4/12 巨 2-6 ヤ → ポレダが計算出来ないと、しばらくは苦しいな…

巨人 2-6 ヤクルト → 対 ヤクルト:3勝1敗0分 神宮球場

勝利投手:成 瀬 3試合 2勝 1敗 0S

セーブ :

敗戦投手:ポレダ 3試合 1勝 2敗 0S

投手リレー

巨人:ポレダ→田原誠→小山→土田 捕手:小林

ヤクルト:成瀬→ルーキ→ペレス→オンドルセク 捕手:中村

本塁打

巨人:坂本2号ソロ

ヤクルト:

フジテレビONE にて観戦

解説:江本孟紀立浪和義大久保博元 実況:田中大貴

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

神宮球場で行われた東京ヤクルトスワローズとの4回戦。巨人先発のポレダは三回に連続四球からピンチを招き、失策も絡んで3失点。四回にもバッテリーエラーで1点を奪われるなどミスが失点につながってしまった。あとを受けたリリーフ陣もヤクルト打線を止められず、失点を重ねた。打線は四回に坂本のホームラン、五回に長野の犠牲フライで反撃するが、後半はチャンスであと1本が出なかった。巨人は今季ヤクルト戦初の黒星でカード初戦を落とした

Yomiuri Giants Official Web Site

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ストレートとわかっていても差し込まれたり、芯で捉えるのが難しいのがポレダのピッチングスタイルだが、それでも狙われると厳しい

変化球でストライクが取れなければボール先行となり、結局見え見えのストレートを投げるしか無い、それが真ん中近辺に行けば、もともと攻撃力の高いヤクルト打線に捕まるのは当たり前の話で、今日は守備の乱れも相まって、最悪の結果になってしまった

前回の阪神戦同様、足でかき回そうというヤクルトの攻撃もかろうじて小林が不正だものの、それによる心の動揺は少なくなかったのも影響したのかもしれない。

他の投手にも言えるけど、ボール先行で球数も多くなり、配球の幅も小さくなってしまえば、ヤクルトのようにミート力の高い相手と戦うのはかなり不利

本来なら、首位と最下位のチームの戦いで、こちらはどっしりと構えて、ドンドンストライクを取ってゆき、相手を上から見るようなつもりで戦えば、苦手な神宮とはいえ互角以上に戦えたはずなのだが、むしろ落ち着いていたのはヤクルト側で、浮足立ってしまったのはこちら側だった

レダがまだエンジンのかかりが悪く、計算がしづらいとなると、もともと先発のコマ不足の巨人としては厳しいな

今日の菅野が神宮の呪いを断ち切って、館山に投げ勝ってくれればまだ少し希望は見えるけれど、もしも今日負けるような事になれば、今週は悲しい結果が待つということも十分にありえる。

(週末は打線元気な広島相手だし)

マイコラス、内海、大竹の早い戻りが待ち望まれるけれど、中途半端な仕上がりで戻ってきてもかえって混乱するだけなので、今しばらくは我慢の時か…

攻撃に関しても、昨日は成瀬が非常に良くて多彩な変化球が低め中心に決まってた。

目線を上げて高めを待っていたようだけど、なかなか打てるボールが来てくれなくて、結果的に低めに手を出さざるをえない。もしくは低めはダメだ!と意識しすぎて、身体が反応してしまうという状況で、打ち崩すにはいたらなかった

坂本がらしいバッティングでホームランを打ち、下位打線からチャンスを作って上位に回したものの長野は犠牲フライが精一杯、2度の得点チャンスで立岡が倒れるなど、追いつくにはいたらなかった(バレンティンの好返球もあったが…村田真剣に走ってたか?(笑))。1点返しても1点返されるという形になってしまうと、どうしても相手側の方に勢いが生まれてしまうので、攻撃にも幅がもたせられず、終わってみればヤクルトの良い所が出て、巨人の悪い所が出たという試合になってしまった

まぁ、こういった光景は昨年、何度も見たので慣れている(涙)けれど、阪神、中日、ヤクルトと3カード連続で初戦を落としたのは痛い

バレンティンが4番に座り2安打したことで、今日の菅野はヤクルト打線に手こずりそうな気もするし、神宮球場なので、好投してもここぞの場面で被弾する可能性は高い。

今日も寒そうなので、館山が本調子で無いことを祈り、打線が早い段階で援護して楽な展開に持ち込めるような展開になることを願うしか無いか・・・

(向こうは先発全員安打で気を良くしてるだろうからなぁ~心配だわ)

管理人:みんぐ

http://ameblo.jp/ming-maro/