せない、寂しいオンエアになるんだろうね(涙)

(そういう意味では、唯一、8日だけ見に行けた私は非常にラッキーだった?(笑))

管理人:みんぐ

http://ameblo.jp/ming-maro/