5/22 巨 1-5 中→ 12安打で1点か…ヒットが出ても空回り打線なのは変わらず(涙)

巨人 1-5 中日 → 対 中日:2勝6敗1分 ナゴヤドーム

勝利投手:吉 見 5試合 1勝 1敗 0S

セーブ :

敗戦投手:高 木 9試合 3勝 4敗 0S

投手リレー

巨人:高木→公文→宮國 捕手:小林

中日:吉見→又吉→岡田→福 捕手:杉山

本塁打

巨人:

中日:大島2号ソロ

解説:小松辰雄 実況:宮部和裕(CBC

TBSチャンネル1にて観戦

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ナゴヤドームで行われた中日ドラゴンズとの9回戦。巨人は三回、クルーズのタイムリ二塁打で1点を先制する。しかし四回、先発の高木勇がソロホームランとタイムリーで逆転を許してしまう。さらに六回にも、守りのミスなどで一挙3失点。高木勇は、六回途中5安打5失点の内容でマウンドを降りた。一方の打線は八回まで毎回ヒットを放つがつながりを欠き、追加点を奪えない。九回には、重信がプロ初の猛打賞となる3本目のヒットを放ったが、後続が打ち取られ、1対5で試合終了。敵地で中日に連敗し、対戦成績は2勝6敗1分となった

Yomiuri Giants Official Web Site

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

去年は「魔の8回」と呼ばれて、序盤、中盤と耐え忍んでも終盤に逆転されることが多かった中日なんだけど、今年は「逆転の中日」かぁ~なんか羨ましいな

中日を巨人目線から見てると、ダントツで首位に立っていてもおかしくないくらいに見えるのだけど、まだ3位なのか・・・これが今のセ・リーグの現状を表しているんだろうな、どのチームも混戦を抜け出すか!と思いきや、足踏みしたり後退したり。そういったチームが多いことが団子を作り出してる

(前回東京ドームで3連敗した時には、こっから中日が一気に走るんじゃないかとマジに思ったし)

巨人にしても状態としては底に見えた先週をまさかの4勝0敗で終わったので、危うく勘違いしそうになったが、結局、その貯金を今週3個も使ってしまい「あぁやっぱり底はまだ先にあったのね」という今週となってしまった

ただ、今週の敗戦はどれも完璧に歯が立たなかったというよりは、勝てなくはなかったゲームばかりだったので、それが実力不足と言われればその通りだが、やり方が上手くなかったというか、変なところで選手とベンチが空回りしてしまった感じに(私としては)思えるところに、僅かながらの希望を持っている

ということで、セ・リーグは今後の伸びシロが多いチームが抜け出しそうなんだけど、さてさて我がジャイアンツは…

このカードから上がってきた重信が昨日のプロ初ヒットをきっかけに、今日は猛打賞と活躍。まだちょっと荒削りなところはあるし、本格派の投手に対してどういうバッティングをしてくれるか見えないので、何とも言えないけど、やはり若い選手が躍動する姿は見ていて清々しい。他球団は1年目の選手が活躍している中、桜井の離脱など巨人としてはちょっと寂しかったので、このまま何とか1軍に居続けられるように頑張ってもらいたい

(そして、それをバネに立岡はもう1段階レベルアップして!)

その離脱した桜井も今週中にはシート打撃に登板する予定らしく、来月早々とは行かないまでも、交流戦が終わるまでには上がってくれそうな雰囲気。もちろん戻ってきたからといってすぐに結果を出せるとは思えないが、重信共々若武者が頑張ればチームの雰囲気は良くなる

戸根は2軍でもう実戦復帰しているし、内容的もまずまずの状態。公文が思いの外、頑張っているので、本来ならグッさんを休ませて代わらせたいところだけど、さすがにそれは決断しづらいだろうから、現状だと公文と入れ替えか?個人的には立岡を1度落として心身ともにリセットさせつつ、戸根を上げてブルペンを分厚くしたいけれど、それも現実的では無さそうだ

