6/9 巨 4-7 西→ 大田ぁ~~~最悪の誕生日になちゃったな…

巨人 4-7 西武 → 対 西武:1勝2敗0分 西武ドーム

勝利投手:牧 田 23試合 6勝 0敗 0S

セーブ :増 田 21試合 3勝 2敗 10S

敗戦投手:山 口 27試合 0勝 3敗 1S

投手リレー

巨人:大竹→山口→西村→戸根→田原誠 捕手:小林→相川

西武:バンヘッケン→牧田→バスケス→武隈→増田 捕手:上本→炭谷

本塁打

巨人:

西武:メヒア20号3ラン

解説:前田智徳 実況:大西洋平

BS朝日 にて観戦

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

西武プリンスドームで行われた埼玉西武ライオンズとの3回戦。巨人は初回に阿部のタイムリーで先制。その後も長野の2打席連続タイムリーで加点し、中盤まで試合を優位に進める。しかし3-2で迎えた七回に、リリーフの山口、西村が西武打線に捕まり、一挙5点を奪われ、逆転を許す。打線は八回に亀井のタイムリーで1点を返し、なお一死満塁と粘りを見せたが、反撃はここまで。4対7で敗れた巨人は交流戦初のカード負け越しとなった

Yomiuri Giants Official Web Site

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この2カードは1勝2敗でいければ十分と言った手前、昨日の1勝で当面の目的は果たせたわけで、今日の敗戦は反省すべきところは反省して、ちゃっちゃと切替えて終了!って終わらせればいいんだけど…

勝てそうなゲームだっただけに悔しいね(笑)

それにしても、大田ぁ~~~今日はさすがに要反省だぞ!

守備のミスが2回、打席では2三振に併殺打で4打席ノーヒット、本来ならミスを挽回するためにも8回の1アウト満塁、一発出れば一気に逆転という場面では代打を出されるという始末・・・

普通ならねぇ誕生日なんだから奥さんに向けて、バースデーアーチの一つでも期待したいところなんだけど、今日は悪い所が全て出ちゃった感じだな(涙)おそらく今日は悔しくて眠れないだろうね、今まで1軍で出場した中で一番苦いゲームとして心に残るんじゃなかろうか?

でも、それでいい、とことん悔しい思いをして、眠れない夜を過ごすことで、もう1度自分を見つめなおして、より練習にも熱が入ることだろう、個人的にはもう大きな期待をする選手リストから外れちゃってるんだけど、私のその冷めた気持ちを再度盛り上げてくれるようなレベルアップをしてくれることに期待してます

今のままのストレートしか打てないバッターのままだと、プロの世界ではこの先も食べて行けないし、率は残せない一発も少ないという中途半端な状態では、これから先、どんどん入ってくる若手にも抜かれてしまう。ヘタすると近々にも橋本と入れ替わりになってしまう可能性もあるし、アンダーソンが復調したら間違いなく居場所がなくなってしまう

実直なスタイルで真面目なところは買うけれど、ちょっと今の野球では不器用すぎる。高卒だからすぐにとは言わなかったし、22歳になったらなったで、大卒で入ってきた同期の選手と同じ目線で、そこから2年くらいはまだ我慢しようと思ってたけど、今日で26歳かぁ~さすがに、今シーズンでレギュラーを奪うくらいの活躍を見せてくれないと、これから先も今と変わらない姿のまま何年も過ごすんだろうなぁ~という未来しか見えない

とまぁ、大田の愚痴はこれくらいにして…

序盤までは本当に良いゲームをしてたな、内海が昨日、自分の後に投げる投手のためにインコースをしつこくついておきましたと言っていたけれど、その効果が今日は出てたんじゃないかな。今日の大竹は丁寧に投げていたけれど、昨日の内海と同じく要所でインコースをしっかり投げ切って上手く打ちとっていたし、相手バッターもそれを意識していて、それを上手く配球に活かせていたと思う

ただ、メヒアをあっさり走らせてしまったのは要反省、あの油断が無ければおかわりのセカンドゴロでゲッツーで終わっていたはずで1失点で済んでいた

それと、まだ復帰して間もないからしょうがないかもしれないけど、最初から飛ばし過ぎ。しょっぱなから全力でいかないと打ち取れないのもわかるのだが、どうしても3回り目で打者の目が慣れてきて、ストレートの力も落ちてくると捕まってしまう。投球の幅がそれほど広いわけでもないので、力の配分と配球でかわすしか無いと思うのだが、監督インタビューでも言われていたように、出来ればもう1イニング投げくれると有り難かった

