5/4 巨 1-6 広 → ほろ苦い敗戦だったけど、得るものあったからいっか(汗)

巨人 1-6 広島 → 対 広島:5勝2敗0分 東京ドーム

勝利投手:野 村 6試合 4勝 1敗 0S

セーブ :

敗戦投手:江柄子 1試合 0勝 1敗 0S

投手リレー

巨人:江柄子→田原誠→宮國→メンドーサ→公文 捕手:小林

広島:野村→今村→ヘーゲンズ→ジャクソン→中崎 捕手:石原

本塁打

巨人:

広島:

解説:山本浩二 実況:平川健太郎

日テレG+ にて観戦

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

東京ドームで行われた広島東洋カープとの7回戦。巨人先発の江柄子は相手先発の野村に2打席連続タイムリーを浴びるなど、5回途中5失点で降板した。打線は六回、二死から辻のプロ初ヒットなど4連打で1点を返したが、「あと1本」を欠き、追加点を奪えない。結局、打線は計11安打を放ちながらも最少得点。投手陣は8与四球と安定感を欠き、2位の広島に1対6で敗戦。首位の座を明け渡した

Yomiuri Giants Official Web Site

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ぶっちゃけ、厳しいなとは思いつつ、江柄子が強力広島打線を6回1失点くらいでしのぎ、打線は野村から4点くらい取って4-1で逃げ切り勝ちで、チームに勢いが付くと同時に首位キープ!

ってな夢を見てました(笑)

まぁ、しゃーないね、注目の明大対決は、まさかの後輩に打たれて負けるという苦い敗戦となってしまいました(涙)

ゲーム後に由伸監督も言ってたし、本人も反省してたけど、今日の江柄子はボールが先行してカウントを悪くして無駄に球数も多くなり、テンポの悪いピッチングになってしまった。

好調の広島打線が相手だし、久しぶりの1軍でのマウンドなので、思うように投げられなかったり、慎重になってしまうのはわかるけど、初球からドンドンストライクを取りに行って、結果打たれるって展開のほうがまだ良かった・・・もともとストレートの球威で抑えこむタイプではなく、豊富な変化球を巧みに使い分けるタイプなので、ある程度、球数が増えるのは仕方ないかもしれないが、もう少し小気味良く投げて欲しかった気はする。

ただ、ボール3からストライクを取るために変化球を投げる姿は良かった。今日に関してはボールからボールになってしまったり、ストライクからストライクになるケースが多かったので、次はもっと落ち着いて投げ分けられるようになってくれると、安定感も増してくると思う

野村に打たれた2失点は、半分は打ちとっていた打球だったので不運といえば不運だったけど、投手相手に甘いコースを投げた事と、その前にランナーを出してしまった事は反省しなければいけないかも

(長野の守備位置と準備に問題もあったような気もするが…)

とりあえず今日は久々だったってことで仕方ない・・・で終わらせる事はできるけど、ファームでは他の投手もチャンスを狙ってるんで、次の登板では勝ち切れるようなピッチングを期待したい。

(若武者とはいえ5年目の30才、投手としてはベテランに近くなってくるので、出来ればこのチャンスを逃さないように、高評価を手に入れて欲しい)

敗戦はしたけど、その中でも幾つか得るものはあった

江柄子のピッチングもそうだけど、プロ初安打を放った辻のバッティングも良かった。入団時には左の坂本と期待された逸材。個人的にはやっと上がってきたか!と楽しみにしている選手の一人なんだけど、やっと今日プロ野球選手としての第一歩を踏み出した

柔らかいバットの使い方ながらスイングスピードが速い(そのあたりは岡本もそう)ので変化球への対応も期待できるし、内側から出てくる軌道は個人的には超好み。1軍レベルの投手の球をこれからドンドン経験することで、対応力は上がってくると思う

現状では守るポジションの問題で、なかなか先発出場の枠を勝ち取るのは難しいかもしれないけれど、パンチ力のある左の代打という生きる道はあるかもしれない

それとポレダがファームに行って、外国人枠が空いたことで出場のチャンスを手に入れたメンドーサ。去年も中継ぎで投げたけれど、キューバの選手独特のバネと日本式の練習で手に入れた制球力は十分戦力になる。今日も楽にカーブでストライクを取って、ストレートで仕留めるなど今後に期待を抱かせるピッチングをしてくれた。20才で来日して3年目、本来なら即戦力として入団させる外国人選手が多いが、若いうちから日本でしっかりと成長してもらおうという育成方法で毎年レベルアップしているのが嬉しい

いずれはマシソンの後継者として、巨人の勝ち継投の1人になってくれると期待している。ポレダが復調し、マイコラスが復帰してくるようになると出番は無くなってしまうかもしれないが、ファームに戻したくないなと首脳陣に思ってもらえるようなピッチングを、今後もしてくれると良い

先日は不安定だった公文も、下位打線とはいえ今日は気持ち良い投げっぷりを見せてくれて、戸根がいないことの不安を少し解消してくれたのも良かった

今日は本当なら打者陣が頑張って、先に3点くらい取り、江柄子がソロホームランくらいなら大丈夫というような感じで、大胆に投げられるような展開に持ち込まないと勝てないゲームだったので、先に点を取られてしまった時点で敗戦は濃厚だった

先発野手全員安打で11安打しながらも1点しか取れないような、あと1本が出ないという流れで、相手に先に点を積み重ねられるような雰囲気の時は、それを覆すのは難しい

昨日の初戦を勝っているというのもあって、今日の敗戦はどちらかというと受け入れやすいので、ストレスは少ない。明日が菅野だからというのもあるかもしれないが、それだけに明日の菅野で負けるとちょっと気持ちは下がりそうだ。

あ・・・出来れば、明日は完投してね(笑)

管理人:みんぐ

http://ameblo.jp/ming-maro/