4/16 巨 6-5 広 → ナイス粘り勝ち!村田ぁ~~見たかったのはソレだよぉ!

巨人 6-5 広島 → 対 広島:3勝1敗0分 東京ドーム

勝利投手:田原誠 10試合 1勝 0敗 0S

セーブ :澤 村 9試合 3勝 0敗 4S

敗戦投手:黒 田 4試合 2勝 1敗 0S

投手リレー

巨人:田口→小山→田原誠→戸根→マシソン→山口→澤村 捕手:小林

広島:黒田→横山→永川 捕手:石原→會澤

本塁打

巨人:村田1号ソロ、クルーズ4号ソロ

広島:

日テレG+ にて観戦

解説:吉村禎章 実況:上重 聡

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

東京ドームで行われた広島東洋カープとの4回戦。試合は序盤から激しい点の取り合いとなった。巨人は初回、広島先発・黒田の立ち上がりを攻め、クルーズと亀井のタイムリーで3点を奪うが、続く二回に先発・田口が1点を失う。その裏、ギャレットのタイムリーで再びリードを3点に広げるが、三回に田口が2本のタイムリーを浴びて4対4の同点とされる。その裏、村田の今季1号ソロで再びリードを奪うが、四回にリリーフ陣がつかまり、またも同点に。5対5で迎えた五回、クルーズが勝ち越しのソロホームランを放ち、巨人が3度目のリードを奪うと、リリーフ陣がこの1点を守り抜き、巨人が6対5で勝利。試合後に阪神が敗れ、巨人がセ・リーグ単独首位に立った

Yomiuri Giants Official Web Site

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

序盤は乱打戦で点の取り合い、中盤以降は1点をめぐっての攻防と非常に見応えのあるゲームで、野球ファンとしては非常に楽しめたゲームだったけど…

巨人ファンとしてはハラハラドキドキで心臓に悪かったよ(汗)

先発の田口は、ここまでエースクラスのピッチングで非の打ち所がなく、足りないのは勝ち星だけだと思っていたんだが、今日は終始、本調子では無かったな

初回こそ無失点でしのげたけど、今日は珍しく四球が多く、制球に苦しんでいた感じだった。解説の吉村氏が言うように、特にランナーを出してクイックで投げなければいけないタイミングでは、制球だけでなく球威までなくなってしまっていた。それが田口の中で「あれ?おかしいな」という事になってしまい、修正できずにズルズルと行ってしまったような展開になってしまった。

本来なら2イニングで4点とってもらうことなんて、これまで無かったわけで絶好の勝利のチャンスだったにも関わらず、自らのピッチングで初勝利を逃してしまった…

(ゲーム後に「守りに入ってしまった」と反省してたけど、これまでビハインドとか、0-0って緊張感の中ばかりだったので無理ないか(笑))

ま、本調子では無かったのは黒田も同じで、全体的にボールが高く、前回の反省からファーストストライクを積極的に打ってゆこうという個人打線の思惑とピッタリはまってしまい、5イニングで6失点というらしくない結果になってしまった

そういう意味では、今日はお互い様だったので、勝負は必然的に中継ぎ以降の勝負となってくるのだが、由伸監督は今日は見切りが早かったね。試合後に「早くゲームを落ち着かせたかった」と言っていたので、このゲームに関しては、あれ以上田口を引っ張っても良いことは無いと思ったのでしょう。ただ、誤算だったのは小山…田中にヒットを打たれたのは仕方無いにしても、せっかく小林が盗塁を指して2アウトランナー無しになったのに、丸、安部と連続四球では話にならない。

4回からの登板が緊急登板だったのか、ある程度、想定して事前に練習出来てからの登板だったのかわからないけれど、先発ローテが心もとない中、本来は中継ぎもしくはロングリリーフで安定感を見せて、ローテに割って入らなければいけない立場なのに、あれではちょっとガッカリ。

それこそ、田原の登板こそ慌てての事だったろうし、好調のエルドレッドが長打狙いじゃないバッティングをしてきたら仕方ない。

何とかゲームを落ち着かせようという由伸監督の期待に応えられなかったという意味では、田口以上に反省しなければいけないのは小山だった

以降は、皆な頑張った。マシソンが7回が良すぎたし、1点差ってことで投手も残しておきたかったしってことで8回もいかせたのはしょうがない。代打は予想されたとはいえ、打線は下位だったので本来なら7、8、9番を3人で抑えて、9回に1番バッターから澤村に!って思ったのだろう

