6/10 巨 1-2 ソ→ 負けはしたけど、見応えのあるスゲー試合だった(でも残念)

巨人 1-2 ソフトバンク → 対 ソフトバンク:0勝1敗0分 Yahooドーム

勝利投手:森 26試合 3勝 2敗 1S

セーブ :サファテ 32試合 0勝 3敗 21S

敗戦投手:菅 野 12試合 5勝 2敗 0S

投手リレー

巨人:菅野 捕手:小林→相川

ソフトバンク:東浜→スアレス→森→サファテ 捕手:鶴岡

本塁打

巨人:

ソフトバンク

解説:斉藤和巳 実況:菅野詩朗

FOXスポーツ にて観戦

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ヤフオクドームで行われた福岡ソフトバンクホークスとの1回戦。巨人先発の菅野は三回に先制されたが、粘りの投球で追加点は許さない。打線は相手先発の東浜に六回まで2安打に抑えられていたが、七回に阿部のタイムリーで同点に追いつく。しかし八回、疲労の色が見えた菅野が一死満塁で鶴岡に決勝の犠牲フライを打たれ、1対2で敗れた。菅野は8回120球を投げて2失点で完投したが、打線の援護に恵まれず今季2敗目となった

Yomiuri Giants Official Web Site

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

8回2失点で敗戦投手になってしまうのか…(涙)

菅野カワイソスってのが率直な感想だけど、これぞ ザ・プロ野球というプレーが随所に見られた好ゲームだったと思う

チームとしての様々な数字、選手個人の数字を見比べてみると、巨人が勝ってるところは先発の菅野とセ・リーグ首位打者の坂本だけ。百歩譲って、ここ最近の成績を加味すれば、クリーンアップと村田ぐらいが何とか戦力になる感じ

脇谷、吉川、小林、(&ギャレット)が先発メンバーに名を連ねている時点で、どう考えても攻撃面ではソフトバンクには歯が立たないのは明白

お互いの先発投手の成績を考えたら、先に点をとったほうが圧倒的に有利に立つ、それだけはハッキリと言えるゲームだったが、しょっぱなからそれを証明するかのような投手戦。両チームの立ち位置の差が若干出たかなと思わせるのは、東浜は打たれることを恐れずグイグイと攻めてくるのに対し、菅野は1点もやれないというプレッシャーから、とにかく慎重に進めているという感じ

らしくもない5四球を出したことからも慎重さが伺えるし、その上で自分が投げ切らないとという使命感から球数を減らそうという投球が3度もの先頭打者へのヒットを許すという結果に繋がっている

それでも2失点してしまうわけだから、菅野以外の投手だったらどうなってたんだよ!と言いたくなってしまう…

確かに西武打線も強力だったけど、ソフトバンク打線はそれとは違った意味でスゴかった。全員がケースバッティングをしてくるし、低めの釣り球、勝負球もボールだと平気で見送るし、少しでも甘く入ると打たれるし・・・

ただ、菅野も3回のグラブトスとかカッコ良かったし、ランナーを出してからのギアの入れ方もさすがだった。本人は「ひさびさに試合に負けて得るものがあった」とコメントしてるけど、今日のゲームでまたひとつレベルアップするのあれば、今日の敗戦は我慢して、次回登板を楽しみにしようという気になる。

で、ここでいつもなら、結局負けた原因は打線のせい

と一喝するところなのだが、今日の東浜のピッチングも素晴らしかったし、スアレス、森、サファテも手ごわかった。あれを崩して3点取れってのは、打線が絶好調ならともかく、まだ好調に片足がかかりかけているくらいの状態では厳しかった…

特に、村田とギャレットで5三振ではクリーンアップが意地を見せて1点もぎ取っても、そこからさらに点を重ねるのは難しい。

相変わらず脇谷は空気だったし、吉川も今季2本目となるヒットを打ったものの、小林がもはや伝統芸とも言うべき送りバント失敗であっさりチャンスを潰すし…(悪送球で多少救われた感はあるが)最後に勝ち越しとなる犠牲フライを決めた鶴岡と比べるのは酷だけど、どこからでも連打が飛び出しそうなソフトバンクに比べると、8、9、1番の流れで相手投手が休める場所を作ってしまう打線の心細さが浮き彫りになってしまった

阿部の走塁死を責めてしまいたくはなるけれど、その後の村田、ギャレットが犠牲フライさえ打てず、連続三振では結局点は取れなかっただろうってことで、余り変わらなかったと思う

(仮に1、3塁となったとしても、その後のギャレットが三振、村田が内野ゴロゲッツーに倒れる画しか思い浮かばないし(笑))

そのギャレットだけど、ファームで4試合で3ホームランを打った結果を買われて再び戻ってきたわけだが、守備は酷いわバッティングは本当に良くなったの?という状態で、進化を期待していただけに、ちょっとガッカリだった

まぁ上がってきていきなり東浜だったので、可哀想と弁護してあげたいところではあるが、頭をぶらさないこと、バットが当たる瞬間まで目を切らさないことなどを、心がけているという割に、そもそもバットに当たらないという現実が悲しかった…

アンダーソンがフリーバッティングを開始しはじめたので、復調具合によっては、また早々にファームに戻ることになってしまいかねないので、明日こそは意地の1本を見たいものだ・・・

明日は今村 vs 千賀

あの広島打線ですら先週は1点しか取れず、ロッテ打線も2点、西武打線も2点しか取れていないので、巨人打線が3点以上取れるとは思えないし、今村がソフトバンク打線を2失点以内でおさえる姿も想像しにくい

今日、菅野で落とした時点で、このカード3連敗が濃厚になってしまったのだが、いくら強いソフトバンクとはいえ、シーズン全勝するわけではないし、やる前から白旗を上げたくはないので、好投手千賀を相手に打線がどれだけ集中力を見せてくれるのか、特に阿部とギャレットの左バッターに注目したい

(ファースト阿部、DHギャレットにして、レフト亀井ってのは難しいですかね?>由伸監督ぅ~~~あ、セカンドは今日と同じ吉川で)

管理人:みんぐ

http://ameblo.jp/ming-maro/