4/6 巨 3-0 阪 → エース同士で1勝1敗 見応えのある好カードになったなぁ!

巨人 3-0 阪神 → 対 阪神:1勝1敗0分 東京ドーム

勝利投手:菅 野 3試合 2勝 0敗 0S

セーブ :

敗戦投手:岩 田 2試合 0勝 2敗 0S

投手リレー

巨人:菅野 捕手:小林

阪神:岩田→歳内→高橋→金田 捕手:梅野

本塁打

巨人:

阪神

日テレG+ にて観戦

解説:山本 昌 実況:河村 亮

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

東京ドームで行われた阪神タイガースとの2回戦。巨人先発の菅野は、走者を許しながらも、要所を締め無失点に抑える立ち上がり。均衡した序盤だったが、先制したのは巨人だった。四回、二死三塁の好機に、村田が右翼にタイムリーヒットを放つ。五回には、立岡のタイムリーヒットと、内野ゴロの間にさらに2点を追加する。菅野は四回以降、圧巻の投球で阪神打線を寄せ付けず、内野安打の1本に封じた。九回も三者凡退に打ち取り、見事完封勝利を飾った。巨人がエースの好投で、今季初の完封勝ちを収め、阪神との対戦成績を1勝1敗とした

Yomiuri Giants Official Web Site

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今日は守備で良いプレーが出たね、初回のクルーズのライナーキャッチは、立ち上がりに苦労したという菅野を助けたし、中井の捕球後のセカンドへのストライク返球もピンチが広がるところを回避した素晴らしいプレーでした

昨日の阪神選手の走塁を見て、巨人ナインにも火がついた感じだし、菅野のヒットや走塁も「藤浪には負けてなるものか」という意思を感じるようなプレーだった

無失点を続けてると、時々エアーポケットに入るような球が行ってしまう事がある菅野も、昨日の阪神の攻撃を見ているからか、要注意バッターに対しては細心の注意をはらっているように見えたし、少しでも長くイニングを投げるためか、ランナーが出るまでと出てからでギアを変えるピッチングで、ピンチは作っても得点は許さなかった

何より解説の山本昌氏が、菅野は全てが90点以上のピッチャーで、今シーズンはリーグ1だと太鼓判を押してくれたことが何よりも嬉しかった・・・

欲を言うなら、もう少し早い回で先取点を取れていれば良かったけれど、決して相性が悪く無いとはいえ、巨人打線が基本的に苦手にしているムービングボールを投げる岩田が、前半まではしっかりと低めに制球されていて、打てるボールが少なかった

明日のメッセもムービングボールを投げてくるので、今日のバッティングをベースに、さらに上乗せして援護できるように、打線が引っ張るゲームを見せてもらいたい

チームにとって良かったのは、昨日の大敗と今日の完封のおかげで、月曜から数えて3日間中継ぎを休ませることが出来たこと

(昨日投げた小山と土田には悪いけど)

明日の平良は後先考えず初回から飛ばして行って、何かあれば後続に任せるというピッチングが出来るのは大きい。3点差だったので澤村を投入する選択肢もあったと思うけれど、今日の菅野はスタンバイの必要がないくらい集中力があって、安心感をもって見ていられた。

(もちろん本人にも中継ぎを休ませたいという意思と、昨日の借りは完封でこそ返せるという強い気持ちがあったと思う)

さて、その平良だけど、昨年ファームで何度か見た

とにかく投げっぷりの良いピッチャーという印象が強いけれど、いきなり阪神戦というプレッシャーとどう戦ってくれるのか非常に楽しみ。「初物に弱い巨人」という事をよく言われるが、ぶっちゃけ生きの良い初対戦のピッチャーを得意にするチームなんて、そうそう無いわけで、阪神打線も苦労するんじゃないかと勝手に予想

幸いにも今日、菅野が勝ったことで、明日負けたとしても、ひとまず首位陥落は無いわけで、基本的にはノープレッシャーで自分のピッチングをアピールしてくれれば、それで充分。もしも勝てれば大きな自信になるし、負けたとしても課題が見えるという事で、次なるステップに進むための糧になる

正直なところ、初物対決とはいえ、今の阪神打線を押さえるには、今日の菅野くらいの精度とキレが必要なので、簡単には行かないと思うけれど、若者らしさを全面にアピールしてくれれば打線がなんとかしてくれると信じて初回から全力投球でがんばろう!

それにしても、高山は良い選手だなぁ

昨日も思ったけど、それでも昨日は「飛んだところもラッキーだった」という印象が半分くらいあった。ただ、今日の2打席目のヒットは「あそこをあぁさばくか!」とびっくりさせられた。今日の山本昌氏の解説にもあったように、インハイが弱点っぽいというモノが少し見えてきたけれど、あそこに威力のある球を投げ切れるピッチャーは今日の菅野くらいか・・・そこ以外は危ないし、そもそも打てるゾーンの幅が大きくて、バットコントロールが素晴らしく、身体もブレないので、なかなか押さえるのは難しそうだ

金本監督に「自分が追い求めていたバッターに近い」と言わしめるだけあって、確かに良い選手だわ

何となく見え隠れした弱点を軸に、小林と平良がどういう風に押さえるのか、今から楽しみにさせてもらうとするかな

管理人:みんぐ

http://ameblo.jp/ming-maro/