8/5 巨人 6-5 ヤクルト → 夏男村田降臨!?暑い夜の花火大会を巨人が制して首位キープ!

巨人 6-5 ヤクルト → 対 ヤクルト:10勝5敗0分 神宮球場

勝利投手:宮 國 24試合 3勝 0敗 0S

セーブ :澤 村 42試合 5勝 3敗 25S

敗戦投手:ロマン 47試合 2勝 2敗 0S

投手リレー

巨人:小山→宮國→山口→マシソン→澤村 捕手:加藤→小林

ヤクルト:小川→松岡→ロマン→オンドルセク→秋吉 捕手:中村

本塁打

巨人:長野12号3ラン、村田7号ソロ、村田8号2ラン

ヤクルト:小川1号ソロ、雄平5号ソロ

フジテレビONE にて観戦

解説:平谷沢健一 実況:近藤雄介

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

神宮球場で行われた東京ヤクルトスワローズとの15回戦。首位攻防戦にふさわしい競った試合展開となった。三回に小山がヤクルト先発・小川にソロホームランを浴び先制を許すも、五回に長野の3ランで逆転、村田のソロホームランで加点する。しかし、その裏、ヤクルトの猛攻で同点に追いつかれると、六回、雄平の1発で勝ち越しを許す。巨人打線も粘りを見せ、七回、村田の2ランホームランで再び逆転。九回に澤村が一死二、三塁のピンチを背負うも、気迫の投球で逃げ切り6対5で試合終了。公式戦通算10000試合目という記念すべき試合を接戦で制し、首位を堅持した

Yomiuri Giants Official Web Site

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

巨人の得点全てがホームランによる花火大会なんてどれくらいぶりだろう(汗)

個人的には、出塁して、走って、撹乱して、さらに繋いで、タイムリー!ってのが好みではあるのだけれど、だからって花火が嫌いなわけじゃない(笑)それも長野、村田の日大コンビによるものであれば嬉しいに決まってる

館山、小川、石川と巨人を3タテする気マンマンだったヤクルト相手に(個人的にはまさかの)2連勝。1勝2敗で一時的に首位から退いてもしょうがないと対戦前には思っていただけに、正直なところ嬉しい誤算であるとともに、これで勢いがつかなければ何時つける!と言いたくなるような連勝となった

確かに今日のヒーローは村田で文句はないのだが、影のヒーローを上げさせてもらうなら、昨日、今日と大活躍の立岡と吉川に殊勲賞を送りたい

立岡の初回の3盗は恐らくスコアラーと立岡がきっと温めていた走塁に違いない(小川のモーションは決して早く無いので、多少は走りやすいだろうけど)。2度は通用しない一度きりの盗塁だと思うが、あの度胸と積極性は今の巨人にはいないタイプ。

その後、塁上でさされたり、盗塁失敗などもあるが、ミスした後も走れるメンタルの強さと前向きなプレーは、きっと原監督は嫌いではないはず。今日に関しては牽制でアウトになっても片岡が2塁打でカバーしてくれるという流れも味方したとは思うが、打席での思い切りの良さと追い込まれてからの粘り強さは(現状では)1番バッターにふさわしい。

あとは経験をどんどん積んで、ミスを反省しながらさらなるレベルアップにつとめ、守備のやらかしを減らしてゆけば、不動の一番バッターになれるかもしれない。何よりも必死なプレーはナインを元気にさせるし、チームの雰囲気を良くさせる。

(橋本、大田!負けないように頑張れ!)

そして、昨日から急遽坂本の代わりとして抜擢された吉川は今日も好守に躍動してた。守備の動きもいいし、右方向に左方向での猛打賞をアピールされたら、坂本の帰る場所が無いじゃんよ!とテレビの前で言いそうになり(笑)これで村田まで復調したら、坂本復帰時に何処で使うか嬉しい悩みが原監督に生まれそう。

解説の谷沢氏もバッティングスタイルの違いを指摘していたけれど、今の脇の締まったスイングは非常に合ってる。元々長野並に手首の強い選手で強い打球が打てるし、俊足で守備も上手い。そりゃそうでしょう、中日ではあの立浪の背番号3をもらっていたほどなわけですから・・・練習態度が問題で解雇されたなんて噂もありますが、崖っぷちを味わったことで持っていた才能が開花したということになれば、巨人にとってもこんなに嬉しい補強はありません。このまま1軍で経験を積んでゆけば、いずれ打球の角度も良くなって遠くまで飛ばせるようになるでしょうし、井端先輩の後継者として巨人で立岡とともにユーティリティプレーヤーとして大成することもありえる若手になりそうです

ただ、二人共に言えることですが、ここ数年の巨人は状態が良くなった時に限って、故障やケガで離脱ってのが多いので、好調だからとゲーム前後のケアを怠らず、しっかり疲労も抜くような身体のメンテをしっかりやって、気をつけて欲しいと思う

