5/29 巨 2-1 阪→ 二人の勇人の活躍で何とか連敗ストップ…マジでホッとした

巨人 2-1 阪神 → 対 阪神:5勝4敗1分 東京ドーム

勝利投手:高 木 10試合 4勝 4敗 0S

セーブ :澤 村 21試合 3勝 0敗 12S

敗戦投手:メッセンジャー 11試合 4勝 4敗 0S

投手リレー

巨人:高木→マシソン→澤村 捕手:小林

阪神メッセンジャー 捕手:原口

本塁打

巨人:坂本10号ソロ

阪神:鳥谷4号ソロ

解説:吉村禎章 実況:辻岡義堂

日テレG+ にて観戦

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

東京ドームで行われた阪神タイガースとの10回戦。先発は巨人が高木勇、阪神メッセンジャー。巨人は三回、重信のタイムリーヒットで先制すると、坂本の10号ソロホームランで追加点を挙げる。そのリードを高木勇、マシソン、澤村のリレーで守りきり、2対1で勝利。高木勇は7回1失点の好投で4勝目を挙げた。巨人は交流戦前最後のゲームを白星で飾り、連敗を「7」で止めた

Yomiuri Giants Official Web Site

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

何だかんだいって、ハヤトゥーは阪神戦負け無しなんだな…

昨日の時点では「今日もダメかなぁ~」って思ってたんだけど、意外にも相性が良いことがわかって、少し期待して見てた

今日の何が良かったかなと思い返せば、なんといってもストレートかな。コメントでも初回から飛ばして行ったという事を言っていたけれど、いつもならスライダーに頼るような場面で、ストレートで決めに行っていて、それが阪神打線の裏をかくことに繋がったのか、真っ直ぐで空振り三振をとるケースが多く見られ、うまくハマッていたように思う

甘い球も何度となくあったけど、ストレート中心の配球が出来たことで、うまく差し込めていたし、ストライク先行で行けたことが全体のリズムを良くしてテンポよく投げられていたと思う

鳥谷にホームランを打たれた場面だけ、また弱気な顔が目についたけど、それでも今日はソコだけだったね、あとは良い表情をして投げていたと思う

昨日は2点先制のあと、今村が守りに入ってやられてしまったのを見ていた分、小林も一瞬ひやっとしただろうけど、うまく昨日の反省をバッテリーで行かせていたんじゃないだろうか?

ゴメスが一発を意識しすぎて、外スラをこれでもかってくらい空振りしてくれたのも助かった。7回107球投げて外野に飛んだボールは僅か7打席、あとはほとんどが三振と内野ゴロ。無四球だったことが証明しているように、とにかく今日はコントロールがまとまっていたと思う

まぁ昨日と違って身体の重そうな阪神打線に助けられたところはあるので、広島打線のような強打のチーム相手だったらどうだったかわからないけど、7回1失点でマウンドを後にしたピッチャーに文句を言うのは筋違いなので、今日はしっかりと褒めておきましょ(笑)

先発投手が7回まで投げてくれれば、後ろはマシソン、澤村がいるので何とかなる。その意味でも今日のピッチングは大きかった・・・ところで、もしも6回、ハヤトゥーまで打席が回るようなことがあったら、交代させていただろうか?亀井からスタートだったので、ハヤトゥーまで打席が回るということはそれなりのチャンスが作れているということになるのだが、仮に2アウト1、2塁くらいの場面だったら…代打はクルーズだったろうか?そこで点が取れれば良いけれど、取れなかったら7回は田原、戸根でやりくりすることになっただろうから、ひょっとしたらバタついてしまったかもしれないってことを考えると、あそこは(結果的に)打席が回らなくてよかったかもしれない

阪神的にも流れ的にもハヤトゥー続投の方が嫌だったろうし)

あとはアチコチのスポーツニュースでも言われたように、重信のタイムリーの後の走塁だね。外野を抜けたのならともかく、センター前のヒットだからセンターの返球の高さを見ながら、いつでも戻れる位置をキープすることを心がけて走らないと・・・タイムリーを打った嬉しさで、ついテンパっちゃんだろうけど、いくら経験不足とはいえ、似たようなシチュエーションは学生時代から散々やってきたはずなんで、あんな素人みたいなランニングをしてはダメだ

結果的に坂本がホームランを打ったから良かったものの、それだって重信が残っていれば2ランになっていたわけだし、坂本が打てなくて、あのイニングを1点で終わっていたとしたら、試合はどうなっていたかわからないので、次回からは気をつけてもらいたい

勝ったとはいえ、まだまだ打線はシブい…

脇谷の1番も苦肉の策だし、クルーズを外した時点でチームが苦しんでいるのは一目瞭然だった。メッセと相性の良かった坂本と長野が良かったくらいで、とても勝利したチームとは思えない攻撃内容で、そういう意味ではまだまだトンネルを抜けるのには時間がかかりそう

せっかく連敗を7で止めて交流戦に入れるんだから、これ以上愚痴ってもしょうがない。8連敗で交流戦に入って、さらに連敗を伸ばすような事態を避けられたことを、まずは素直に喜ぼう

現状を整理すると、カープが頭一つ抜けている感じになっていて、巨人も順位的には5位という立場になっているけれど、ゲーム差を考えればまだまだ射程圏内だし、借金も僅かに1個

開幕前に交流戦までは5割で良いと言っていたので、そういう意味では想定内のポジションにいるといえる。思い返せば去年は確か貯金6で交流戦に突入したのかな?それでもDeNAが貯金10個で首位だったような・・・それがシーズンを終わってみれば・・・って感じなわけなので、まだまだこれから先、どうなるかは全くわからないと言ってイイ

阿部がファームでホームランを連発し、交流戦にはDHで戻ってくるんじゃないかという話もあるし、セ主催では左の代打としてベンチにいてくれる形で行ける。個人的には、もっと万全な状態になるまで調整して欲しいと思っているけれど、さすがに今の状況でさらに負けが込むとキツくなるので、そろそろ阿部に頼る時期に入ってきたか

新旧キャプテンが揃って打線に活気をもたらせてくれれば、強打パ・リーグ相手とはいえ、何とか互角に戦えるんじゃないかという期待は出てくるので、とにかく耐え忍ぶゲームを続けて、少しずつでいいから順位を上げていって欲しい

管理人:みんぐ

http://ameblo.jp/ming-maro/