5/26 巨 2-3 広→ まだ5割、いやもう5割…でも諦めるな!明日から!

巨人 2-3 広島 → 対 広島:6勝5敗0分 マツダスタジアム

勝利投手:九 里 7試合 1勝 1敗 0S

セーブ :中 崎 22試合 0勝 2敗 10S

敗戦投手:大竹 1試合 0勝 1敗 0S

投手リレー

巨人:大竹→山口→戸根→宮國 捕手:小林

広島:九里→ヘーゲンズ→ジャクソン→中崎 捕手:磯村→石原

本塁打

巨人:

広島:菊池5号ソロ、鈴木6号ソロ

解説:山本浩二野村謙二郎 実況:宮脇靖知

日テレG+(録画) にて観戦

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

マツダスタジアムで行われた広島東洋カープとの11回戦。巨人打線は初回、重信の左中間への三塁打と坂本のタイムリーで1点を先制する。一方、今季初登板の先発・大竹は初回と二回にそれぞれソロホームランを浴び、逆転を許してしまう。反撃を狙う打線は六回、重信のこの日二本目の三塁打などで一死二、三塁とし、クルーズの犠牲フライで同点に追いつく。しかしその裏、大竹は3四球など一死満塁のピンチを迎えると、安部に犠牲フライ、この回無安打で勝ち越される。大竹は結局6回3失点で降板。打線も終盤はあと1本が出ず、今季初の5連敗で貯金がなくなり、勝率は5割に戻った

Yomiuri Giants Official Web Site

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

深夜まで仕事だったので、更新が遅くなってしまいました

m(_ _;)m

なので、ちょっと今日は短めに

終盤まで接戦で行ければ何とかなる・・・のが今シーズンの巨人だったけど、その粘りも今はちょっと鳴りを潜めてしまっているかな

でも、今日はちょっと惜しかった

今季初登板の大竹は頑張って被安打4本でおさえてたけど、打たれた4本のうち2本がホームランで、3点目もノーヒットで献上してしまったという勿体無い点の取られ方だったのが残念。久々の登板で疲労が来たのか(初回から飛ばしていたし)、3回り目となって慎重となりすぎたのか、四球と暴投はいただけない

そこは大いに反省すべきところだけど、今日くらいのピッチングを今後もしてくれるのであれば、ローテの1人として計算できるのではないか?という期待は持たせてくれたと思う。

結局は投手が3点におさえても、それ以上点が取れないという事が問題なわけだ…

その打線も、重信の2本の3塁打は少し希望を与えてくれた。由伸監督の言うように、失うもののない若武者は、昇格後の身体の開きを修正して、しっかりと1軍レベルでも結果を出せることを証明してくれている。これから先、弱点が露呈してゆけばまた壁にぶち当たるだろうけど、立岡、亀井の状態が戻らない中、坂本にチャンスで回すことの出来る選手の登場はありがたい

あとは長野・・・長野だけでも状態が上がってくれれば、もう少し戦える打線になる

巨人が広島を走らせてしまった事が原因で、頭一つ抜けださせることになってしまった。この借りを返したくても、交流戦が終わるまで直接対決は無いわけだし、そこはもうすっぱりと切り替えよう。

5連敗でどん底のように見えても、まだ5割

下ばかり見ないで、上を見て、もう一度、挑戦者の気持ちに立ち返って、ここから開幕のつもりで0からスタートすればいい

明日の菅野 vs 岩貞の戦いは、防御率1、2位同士の戦いで、投手戦は必至

コレに負けたら、連敗脱出の望みも立たれてしまう・・・という後ろ向きな考えは捨てて、岩貞に巨人のエースが土をつければ、それをきっかけに浮上できる!ということを信じて全力で戦うしか無い

管理人:みんぐ

http://ameblo.jp/ming-maro/