4/30 巨 3-4 ヤ → 今季2度めの連敗かぁ~何とか明日は勝ちたいが…

巨人 3-4 ヤクルト → 対 ヤクルト:4勝4敗0分 神宮球場

勝利投手:小 川 6試合 3勝 1敗 0S

セーブ :オンドルセク 12試合 0勝 0敗 7S

敗戦投手:山 口 14試合 0勝 2敗 0S

投手リレー

巨人:今村→山口→田原誠 捕手:小林

ヤクルト:小川→ルーキ→オンドルセク 捕手:中村

本塁打

巨人:坂本6号ソロ

ヤクルト:バレンティン6号2ラン、飯原1号2ラン

解説:平松政次 実況:田中大貴

フジテレビONE にて観戦

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

神宮球場で行われた東京ヤクルトスワローズとの8回戦。巨人は初回に長野のタイムリーヒットで先制。直後に先発の今村がバレンティンに逆転2ランホームランを打たれたが、三回に坂本のソロホームランと亀井のタイムリ二塁打で試合をひっくり返した。今村は粘りの投球で6回を2失点にまとめたが、七回に2番手の山口が代打・飯原に2ランホームランを浴びてまたも逆転されてしまう。打線も四回以降は二塁を踏むことすらできず、そのまま3対4で敗れた。巨人は2連敗で、ヤクルトとの対戦成績は4勝4敗となった

Yomiuri Giants Official Web Site

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

スタートは上々だったと思う、特に初回のチャンスで点が取れないと、いきなりムードが悪くなるところ2アウトから長野のタイムリーで先取点を取り、逆転されながらもキャプテンの一振りで同点に追いついてから、そこからのチャンスメークで勝ち越したあたりは本当に良かった

両投手ともが毎回ヒットでランナーを出すような展開だったけど、今村もバレンティンには初回のホームラン以降、四球、ヒットを繰り返しながら何とか粘ってた

結果的にグッさんが打たれて逆転を許してしまったので、どうにも敗戦の矛先がグッさんに行ってしまいがちになるけれど、半分は打った飯原の技ありなバッティングだった・・・反省すべき点があるとしたら、その前の田中浩康を出してしまったことだろうか?個人的にはかつて内海が散々痛い目にあったイメージがあって、どうにも巨人と戦う時の田中浩の対左ピッチャーとの対戦というのは嫌な感じがしてならない

せめて同点だったら、この時点で7イニングでトータル3失点という形で、まぁまだチームとしては悪く無いと思えるのだが、最終的に4点取られてしまったのはよくなかった。勝ち負けは別にして、出来れば1ゲームの失点は3点までに抑えてくれる状態をキープし続けたいところ。そういう意味では、昨日、今日と4失点というのは、ちょっと残念

でもまぁ敗戦の原因は?と聞かれれば、5回以降ノーヒットだった打線の方にあるだろう。攻撃陣全体としては去年よりも悪く無いと言えるのだが、今シーズンは現時点でDeNAを除くチームが打線は好調なので、相対的にはまだまだ良くないといえる

中盤以降、小川が踏ん張っていたとはいえ、好調時の小川からすればまだ付け入る隙はありそうだっただけに、この試合、出来れば5点くらいは取りたかった

これでヤクルトとの対戦は4勝4敗の五分

神宮での戦いが1カード3試合分多いとはいえ、開幕戦の東京ドームでの3連勝の貯金は使い果たしてしまったので、出来れば何とか明日は勝っておきたいところ…なのだが

中4日でハヤトゥーかぁ・・・

正直、まだそこまで焦る必要は無いんじゃないかと思っているのだが、どうだろう?昨日も書いたが、これまで良い流れで来ていた日曜日の今村を一日前倒して、その上でさらにハヤトゥーを詰めるというのは個人的には納得がゆかない

昨日のポレダはラストチャンスだったということで良いとしても、今日に関しては若手にチャンスを与えて、日曜日は今村のままで良かったのではないだろうか?結果的に今日、負けてしまったことで余計にその思いは強くなってしまう。

同時にポレダを抹消するのはいいけれど、代わりに内野手をあげてくるか…山本泰寛はファームで見ていてもパンチ力があって良い選手だと思うけど、どちらかと言うと先発候補を穴埋めして欲しかった…まぁ5月に関してはGWの来週が6連戦で、その後は2週連続で週5試合になるので、来週の東京ドーム6連戦の時には誰かしら上げてくるとは思うが…

いずれにしても、月曜日は移動無しで休養に充てられるので、明日は選手総動員で頑張って一矢報いる戦いに期待したい。現在、首位に立てている大きな要因は連敗が殆ど無かったことがあげられるので、2連敗はともかく3連敗だけはなんとしても避けて欲しい…

管理人:みんぐ

http://ameblo.jp/ming-maro/