5/13 巨 3-2 ヤ → 完全に負けたと思ったわ(汗)勝ててホント良かった

巨人 3-2 ヤクルト → 対 ヤクルト:5勝5敗0分 東京ドーム

勝利投手:田原誠 21試合 2勝 1敗 0S

セーブ :

敗戦投手:オンドルセク 17試合 0勝 1敗 8S

投手リレー

巨人:菅野→澤村→マシソン→山口→田原誠 捕手:小林

ヤクルト:成瀬→ルーキ→秋吉→村中→オンドルセク 捕手:中村→西田

本塁打

巨人:村田3号ソロ

ヤクルト:

解説:桑田真澄 実況:田辺研一郎

日テレG+にて観戦

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

東京ドームで行われた東京ヤクルトスワローズとの10回戦。打線は二回、村田の3号ソ ロで先制に成功する。巨人先発の菅野は八回までヤクルト打線をわずか1安打に抑える圧巻のピッチング。しかし、九回に同点とされ延長戦へ。4番手の山口が十二回に無死一、三塁のピンチを背負うと、代わった田原誠のミスで勝ち越しを許したが、その裏、二死一、二塁から坂本が2点タイムリーを放って逆転サヨナラ勝ち。巨人は今季初のサヨナラ勝ちで2連勝を飾り、首位を守った

Yomiuri Giants Official Web Site

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

・菅野を立てて負けなくて本当に良かった

・小林のあの送球が普通だったら終わってたのに

・そもそも8回までに2点とってりゃサクっと終わってた

・あのピンチを田原がよく1失点で抑えたというべきか、それとも守備に駄目だしするべきか

・9回バレを三振にとった球を見たらあと1イニングくらいいけるんじゃ

・田原ぁ~守備位置くらい確認しとけよ!

・でも、あのピンチを最少失点でよく凌いだわ

・菅野に勝利がつかなくて残念

・今日は貧打線ではなく投手戦だったなぁ~

・サヨナラヒットを打った坂本も良いけど、そのまえの大田の四球が良かったわ

・さらに大田の走塁も見事

・隠善ん~~~!

・明日が心配だわ・・・

などなど、様々な思いが交錯したゲームでした(笑)

結論から言えば、菅野を立てて、ホームの初戦を落としていたら雰囲気は最悪になるところだったので、菅野に勝ちがつくつかないは別としても、勝ったことが何より

理想は菅野が9回を無失点で投げ切って、完封で勝利することだったけれど、それはあと一歩というところで叶わなかった。先頭バッターを四球で出してしまったことが引き金になってしまったわけで、半分は菅野の責任ではあるけれど、あれだけのピッチングを見せられたら、敗因はアウトを焦って送球ミスした小林と、9回までに2点以上取れなかった打線にあるのは明白

明日はデーゲームだし、本当だったら8時半には軽く終わっていたはずが、気がつけば10時前になってしまったよ

その打線だけど、もともと巨人打線が苦手にしている成瀬が非常に丁寧に投げていて、なかなか連打を浴びせることが難しかったのは事実だけど、もう少し何とか出来なかったものかね?9回まで4安打で唯一の得点がソロホームランってのは寂しすぎるし、あの村田の一発がホームランではなくヒットだったとしたら、9回で負けてたわけで、それを想像すると怖いわ(笑)

昨日はいつもならG球場で全体練習をするところ、由伸監督の配慮で完全休養日に当てたという。指揮官としては不振の打線に活を入れるためにも練習したかっただろうけど、選手のコンディションなどを考えての決断だったらしい

個人的には良いと思う

練習しなかったことで、負けが続けば叩かれることも覚悟の上だったろうし、何も練習するだけが向上する方法とは限らない、家族と一緒に過ごしてリラックスして、気持ちをリセットすることだって立派なケアだ

と、今日打ちまくってたら思ったんだろうけど…

なかなか、トンネルの出口はまだ見え無さそうだな。クルーズが復帰したことで、仲の良かったギャレットの気持ちがほぐれ、相乗効果で二人のバッティングが炸裂してくれることを期待していたんだが、結果的には二人とも見事にノーヒットでした(爆)

(惜しい当たりはあったけど)

まぁクルーズが復帰して雰囲気は明るくなったように見えるし、ギャレットの肩にのしかかっていた「何とかしなきゃ!」というプレッシャーも、クルーズと会話したりするとこで多少ほぐれて、明日以降のバットに変化が出てくれる事を期待しようか

グッさんのボールにキレが無かったり、制球が甘いところは気になって、明日以降が心配。特に山田、バレ、畠山と右の強打者が多いヤクルト相手に、どうしてもグッさんが投げなきゃいけない局面が来たらどうしようかと今からドキドキしている

戸根の離脱で左のセットアッパーがグッさんと公文しかいないのだが、現状で言うと公文の方が良い球を投げている。しかし、1点を争うピンチの場面では、やはり実績重視でグッさんで行きたくなるだろうし、中盤から終盤にかけて左ピッチャーをどういうタイミングで起用するのか、残り2試合のキーポイントを握りそうな気がする

その明日だけど、先週派手に炎上した今村が先発

前回登板も3回以降は抑えていたので、炎上したまま降板することを考えたら気持ちの整理は出来ていると期待しているが、なんせヤクルト打線相手だし、菅野の後だとどれだけ良いピッチングをしても、相手からみると格が落ちてしまうのは事実。

僅かなコントロールミスも許されない緊張感の中で、どれだけ粘り強く投げられるか、前回の嫌な思い出を頭に過ぎらせることの無いピッチングで「よしこの先もローテに入れてて大丈夫!」と思わせてくれることを期待したい

相手の山中は去年の10月に1度対戦したことがあるだけ。その時は5点とっているけど、余り参考にはならないか、今年は3試合投げて防御率は4.05だけど実際は4月27日の広島戦で8失点していることによる防御率なんで、前後の試合は2試合で1失点しかしていないから実は要注意

今村も前回の中日戦での失点がひびいて、厳しい防御率になっているという点では似たようなものなので、正直なところ明日の試合は始まってみるまで予想がつかない

先週はホームで3連敗という悲しい週末だったので、出来れば今週は3連勝で気持よく終わりたいという願いがあるけれど、まぁ1つ勝ったことだし出来れば勝ち越し、最悪負け越しとなってしまってもチーム状態を考えたら致し方ないくらいで考えておいたほうが良いのかな?

中日が東京ドームで巨人に3連勝し、翌週も勝って4連勝して首位を一気に走るかと思ったら、その後3連敗するなど、今のセ・リーグは一瞬首位に立ったからといって、アドバンテージが何も無いに等しい状態なので、巨人としても大型連敗さえしなければ、いずれ何とかなると思って、見てる方も少し肩の力を抜いたほうがいいかもしれない

少なくとも今週は4試合と減った上で、すでに2勝しているし、残り2つのうち1つ勝てれば御の字、最悪2つ落としても今週は5割だったという感じて気楽に観戦したいなと思います

追記

坂本のヒーローインタビューの際にチラっと映った隠善…今年から広報として球団職員になったわけだが、思わぬところで顔が見れてよかった!

管理人:みんぐ

http://ameblo.jp/ming-maro/