と若手を持ち上げたところで村田の話をしよう

先日のファーストを守った気分転換あたりから、急に良くなってきたように思う。カスティの入団も刺激になっているだろうけど、何よりもやはり彼は夏男!神宮球場のフェンスの高さだから入ったと知人にチクリと言われたけれど、それでも2打席連続ホームランは村田にとって最高に気分の良い夜になったに違いない

得点圏で全く打てない男が昨日、今日と帰す人になったわけで、こちらとしても驚いているが、本来は出来る子なわけだから、これをきっかけにまた月間MVPを狙えるくらいに打ちまくってくれれば、今シーズンの8月は9月以上に重要な月になりそうなので、4連覇への大きなキーマンになってくれるかもしれない

(と書いてはいるが、そこまで言い切るには明日のゲームが重要となりそう、ホームランとは言わないので、明日もチャンスで結果を出すような打席が持てれば、個人的にはトンネルを抜けた!って言っても良いのではないかと思う)

もともと問題はメンタルと自他ともに認めていた状態だから、今日の2本のホームランで自信を取り戻し、良い気分で明日も打席に立てるなら、最強の6番打者として相手にとって脅威になるだろう

(本当に状態が上がったのなら5番に昇格させたいが、左打者を長野と村田の間に挟みたい気持ちもあるので、当面はこのままかな?)

先発の小山は惜しかったなぁ・・・

勝ち投手の権利が手に入るところでリキんでしまったか、味方が逆転した後に同点に追いつかれるという悲しい結果になってしまった。フォークボールピッチャーなので、ワイルドピッチが多いのは仕方ないのだが、個人的にはあれはカトケンが(予想外だったとしても)しっかりと前に落としてやるべきだったと思う。

その前の森岡のボテボテの内野ゴロが不運だった流れから来てしまっていると思うので、同情の余地はあるけれど・・・・

小山がこの先の救世主になれるかどうかを占う5回だった。せめて1点でもリードを保ったままイニングを終わらせることが出来れば、まぁ今シーズン初登板だったし、緊張もしていただろうからしょうがないよね・・・で終わっていたところだし、監督もそれを期待して追いつかれるまで我慢していたのだと思う。結果的に負け投手にならなかったことで、まだ次に繋がるかもしれないだろうし、小山自身もこのまま終わりたくないという気持ちも強くなっただろう。

もともとローテの一角として、ここまでに5勝くらいはしててもおかしくない立場だったわけで、出遅れた分、これから取り返してくれるような活躍を期待している。

乱れてしまった内容を反省しているだろうけど、ライアンだって気持ちの整理がつかなければ、今日のような4失点を期すわけで、とりあえず今日の失敗は反省しつつも切り替えて、次のチャンスには勝ち投手の権利を手に入れて欲しい

それと澤村は置いとくとして(笑)マシソン!今日も昨日に続いて良かったなぁ~本人はとにかく低めを意識したとゲーム後に言っていたけれど、今日もストレートのキレは良かったし、何よりも変化球が抜けずにしっかりとストライクが取れていたのが良かった。明日も内容的に良ければ、良かった時のマシソンが帰ってきたと思っても良いかもしれず、澤村が落ち着くまでは一時的に配置転換しても悪くないかもって気がしてくるかもしれない(汗)

(ま、巨人のストッパーってのは劇場型なものさって割り切るなら、今のままでも良いけど(笑))

さて、明日は菅野 vs 石川

菅野は前回、ヤクルトにやられちゃってるんで、リベンジして欲しいし、首位争いをしているヤクルト相手に3タテ出来るチャンスが舞い込んできたので、出来る時はキッチリと3タテして差を広げておいて欲しい。そういうチャンスをしっかりモノに出来るのがエースだとしたら、菅野がこの先、さらにレベルアップするためにキーポイントとなるゲームになるかもしれない

そして石川(以下カツオ)が相手になるということは、必然的に長野、村田の右の日大コンビがカツオを如何にして攻略できるかという事が攻撃にキーポイントになる。坂本の状態が明日はどうなのかわからないけど、吉川が好調とはいえ、本来なら右の坂本をスタメンに置きたいところ。カスティーが使えそうなら、そのまま3番においても良いが、初見で石川を打つのは(アメリカにはいないタイプだろうし)難しいだろう。

2番片岡、3番坂本、4番長野、5番村田、6番カスティーと右を並べられるのがヤクルトに取って嫌な打順になりそうだけど・・・実現するかどうかは坂本の状態次第というところか?

(さすがに元スイッチだからと立岡、吉川を右打席に立たせることはしないだろうし)

いよいよ明日から夏のセンバツが始まる・・・

あぁ~なんか夏!って感じで今からワクワクしてくるなぁ、野球好きにとって朝から晩まで野球漬けっていう8月はやっぱりテンション上がるな。でも、球児も応援する人も今年の夏も暑いので、熱中症にだけは気をつけて頑張ってください

管理人:みんぐ

http://ameblo.jp/ming-maro/