10/15 巨人 0-4 ヤクルト → 先に点とっときゃ違ったんだろうが、まぁしゃーない

巨人 0-4 ヤクルト → 対 ヤクルト:1勝2敗0分 神宮球場

勝利投手:小 川 1試合 1勝 0敗 0S

セーブ :

敗戦投手:マイコラス 1試合 0勝 1敗 0S

投手リレー

巨人:マイコラス→戸根→田原誠→高木勇 捕手:小林→加藤

ヤクルト:小川→バーネット 捕手:中村

本塁打

巨人:

ヤクルト:

フジテレビONE にて録画観戦

解説:若松勉 実況:向坂親興

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

神宮球場で行われた東京ヤクルトスワローズとのクライマックスシリーズ・ファイナルステージ第2戦。巨人先発のマイコラスは、三回まで無失点の好投も、四回に味方の野選も絡み2点を失う。さらに六回にはバレンティンに2点タイムリーを浴び、ここでノックアウトされる。一方の打線も、二回に満塁の好機をつくるが無得点に終わり、その後も本塁が遠く散発6安打で完封負けを喫した。対戦成績は、ヤクルトのアドバンテージ1勝を含めて1勝2敗となった

Yomiuri Giants Official Web Site

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

マイコラスだって万能じゃないからね、こういう時もあるよ

ただ、立ち上がりに球が上ずっていた小川を攻めた序盤、1、2回(百歩譲って4回も)に1点でいいから先に取れなかった事が全てだったかなぁ。マイコラスだって本調子じゃなかったけれど、ヤクルト打線も昨日の元気の無さを序盤までは引きずってた

悔いるなら、先に点取れていれば、それはそれでヤクルト打線にプレッシャーをかけることが出来たし、マイコラスももう少し余裕を持って投げられた。守備をミスするような焦りも生まれなかったかもしれない

どれだけマイコラスが良いピッチャーでも、リーグ1の打線とリーグ最下位の打線が、敵地で戦えばこんなもんでしょ。中盤以降はヤクルト打線の当たりが良い所に落ちたり、こちらの当たりがギリギリ守備範囲内だったりと運の要素も絡んだけれど、それはピッチングで粘れず、走塁、守備にミスが出てしまったことから来る野球の神様のジャッジメントだったと思う

初回の立岡の牽制死は痛かったけれど、個人的には余り責めたくは無い

CSファーストの時もギャンブルプレーに近い采配はあったし、昨日も決して守りに入らず攻めの気持ちがあったから勝つことが出来た。隙あらば一つでも前の塁に!という気持ちは持ち続けて欲しいが、そういうプレーは成功すれば絶賛され、失敗すれば非難される

じゃあ、どっちを取るかと言えば、私は失敗しても、無謀と言われても積極的に貪欲なプレーをすることを賞賛したい。立岡にしても、あそこで牽制死したことで、次から一歩を出すタイミングを遅らすようでは失敗した意味が無いし、やられたからこそ、今度こそ小川のクセを見抜いてやろうという気持ちが湧いてくる(はず)。

8回にも3塁まで欲張ってアウトになったけど、ほんの少しでも送球がそれてセーフになっていたら、他のナインに勇気を与えることにもなる。最終回の長野の飛球を比屋根の快速でセンターフライにされた場面など、今日はヤクルトの方に風が吹いたということだと思うが、そういう時に風向きを変えるのは積極的なプレーなわけで、ミスをしたからといって明日以降、安全第一なプレーに方針変更はしないでもらいたい

あくまでも巨人は2位のチームで、自分たちより強い1位のチームを相手に、1敗のビハインドと敵地という悪条件で勝つには、ペナントと同じプレーをしていてはダメなわけで、明日以降も「???CSの巨人はペナントとは違う雰囲気を持ってるな」と思わせるような頑張りを期待したい

(一方のヤクルトは、1位のチームなのだから、リーグ戦でやってきたことを如何に短期決戦で出せるか、というやり方で良い)

恐らく明日は菅野なんだろう

さすがに、明日負けたら、9割以上厳しくなるのはわかってるし、相手だって明日勝てば一気にCS突破出来るはず!って思うだろう。今シーズン、神宮で勝ててない菅野だからこそ、その悔しさをCSでぶつけることで「レギュラーシーズンでは勝てたのに・・・」と相手に思わせるようなピッチングで、起きてしまったヤクルト打線をもう1度沈黙させてもらいたい

個人的には中盤以降、攻められ続けてて、なんか6~7点くらい取られていたような気分だったけれど、冷静に考えると、綺麗に取られた点はバレンティンの2点タイムリーくらいで、あとは防ごうと思えば防げた、もしくは最少失点でおさめられたはずって考えれば強打ヤクルト打線の猛攻を多少は凌いでいるって、前向きに考えるのが良いなって思う

幸いにも立岡は終始攻めの姿勢を貫いているし、阿部もチームバッティングに徹している。長野、亀井にもう少し突破力が欲しいけれど、長野は惜しい当たりもあったし、亀井の2回のバントは見事だった

どの選手も集中して戦っている中での結果なので、今日の敗戦はとっとと忘れることにしよう

管理人:みんぐ

http://ameblo.jp/ming-maro/