7/21 巨人 1-2 阪神 悔やまれるあの一球…でもま、1点とれて良かったと思うべきか(涙)

巨人 1-2 阪神 → 対 阪神:10勝6敗0分 甲子園球場

勝利投手:メッセンジャー 17試合 6勝 7敗 0S

セーブ :呉昇桓 40試合 2勝 2敗 25S

敗戦投手:杉 内 17試合 6勝 6敗 0S

投手リレー

巨人:杉内→笠原→宮國 捕手:加藤

阪神メッセンジャー→呉昇桓 捕手:藤井

本塁打

巨人:

阪神

日テレG+ にて観戦

解説:川藤幸三桑田真澄 実況:尾山憲一(YTV)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

甲子園球場での阪神タイガースとの16回戦。試合は巨人先発・杉内と、阪神先発・メッセンジャーの両者による投手戦に。しかし、杉内は六回、マートンに左翼越えタイムリ二塁打を浴び2点を先制されてしまう。一方の巨人打線は、尻上がりに調子を上げるメッセンジャーを打ち崩すことができない。九回、代わった呉昇桓から、代打・相川がタイムリーヒットを放ち1点を返すも、後続が続かず試合終了。巨人は1対2の惜敗で、連勝はならなかった

Yomiuri Giants Official Web Site

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

最後9回表2アウトまできた時に尾山アナが「やられたら同じスコアでやり返す!!!!」って叫んでる中、ギリギリだけど1点返せて実はホッとしてる(笑)

そのまま0-2でやられるよりは後味的にマシだし、呉昇桓から1点でも取れたことは明日に繋がるんじゃないかと思ってる・・・けど、中井は非常に残念。あの場面で劇的な2ランでも打っていようものなら、明日はスタメンで起用してもらえる可能性は高かったし、これから先、ファームとの入れ替えが続々と行われる事が予想される中、振り落としの候補から少しでも外れるためには今日の打席は中井にとって非常に大事だった

(ストレートを狙うならレフトポールに大ファールでも打つくらいのつもりで、ポイントをもっと前にして狙わないとねぇ、普通に見極めてから打とうとしたらそりゃ差し込まれるよ)

個人的には三振上等で大田を出してフルスイングさせるのかと思っていたんだけど・・・・(汗)

巨人が8安打で1得点、阪神が6安打で2得点、与えた四死球は巨人が2個、阪神が1個と全体を通してみれば非常に締まった投手戦だったと思う。6回にゴメスを嫌ってマートン勝負に行き、インコースで打ち取る球が高めに行ってしまい、それを打たれた・・・杉内にとってはそれまで順調だっただけに、あの一球は本当に悔いの残るボールとなってしまった

インコースを狙ってそうなマートンだったけど、最後はもうインコースを待ってないだろうという裏をかいて投げさせたのかな…インローに決まってれば、ズバっと行けたのかもしれないけど、あのスイングを見る限りは外角の変化球だったら内野ゴロで終わってただろうな…タラレバだけど)

失点はしたけれど、阪神との相性の良さは変わらずだったし、内容的には責めるのは可愛そうだし充分に及第点だったと思う。前回の嫌なイメージを払拭はしたけれど、次の登板はまたDeNA戦になりそうなので、今日の分も含めて次回登板でDeNA相手にしっかりと借りを返して貰えればと思う。

敗因が打線なのは明らかだけれども、打線に苦しんでいるのは阪神も一緒。今日に関しては少ないチャンスをモノに出来た阪神と、チャンスを潰してしまった巨人の差が出たということだと思う。メッセ相手に大量得点を取るのが難しいのはわかっていたし、そうそうチャンスが巡ってくることもないわけで、我慢比べで後半勝負という展開は予想がついてたし、序盤のチャンスに点が取れなかったことは残念ではあるけれど、ま想定内というか・・・(涙)

4回、カトケンにバスターさせた場面も原監督の言ってることには100%同意。送ったところで次が杉内で2アウト2、3塁で立岡となっても得点できるかどうかは微妙なところ。この時点ではお互い0-0だったし、ただでさえ難しいノーアウト1、2塁のバントを成功させることは可能性としては低かったと思う。

それなら前の打席でヒットを打っているカトケンにまかせるというのはまんざら悪い作戦ではないので、運が悪かったと諦めるしか無い。

(あえて欲を言えばファーストゴロを打つつもりでスイングしてれば、あそこまで注文通りのゲッツーになることはなかったし、もっとギリギリまでボールが見れたんじゃないかと思う)

結果的には取れる時にとっとかないと流れは相手に行っちゃうよ、という野球のセオリー通りの結果になってしまったと納得するとしよう

(もともと今日は4-6で不利かな?って思ってたし、とりあえず昨日勝ってたし…)

前回の東京ドームでは愚痴モードの川藤氏も、今日は超ゴキゲンモードだったのが面白かったし、相変わらず桑田氏とのコンビでは理詰めの桑田氏の解説と、精神論の川藤氏のコメントの対比が面白くて、非常に楽しいTV観戦だった

って笑ってられるのもココまで

今日の結果を受けて、1~3位がゲーム差無しで並び、さらにDeNAが0.5差という混戦模様。1日で1位から4位までが日替わりで変わる凄まじい状況になった。

ま、順位云々は置いとくにしても、後半戦最初のカードを勝ち越しで終わらせて気持よくスタートを切るためにも明日が大事

中継ぎ転向がささやかれているポレダだけれど、虎キラーとしては、この3連戦で使わないわけにはゆかない。一方の能見も昨シーズンから苦手意識はなくなったとはいえ、ハマればなかなか打たせてもらえない投手だし、これまた投手戦になりそうな感じ

昨日今日と阪神にミスが見えるので(こっちも恥ずかしいミスはしたけれど)、そういう隙をついて何とか得点し、1イニングでも長くポレダに投げてもらって、序盤のリードを何とか守り切るという流れに持ち込んでもらいたい

(ヤクルトから2点くらい分けてもらいたいわ、うらやましい(笑))

管理人:みんぐ

http://ameblo.jp/ming-maro/