4/24 巨 3-0 DeNA → 3-0返しで五分で終了!そして今村初勝利オメ

巨人 3-0 DeNA → 対 DeNA:3勝2敗1分 東京ドーム

勝利投手:今 村 5試合 1勝 0敗 0S

セーブ :澤 村 12試合 3勝 0敗 6S

敗戦投手:山 口 3試合 1勝 1敗 0S

投手リレー

巨人:今村→宮國→山口→マシソン→澤村 捕手:小林

DeNA:山口→藤岡→ザガースキー 捕手:高城→戸柱

本塁打

巨人:

DeNA

日テレG+ にて観戦

解説:篠塚和典 実況:安藤 翔

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

東京ドームで行われた横浜DeNAベイスターズとの6回戦。巨人先発の今村は、六回途中まで投げ被安打4無失点の投好を見せる。一方の打線は二回、四球とヒットで二死一、三塁のチャンスを作ると、立岡の中堅へのタイムリーで先制。さらに六回、相手エラーなどで2点目、坂本の犠牲フライで3点目を挙げリードを広げる。今村の後を受けたリリーフ陣も無失点に抑え、巨人が3対0で勝利。今村は、およそ2年ぶりの白星を挙げた

Yomiuri Giants Official Web Site

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今日は今村の初勝利と完封リレーの投手陣に尽きるかな

5回2/3で、わずか被安打4本ながら99球投げてのピンチでは交代もやむなしというところで、球数の多さは大きな課題として残ったが、それでも低めを丁寧について内野ゴロで仕留めてゆくピッチングは試合を重ねるごとに成長している

右バッターに対して逃げてゆくようなボールがあると、もっと早いカウントで勝負を仕掛けられるんだろうけど、それはまぁ来季への宿題として、とりあえずは今のピッチングスタイルを続けながらスタミナをつけていってくれればイイ

まぁ、6回の時点で打線が3点くらい取っていれば、同点までならOKくらいの感じで続投させてもらえてたのかもしれないけれど、これも噛みあわせだからしょうがない。今日に関しては宮國に感謝だね

その宮國だけど、今季初登板がピンチの場面ということで、打たれるのか、抑えるのか、どっちに転ぶのかドキドキしながら見ていたんだが、早めに追い込んだことでロペスが無理矢理バットに当てにゆく感じとなって、うまく切り抜けられた。キレもあったし上々のスタートを切れたことで、疲弊気味の中継ぎ陣にとって心強いピッチャーが戻ってきてくれたのは嬉しい限り。特に宮國は先発経験者なので、ロングリリーフも期待できるし、四球連発でゲームを壊す心配はあまり無いので、先発が崩れた時にゲームを立て直すことも出来るピッチャーとして、いてくれると本当に助かる

(本当はコマ不足のローテにおいては、先発をやってほしい気持ちもあるけど…)

まぁ、不調のDeNA打線に助けられた部分はあるとはいえ、グッさん、マシソン、澤村の勝ち継投が無失点で抑え、完封リレーで今週の最後を飾れたのは、昨日負けていただけに来週に繋がる形で終われて本当に良かった

打線に関しては、何度となくチャンスは作れども、そこは相手もDeNAのエースだからなかなか点を取るのは難しいか…結果的には6回の2点は半分はもらったような点なので、もぎ取ったという意味では立岡のタイムリーだけ(涙)

この3連戦はDeNAの投手陣の良さが際立っていたので、点を取るのに苦労したのは理解はできるけれど、まぁ原因はギャレットだよなぁ~他の野手も打てないことはもちろんあるけど、翌日には打ってくれたり固めたりとかしているのでまだいい。今のギャレットはまぐれ当たりを期待するしか無いくらいバッティングを完全に狂わされてしまっている。

内田コーチはまだ判断するには早いと言っているようだけど、そうであれば、せめて何かワンポイントだけでも修正するか、特打的な特訓でもしなければ厳しそうだ。

去年までの不安定な4番バッターに変更からの反省か、由伸監督はクリーンアップをいじることはしなさそうだし、個人的にはそれでもイイと思っているけれど、今の状態で甲子園で阪神との3連戦を戦うのはちょっと不安

移動があるので、明日じっくりとコーチするってわけにはゆかなそうだし、とりあえず暫定でクルーズを4番に置いて、亀井、村田の後くらいに打たせて気分転換してあげるというのも、何かのきっかけを取り戻すチャンスにならないかな?と思ってみたりもする

(せめて阿部が戻ってくるまでは、何とか開幕当初の状態をキープして欲しかったんだけど、思いの外、下降するのが早かった…(涙))

チーム防御率がやっとこさ3.00を切り、2.99になった。前回の阪神戦で一気に上がった防御率をここまで戻すのに随分苦労したな。一方でチーム打率はワースト2位の.252。この3連戦でまた下がってしまった形で、藤浪、岩田、メッセあたりが来そうな阪神との戦いでは、さらに悪くなる可能性もある

現時点では、まさに去年と同じって感じになってしまっているので、もう一度、打線の奮起に期待せざるをえない。ま、去年と違うのは長野の体調が万全で、坂本も下半身の心配はあるものの、成績自体は悪く無いというところ(昨季までの坂本なら今日の犠飛は内野のポップフライだったろう)、村田が(今は)好調を取り戻しているという点だろうか。去年はアンダーソンが美味しいところで打ったりしていたが、今年はその役割をクルーズがアンダーソン以上に担ってくれているというのも何気にデカイ

それにしても、内海、マイコラス、大竹、杉内がいない状況を考えたら、田口と今村の頑張りは本当に評価できるし、これだけコマがいない中で、よくリーグ1位の防御率をキープし、首位に立ててるな…と改めて思う

(つくづく野球はピッチャーを含めた守りなんだなと)

まぁ他のチームも色々と弱点と悩みを抱えているようなので、しばらく混沌とした状況は続くんだろう。DeNAが巨人以上にクリーンアップ特にロマックとロペスが打てなくて苦労しているけれど、投手力はリーグ2位の安定感があることから、リーグ途中の補強だったり倉本の打順をあげるとかすることで活性化すると、一気に駆け上がってくる可能性は高く、ひょっとすると去年の逆(折り返し時点では最下位でも後半一気に上昇するなんて)パターンもありえるかも?と、この3連戦を戦ってみて思った

勝ったんだからグチはこれくらいにして、日曜恒例のビールを飲みながらの、スポーツニュースのハシゴとゆこう。今日は朝からマエケンの好投に興奮し、ゴルフのフジサンケイとザッピングしながらの野球観戦で疲れた(笑)

管理人:みんぐ

http://ameblo.jp/ming-maro/