6/9 巨人 2-3 日ハム → 打つべき人が打つのは見てて羨ましいな・・・・

巨人 2-3 日ハム → 対 日ハム:0勝1敗0分 札幌ドーム

勝利投手:有 原 4試合 3勝 1敗 0S

セーブ :増 井 21試合 0勝 0敗 16S

敗戦投手:ポレダ 11試合 5勝 3敗 0S

投手リレー

巨人:ポレダ→宮國→山口 捕手:實松→相川

日ハム:有原→宮西→鍵谷→谷元→石井→増井 捕手:近藤→大野

本塁打

巨人: 相川2号ソロ

日ハム:中田19号2ラン

GAORA にて観戦

解説:金子誠 実況:近藤祐司

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

札幌ドームで行われた北海道日本ハムファイターズとの1回戦。巨人先発・ポレダ日本ハム先発・有原の好投で三回まで両チーム無得点が続く。しかし四回、ポレダは中田に2ランホームランを浴び先制されると、五回にも中田のタイムリーで3点のリードを奪われる。巨人打線は七回には長野の犠牲フライ、八回には相川のソロホームランで1点差に詰め寄り、九回も無死二塁の好機を作るがあと1本が出ず、4連敗となった

Yomiuri Giants Official Web Site

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

西武のおかわりくん、楽天の中川、ソフトバンクの柳田、そして日ハムの中田

どうも、巨人は各チームのキーマンに打たれてしまうようで・・・(涙)

まぁ、打つからキーマンなんだろうけど、ちょっと打たれてはいけない人に打たれすぎかな

ソフトバンク戦でのあと一本の出なさ加減や、対戦が少ない投手への脆さ、その上で飛車角(村田、阿部)落ちの状態で戦うってことを考えれば、ある程度予想していたんで、負けたことに対しては「まぁ、そうだろうな…(涙)」くらいで受け止めているけど(負け惜しみっぽいけど(汗))、やっぱり働くべき人が期待通りの結果を出しているのを見ると、ちょっと羨ましくはなる

どちらも5安打同士なので、基本的には両チームの投手陣が踏ん張ったゲーム展開の中、単純に言ってしまうとソロホームランと2ランホームランの差が出てしまったという風に思いたいけれど、序盤を完全におさえられてしまった事と、相手の4番に不用意な1球を投げてしまったことが悔やまれる。

有原はさすがゴールデンルーキー。立ち上がりに難ありという前評判だったけど、しょっぱなからビュンビュン投げられて、「何だよぉ~情報とちゃうじゃんかよぉ」と面食らった。恐らくそれは選手たちも同じで、もっと荒れるかとおもいきや、非常に力強いボールを投げてくるんで、ちょっとリズムが取れなかったかもしれない。評判通りストレートは速いし、どんどんストライクを取ってくるし、テンポも良いしで非常に良いピッチャーだった。初対戦ということで、どうしてもボールを見に行ってしまい、ファーストストライクを積極的に狙ってゆくのが2巡めになってからと、バッティングの積極さを出すのが遅れてしまったことで、完全に相手にペースを握られてしまった感じ

7回になってやっと捕まえかけたかというところで、栗山監督にスパっと代えられてしまい(こういう所は原監督によく似てる)、苦い思いを植え付けることが出来なかったのが非常に残念だった。

いや、栗山監督、さすがだわ

こちらのポレダも抹消後にコーチと弱点の強化にあたり、またひとつ自信を身につけて戻ってきたと思う。相変わらずストレートは走ってるし、変化球とのコンビネーションも悪くなかった。細かいところでの制球力の課題は相変わらずだが、こういうパワーピッチャーに制球力を求めるのは酷なので、緩急さえつけられていれば多少甘いところに行くのは問題ない。

ただ、ボークを取られて動揺したか、そこから投球リズムがおかしくなり、中田にインハイを打たれて2ランホームランを浴びてしまう。あの場面は、正直なところ流れ的にちょっと怖かったし、1打席目の大谷がタイミングが合ってない感じだったので、1塁も空いていることだし歩かせてから捕手が声をかけて、一旦間を取ってから改めて大谷と勝負という方法をとって欲しかった。

(結果論じゃなくて、見てる時にそう感じた)

敗戦投手にはなってしまったけれど、1~3回の入り方は本当に良かったし、ボークが無ければ気持ちも安定して、もっと投げられたと思うので、反省すべき所は反省して、次にまた元気よく投げてくれれば良い。やっぱり角度のある左からの150km/hを越えるストレートは魅力的。

(とはいえ、グッさん、戸根、高木京がいなかったとしたら、思いっきり相手から嫌がられるリリーバーとして投げて欲しいけど)

それにしても、宮國は完璧じゃない?6月に上がってきて6日のソフトバンク戦から今日で3試合、5イニング打者15人に投げて被安打0、奪三振5は素晴らしい。ゴールデンウィークに投げた時も失点はなく、投球数が少ないとはいえ、今のところ8試合、13イニングで失点0の防御率 0.00。

新しいフォームもモノにしつつあるし、これだけ結果を残してくれると、ちょっと1度先発で投げさせたくなるな。右のリリーフが香月とマシソンだけなので、今は先発への配置転換は難しいけれど、これから先、ローテに穴が空いた時には田口と宮國は、その穴埋めの筆頭のポジションにいると思う。

(田口の場合は、左投手だし、次のチャンスまで下で・・・ということになると思うけど)

ソフトバンク戦から数えれば4連敗ってことになってしまい、ちょっとヘコみそうになるけど、今週に限って言えば、まだ頭の1つを負けただけなので、正直なところそれほど落ち込んではいない。明日は菅野の復帰登板で、しっかりと中田をおさえてくれれば、流れはこちらに戻ってくると思うし、打線に不安はあるものの、野手陣は個々がどうするべきか考えてくれてると思うので、とにかく明日を勝つことだけ考えよう!

追記

といいつつ・・・9回はノーアウト2塁で鈴木が塁上にいるわけだし、長野には送らせて、由伸に犠牲フライかボテボテの内野ゴロを期待するって手は無かったのかなぁ~~~というのが何度も頭をよぎる(汗)

最後の金城の打球は「良い角度で上がった!」って一瞬期待したんだけどね…(涙)

管理人:みんぐ

http://ameblo.jp/ming-maro/