阿部に関しては25日のイースタンでDHでの出場が予定されているようなので、バッティングに関しては、それを期に状態を上げていってもらうしかないが、問題は守備面なので、キャッチャーとしての実戦復帰、そこからの状態確認ということになるので、まだしばらくは時間がかかりそう

現状で最も期待値が高く、早く上がってきそうなのはアンダーソンか

19日に実戦復帰してすぐにフェンス直撃の当たりを飛ばし、今日はフューチャーズ戦でホームランを放った。ギャレットが絶好調なら、もう少し時間をかけてと言いたいところだが、3三振に2エラーの状態では、代わりの選手がいるなら置いておく理由が無くなってしまうので、早ければ来週にも入れ替えが行われるかもしれない

出来ればギャレットの代わりは岡本を…と思っていたのだが、これまでの実績を考えると(外国人枠も今は空きがあるし)アンダーソンの方が上がってきそう

と、明るい材料がないわけでは無いので、決して悲観することは無いと思っているのだが・・・

あれ?今日のゲームに関して触れてないな(笑)

まぁ、誰もが今日は思うように、12安打もしながら1点じゃ勝てね~よ!ってことと、打てないのはしゃーないにしても、守備で足を引っ張りすぎ!ってところ、守備のミスを何とかハヤトゥーがカバーして欲しかった…という3点が残念なところだろうか?

1試合4安打とか5安打なんて試合が多かったので、昨日10安打、今日12安打とヒットは出るようになってきたと明るく考えることはできるけれど、ヒットが出たら出たで、今度はベンチワークのまずさが浮き彫りになってくる。開幕投手からどちらかというと選手の自主性に任せて(信じて)、積極的に采配を振るう事はなかった由伸監督だけど、こうまでチャンスに打てなかったり、チャンスで簡単に初球を振って棒に振るなんてシーンを見せつけられると、さすがにそろそろチームとして相手の嫌がることをやってゆくようにベンチからサインを出しても良いのでは無いかと思う

先日も触れたように、まず走れる選手はそれなりに揃っているのに、盗塁が圧倒的に少ないので、相手バッテリーの警戒が薄れているように感じるし、ディレードスチールやダブルスチールなど、原監督が効果的に使っていたような意表をつく作戦も余り使わない。失敗のリスクはあるけれど、バッテリーの集中力を削いで、打者を援護するという意味でも積極的にするべきだと思う

(特にチャンスの場面での動きが少なく見える)

初回と3回であわせて3点くらいは最低でも取れていたはずなので、序盤で3点取れていれば、その後の展開も変わっていただろう。どうしても3三振2エラーのギャレットを批判してしまいたくなるが、今日に関してはギャレットは当然ことながら、他の主力選手も「あそこで!」というところもう一押ししてくれていれば・・・という反省点もあるので、1人だけの責任ではない

しかし、昨日までディスってた小林が猛打賞と打てば、逆に点が入らないというバイオリズムは皮肉なものだ(ま、今日はチャンスで小林って場面は無かったけど)。

チャンスでタイムリーを打ったのはクルーズだけで、坂本と村田もヒットは打っているものの、肝心なところで出なかったという意味では、ちょっと残念

今日に関しては先に点を取ったことで「あわよくば!」と一瞬思ってしまったけれど、故障からの復帰だろうが、他球団との試合で結果が出ていなかろうが、巨人ファン(というか私)から見た吉見は相変わらず苦手意識の強いピッチャーなので、敗戦は覚悟してた

吉見自体は決して調子が良い状態では無かったと思うけれど、久々の勝利を与えてしまったことで、ここから徐々に上向いてくると考えれば、巨人にとって嫌な投手の復活のきっかけを与えてしまった感は強い。さらに大野が戻ってくるとなると、今年の巨人にとって相性の悪いチームになってしまいそう。その意識を払拭しようにも次に当たるのは6月28日なので、対中日戦のもやもやは一ヶ月以上引きずることになりそうだ

来週からの6連戦はどうするかって?

ん~~~~今はまだ考えたくない(笑)

管理人:みんぐ

http://ameblo.jp/ming-maro/