4/5 巨 2-8 阪 → はぁ~派手に負けたね、ま、切り替えてあした明日!

巨人 2-8 阪神 → 対 阪神:0勝1敗0分 東京ドーム

勝利投手:藤 浪 2試合 2勝 0敗 0S

セーブ :

敗戦投手:ポレダ 2試合 1勝 1敗 0S

投手リレー

巨人:ポレダ→土田→小山 捕手:小林→加藤

阪神:藤浪→榎田 捕手:梅野

本塁打

巨人:堂上1号ソロ

阪神

日テレG+ にて録画観戦

解説:山本浩二野村謙二郎 実況:

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

東京ドームで行われた阪神タイガースとの1回戦。巨人・由伸監督と阪神・金本監督による新監督同士の初対決となった。巨人は先発のポレダが初回に先制を許すが、その裏、ギャレットのタイムリーヒットですぐに同点に追いつく。しかし三回に3点を勝ち越されると、六回にも痛い4失点を喫した。七回に堂上のソロホームランで一矢報いるが、反撃もここまで。巨人は2対8で敗れ、今季の「伝統の一戦」は黒星スタートとなった

Yomiuri Giants Official Web Site

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

敗因ですか?そりゃ、ポレダが打たれ、藤浪を打てなかったからですよ

で、終わりたい感じ(笑)

負けゲームは余り振り返りたくないので、まぁ個人的に印象に残ったところだけを…

今日はポレダに対する予習が阪神にはできていて、もともと弱点である足を使われるという、新しい阪神のスタイルにリズムを崩され、去年までの相性と東京ドームというホームでの雰囲気に甘く見ていた(と個人的には思ってる)ナインが、???な状態の中で気がついたら大量失点をしていたというところだろうか?

そもそも去年までの実績など金本監督には全く関係なく、ポレダとの相性に関係ない高山や横田が元気な時点で、それなりの準備をしていなければイケなかったはずだが…

(個人的にはジンクスとか大好きなんで、多少安心していた部分はあるけど、ゲームやる選手は1試合ごとにリセットして貰わないとね)

もっとも悪いのは、一番冷静でいなければいけないはずの小林が、またもやダブルスチールを決められ、ゴメスの盗塁をノーマークにし、ポレダを落ち着かせることも出来なかったことだろうか?

途中、ポレダが熱くなっていた感じだったが、マスクの中の小林が実は一番熱くなって自分を忘れていたのではないだろうかと思う

主導権を取られたことで、守備のミスも続き、流れを変えるきっかけすら作れずに終了してしまったのは非常に残念

最後に意地を見せるチャンスは作れたけど、見送れば全てボールだった藤浪の球を振りまくって三振してしまったギャレットも、熱くなってリキんでいたか…

阪神に勢いがあるといってもゲーム開始時点では、チーム打率も防御率もほとんど変わらなかったわけで、オーダーを1人ずつ比較しても決して負けてはいない

(ってか、むしろ勝ってる)

初回、先に点を取られたものの、すぐに追いつく(ここで追い越すまで行ければ、結果は違ったかもね)あたりは状態の良さを見せたし、1敗したからといって落ち込む必要は全く無い。

「超変革」がスローガンの金本野球は、事前情報はしっかり頭に入っていたと思うけど、いざ自分の目で見て感じたことで、明日は対応出来るだろうし、向こうのエースでやられたんだから、今度はこっちのエースでやり返せばいい。

心の片隅で「そろそろ片岡をセカンドに…」と言いかけている自分がいるけれど、まだ一回りもしていない時点でバタバタするのはチームの雰囲気も悪くしそうなので、まだ心の中にだけ留めておくことにする(笑)

(こっちが心配しなくても内田コーチが、クルーズとしっかり話をしてるでしょうから)

管理人:みんぐ

http://ameblo.jp/ming-maro/