というのも今の巨人は7回を安心して任せられるピッチャーがいない

8回以降はマシソン/澤村と、劇場型だけど何とかしてくれる投手がいるし、この二人に関しては彼らが打たれてしまった時は、代わりはいないので仕方ないとあきらめもつく。ただ、もっとも難しい7回は相手の左右や相性などによってコロコロ代えざるを得ず、どうしても安定しない。特に今日のように6回表のチャンスを潰し、その裏に2点返されるという形で勢いが相手に行ってしまうと、なかなかそれを止める事が出来にくい

試合後に由伸監督は自分たちの継投ミスだと言っていたけれど、結果論で言えば確かにそうだったかもしれない、状況が違うとはいえ8回裏に田原がメヒアを三振に打ち取ったところを見れば、あの3ランを打たれたところは西村ではなくて、田原だったかもしれないと思いたくなるし、大竹に7回も投げさせるという選択肢だって無かったわけではなかった。

本来なら相手の左右に関係なく7回はグッさんがピシ!っと3人で行ってくれれば、すんなりマシソン→澤村で行けたかもしれないし・・・

タラレバを言っても始まらないので、この辺にしておくけど、いずれにしても7回(場合によっては6回も)を任せられる人材に不足している事は現実として間違いない。特に左投手はなかなか厳しい。グッさんも総じて頑張ってるけど、かつての安定感は無いし、戸根に至っては何度投げてもボールが高くてヒヤヒヤする状態、ひょっとするとファームに落とした公文が一番投げっぷりが良かったのではないか?と思いたくなってしまう

まぁ安心できる投手が3人揃っているチーム自体、それほどあるわけではないので贅沢な悩みではあるのだが、打力で圧倒できない状況としては、何とか3人のリレーは確立しておきたいのが本音

攻撃面では大田とクルーズがダンマリだった以外は、良かったと思う

昨日、今日と長野が頑張っている関係で、うまく得点できた。阿部、長野、長野と4番、5番にタイムリーが出たのは、タイムリー欠乏症だった巨人打線にとって明るい兆しだと思う。坂本はヒットこそ出なかったものの、5回のフォークを我慢して四球を選ぶ(大田も4打席目になってやっと我慢が出来たけど)など、しっかりボールが見えている状態で好調を維持している。となると、しつこいようだがやはりキーは1、2番ということになる。今日は松本が出ることで阿部、長野のタイムリーに繋がったが、それだけにクリーンアップの前を打つバッターが四球でも何でもいいから出塁するという出塁率の高さが必要。大田は残念ながら、現状ではやはり8番あたりが適正なので、結局1番バッターを再度構築し直すことになる・・・立岡がいない今、本来なら重信にその役目を担って欲しいのだが、あの三振の多さではちょっと苦しい。脇谷もダメ、吉川もダメ、寺内もダメ・・・と控えを見てみるとため息しか出てこない(涙)

ファームから誰かをあげることなく、現有メンバーで何とかするとしたら、消去法で亀井だろうか?ヒットを打つ打たないは別として、一応ベテランだし、状況に応じた対処はしてくれそうな気がする

久々に先発のチャンスが回ってきた寺内も、ファインプレーからのヒットを放つなど、ひょっとしたら今日のラッキーボーイになるか!?と期待させといてのバント失敗だからね、なかなか人材がいないもんだ

もういいや、話を明日に切り替えよう

交流戦優勝を本気で狙うなら、明日からのソフトバンク戦は最低でも2勝1敗が必須になるけれど、個人的には交流戦の優勝を追ったがために選手に無理を強いて流れが壊れるのも嫌なので、ここは無難に1勝2敗で良いと思う。あくまでも貯金を大きく減らさないことがペナントでは大事なので、チャンスがあればそこは全力で勝ちに行く、という形でとにかく3連敗だけはしないような戦い方を心がけたい

とはいえ、明日の菅野で負けると今日も含めて4連敗なんて可能性も大きくなるわけで、彼にはまたプレッシャーのかかるゲームを任せることになってしまった。

野球ファンとしては学生時代に代表で一緒だった菅野と東浜の投げ合いは非常に楽しみだし、今季好調の菅野がソフトバンク打線を相手にどういうピッチングをするのか興味がある。

ただ、巨人ファンとしては、楽しみよりも不安の方がデカい(汗)

西武に比べれば守備面での隙も少ないし、何より相手のホーム球場ということで、雰囲気も全く違う。移動日無しで福岡まで飛ぶわけで疲労もあるだろう。色んな意味で不利な材料が揃っているだけに、苦戦は必至なのは最初からわかっているので、明日はとにかくうちのクリーンアップが早い段階で先取点を菅野にプレゼントして、出来るだけ長く投げてもらう展開をしてくれることを祈るだけかな

やば、今からドキドキしてきた(笑)

管理人:みんぐ

http://ameblo.jp/ming-maro/