グッさんに前回黒星ついてるし、ちょっと怖いという考えも由伸監督にはあったのかもしれない、松山が代打で出た時に交代という選択肢もあっただろうけど、ギリギリまで代えなかったのは出来ればこの回はマシソンで終わらせて欲しいという願いがあったんだろなと思う

結果的には1アウト2、3塁で<span class=”fs-1”>同点どころか逆転まで覚悟しなきゃいけないような場面を</span>グッさんが無失点で抑えてくれて、本当に感謝

打線は長野にこそヒットは無かったものの、守備でファインプレーがあったので帳消し。あとは今日は並々ならぬ想いで打席に入ったであろう立岡が猛打賞と元気なところを見せてくれた。打ったヒットは全て逆方向で、引きつけてからの強い打球が素晴らしかった。引っ張ってホームランってのが2本あったので、そのイメージが頭の片隅あったのか、悪い日もあったけど、今日の猛打賞で自分のバッティングを思いだせてくれたかもしれない。特に左のライン際に飛ぶ打球は一気に2ベースとなるので、あのコースには積極的に狙って行って欲しい

そして効果的だったのが村田のホームランとクルーズのホームラン

先日ヤクルト戦でバレンティンに逆方向に打たれたホームランに関して、「村田にもアレが出来るはず」って書いたのだが、まさにリクエスト通りの逆方向へのアーチで、ここのところスイングに安定感が出てきた村田にとって待望の一発は、ここからクリーンアップ返り咲きに向けての序章になるかもしれない

(ま、両外国人に故障でも無ければ4、5番を打つってことは無いだろうけど)

そしてフォークを狙っていたというクルーズのホームランもナイス。随分前目で当てにいったなと思ったのだが、落ちきる前に叩こうということだったのね。確かに狙って打たなきゃ、スタンドに持って行くまで体重を残しきれなかったと思うので、タイミングを崩されて何とか当てたラッキーな当たりと一瞬でも思ってしまった自分を反省だわ

(初回のタイムリーはラッキーだったけどね(笑))

初回、田中に打たれたヒットはショートが坂本なら追いついてたろ!と思って、クルーズの守備範囲に不安を持っていたけれど、攻撃面でそれ以上の働きをしてくれたので全然OK!

体調不良から戻ったギャレットもタイムリーを打ったし、まずは良かった。4回の三振は黒田だったらフルカウントからでも平気でフォークを投げてくるって頭があれば、ギャレットなら見切れただろうけど、よく見れば絶妙の高さだったのでしゃーないか

キャプテン坂本をスタメンから外しての状態だけど、両外国人と村田が頑張ってくれるなら、立岡、長野次第でもっと点が取れるようになるでしょう。立岡が出塁さえしてくれれば、片岡の犠打、進塁打はチームで一番成功率高いし…

初回の3点で完全に勝ったと思ったゲームが一転、ヘタしたら7~8点とられるんじゃないか?とカープ打線の恐ろしさを感じつつ、追いつかれながらもギリギリで追い越されなかったことでもぎ取ったこの1勝は非常にデカイ。菅野以外、全敗してもおかしくない不安定なローテの中、唯一安定感のあった田口が打たれたのはショックだったが、結局負けがつくこと無くチームも勝利。借金2個位は覚悟していた今週のゲームも、上手く行けば勝ち越せるかも?という状態に持ってくることが出来た

周りを見回せば、勢いのあると思われた阪神にも穴があるし、決して順風満帆では無さそう。攻守においてトップの成績の広島相手に1つ取れたってことで、不安だらけのチーム状態の中、選手は頑張ってるなと元気をもらいました

明日の今村 vs 福井もなかなかヘビーな試合だけど、今日の7回のマシソン、8回のグッさん、最終回の澤村を見ると、球はなかなか走っているので、しっかり準備さえ出来れば、明日もブルペン総動員で強打カープ打線に立ち向かい、長野、ギャレット、クルーズ、村田が地の利を生かして花火を打ち上げてくれるよな展開に持ち込めれば、開幕からの日曜4連勝っての出来なくは無いなと期待してしまう

追記

今シーズンのプレポスにも何度となくツイッターに入れてるんだけど…プレポス愛好会の勢いに押されて、なかなか取り上げて貰う事がない(涙)ま、しつこくつぶやき続けるか(笑)

管理人:みんぐ

http://ameblo.jp/ming-maro/