6/23 巨人 2-7 DeNA → 再逆転する力は今は無い、逃げ切れなければ終わり(涙)

巨人 2-7 DeNA → 対 DeNA:5勝4敗0分 東京ドーム

勝利投手:久 保 12試合 4勝 4敗 0S

セーブ :

敗戦投手:高木勇 13試合 6勝 5敗 0S

投手リレー

巨人:高木勇→戸根→香月→高木京 捕手:相川

DeNA:久保→田中→モスコーソ→エレラ→山崎康 捕手:黒羽根→高城

本塁打

巨人:相川3号2ラン

DeNA:筒香12号2ラン

日テレG+ にて観戦

解説:水野雄仁 実況:田辺研一郎

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

東京ドームで行われた横浜DeNAベイスターズとの9回戦。巨人は二回、相川の3号2ランで先制する。先発・高木勇は五回まで無失点ピッチングを続け、六回も簡単に二死を取る。しかし、2四球とヒットで満塁とされると、倉本に2点タイムリーヒットを浴びて同点とされる。さらに救援した戸根も代打・下園に勝ち越しの2点タイムリーヒットを打たれてリードを許す。打線は三回以降、DeNA投手陣を打ち崩せずに試合終了。高木勇は自身3連敗、チームも2連敗で貯金を使い果たし、勝率5割に逆戻りとなった

Yomiuri Giants Official Web Site

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

それにしても、巨人は不調にあえぐ選手やチームにきっかけを与えてあげるのが好きなチームだな(笑)

個人的に中畑ファンなので、DeNAの12連敗には心を痛めている一人だけど、だからといって負けてもイイということにはならない。心を鬼にして、2連勝しなければ・・・というか、昨日までののDeNAに勝てないのであれば、いったいどこに勝てるというのか・・・・(涙)

DeNAファン申し訳ないm(__)m)

という気持ちになってしまう

チームに連敗脱出の機会を与え、筒香に不振脱出のきっかけを与え…明日以降の巨人の立ち位置すら危うくなるような、そんなターニングポイントになるような敗戦をしてしまった事は重く受け止めなければいけない

5月24日の中日戦以来、およそ勝っていないハヤトゥーだけれど、勝てないまでも内容は決して悪くなかった。今日にしても5イニングまでは、四死球1個の安定したピッチングをしていた。勝ち投手の権利がかかった5回を凌ぎ、さぁここから終盤へ!というところで2アウトから筒香に与えた四球、さらにロペスのヒット。ここで勝つために攻めるという意識から、2点を守り切るという意識にスイッチしてしまったのか・・・?筒香とバルディリスに投じた四球も表面上は決して逃げているという風には見えなかった、際どいところをついて、それがわずかに外れてしまったという感じのピッチングなので、正直なところ紙一重だったと思うのだが、ギリギリをつこうとしすぎてしまったことが、結果的に守りに入ったことなのかと思う。

ど真ん中に投げても打たれる確率はせいぜい半々くらいだろう。その時の自分の心に少しでも違和感を感じたのであれば、コースを突くよりも自分の自信のある球をど真ん中に投げるくらいの割り切りのほうが、結果は良かったりする・・・

なんてのは投げてる本人じゃないから言える話

勝ちがついてないと、どうしても攻めよりも守りに入ってしまうんだろうな、筒香の打席が四球でなくヒットならまた気持ちも違ったんだろう。そう改めて考えると、投手という職業はなんと繊細なメンタルが大事なんだろうか・・・。そういえば、相川が打ったホームランの前、堂上のヒットは水野氏の言葉を借りれば、久保からしたら完全に打ちとった球だった。堂上で終わりにしたはずだったのに、相川を迎えてしまったことでメンタルに些細な変化が現れたのかもしれない。

個人的には、ハヤトゥー全体としてのピッチングとしては悪くなかったと思うだけに、ちょっとした気持ちの上げ下げで結果が大きく変わるということを痛感したのではないだろうか?相性の悪いDeNA打線だからと気負った部分もあるかもしれないが、まぁ百戦錬磨の杉内や内海だって、ちょっとした事でガラっと変わって炎上することもあるわけで、これも勉強だと思って、次にDeNAと当たった時はもっと強い気持ちで戦ってくれればイイ

逆転された時点で、今の巨人には再逆転するだけの攻撃力は無いので、ほぼゲームセットだった(涙)。明るい材料はリスタート打線の3人にヒットが出たということくらいだろうか?井端はともかく、久保と相性がよく、好調だった亀井にどこかで前後に絡むような一本が出ていれば局面は変わったかもしれないけれど、今日は残念な日のほうだった(涙)

去年、DeNAに負け越した原因が久保に勝てなかったことなので、今シーズンは久保に負けないような戦いをして欲しかったし、今シーズンの久保は決して好調とはいえない状況だったので、今日は勝てるかな?って期待したんだけど、相手も必死だし、ひとつ勝つのはなかなか難しい・・・

阪神が引き分けたことで、ゲーム差なしのトップになってしまったけれど、試合消化数が違うので実質は僅差の2位ってところか・・・・まぁ、この時期に順位どうこういっても仕方ないし、気にすることではないと思うけど、オールスターまでにトップと2~3ゲーム差離されるくらいは覚悟しているので、その辺は別にイイ。問題はオールスターが明けてから一気に捲れるくらいの希望があるかどうか

で、そのキーマンは長野と坂本だと思ってる、村田と阿部に関しては、どっちかが好調で片方が不調になると、もう片方が好調になるというシーソー的な調子でイイ。長野、坂本がチャンスメークして、村田、阿部のどちらかが返すというパターンが出来上がればチームの雰囲気が良くなり、堂上、大田といった起死回生の一発を打てる打者の存在が光ってくる。

そんな明るい未来が見え隠れするのであれば、この先、負け越したとしても決して下を向くことはないのだが・・・・(汗)

管理人:みんぐ

http://ameblo.jp/ming-maro/