5/17 巨人 0-2 ヤクルト → ヤバイな、日曜日は勝てないってジンクスに発展しなきゃいいけど…(汗)

巨人 0-2 ヤクルト → 対 ヤクルト:5勝4敗0分 東京ドーム

勝利投手:石 山 7試合 3勝 3敗 0S

セーブ :バーネット 15試合 1勝 0敗 9S

敗戦投手:高木勇 8試合 5勝 2敗 0S

投手リレー

巨人:高木勇→戸根 捕手:阿部

ヤクルト:石山→中澤→ロマン→オンドルセク→バーネット 捕手:中村

本塁打

巨人:

ヤクルト:

日テレG+ にて録画観戦

解説:江川 卓 実況:村山喜彦

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

東京ドームで行われた東京ヤクルトスワローズとの9回戦。先発の高木勇は三回にタイムリーを浴び1点の先制を許してしまう。その後も粘投を続けるが、七回にも追加点を許し8回2失点で降板する。打線は3併殺を喫するなど、終始、好機を生かせず無得点。0対2で敗れた

Yomiuri Giants Official Web Site

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

一昨日、昨日と褒めたのに、坂本ぉ~~~~!

9回ノーアウト2塁でカウント3-1からのあの外スラは振っちゃいかんだろ!バーネットは久しぶりの登板でいきなり先頭の亀井に打たれて動揺してるはずなのに、助ける形になってしまったのは非常に残念。アレだったらまだ空振りしてくれたほうが良かった。

土壇場で4番に良いあたりが出れば、流れは一気に変わって、サヨナラって終わらせ方も出来たと思うんだけどな…ま、本人が一番悔やんでるだろう

もちろん、7回のノーアウト1、2塁で村田の「恒例のゲッツー」ってのもキツかった。この場面は過去の村田の打席の例から言えば、送りバントって予想だったんだけど、強攻策に出た。原監督のコメントは「2点差、ランナーがアンダーソンと慎之助で勝負をかけたということですね」ということだったが、プロ野球ニュースでは高木豊氏が「マシソンがいなので、長期戦にもつれることを避けた」とコメントしていた。

個人的には、ランナー2人の足を考えると、送りバントでもうまく転がさなければゲッツーになるか、3塁へ進ませられない可能性も高く、2点差だったので、少しずつ状態の上がりつつある村田に賭けて、一気に追いつく作戦を取ろうとしたのだと思う。もちろん、高木氏の言うマシソンがいないという事の弊害もひょっとしたらあるのかもしれないけれど、日曜日のゲームは翌日にゲームが無いので、中継ぎに関しては思い切ってつぎ込めるという曜日的なメリットがあり、回も7回ということを考えれば、小山、戸根、グッさん、澤村、高木京、香月とコマは揃っている。マシソンがいれば、それだけ優位にもつれ込ませることはできるが、だからといって決して長期戦を戦えない布陣では無いと思う

かといって2点差では代走を送りづらいし、確かに難しい場面となってしまった

ただ、こういう場面でスカっと打てないところが、まだ村田がクリーンアップに戻れないひとつの原因であることは間違いないので、7番という今の打順を考えても、(ベンチからのサインがどうだったかわからないが)ヘタに進塁打を打とうとするよりも、一発放り込んで一気に逆転してやる!くらいの強い気持ちで打席立つべきだったんじゃないかと思っている(結果論だけどね)。

少ないチャンスを高確率でモノにして、ギリギリで勝ってきた原采配だけど、今日は度重なるゲッツーから見れるように、裏目になったり、不運な打球になったりなど、上手くゆかなかったゲームになってしまった

まあ、こういう日もあるよ、くらいに考えて切りかえるしかないだろう。

大田の先発出場回避は、原監督が「今日のベストということですね」と言ったが、この前の脚に当たったところが良くない、もしくは出れなくはないけど大事を取ったということなんだろう。一旦、ベンチに引っ込んで出てきた姿を先日見た時、「巨人の選手はいつも状態が良い時に限ってケガや故障で離脱するんだよ~大田!お前もか?」って思ってしまったので、出来れば今日明日あけることで次のゲームからは何事も無く出場できる事を切に願っている

ハヤトゥー(高木勇人)は途中ヤバくなりそうな場面もあったけれど、これまでの反省を活かして、初回はストレートで押してくるなど、今までと違う面も見せて、バリエーションを増やしてきたと思う。それでも疲労は隠せず、持ち前の制球力を乱す場面も見られたけれど、それでもゲーム中に修正させる変わらない器用さも見せてくれたので、全体的なことから言えば、まぁまぁだったんじゃないかと

っていうか、ピンチは作りながらも8イニングを2失点(自責点1)で投げたのだから、責めては可哀想だ。

むしろ気になるのは、前回も今回も何とか踏ん張っているのに勝てなかったという事で、3、4月の「持っている男」から「持ってない男」に運気が逆転してしまうのではないかということ。出来れば内海が帰ってくるまでは、「持っている男」でいて欲しかったので、来週初めて投げるナゴドのマウンドで炎上とかしたらどうしよう…って今から心配してる。

チームの事を考えれば、5勝1敗と先週のぶんをチャラにすることは出来なかったけれど、幸いにも前を走るDeNAも負けてゲーム差が変わらなかったことだし、今週は2カード連続の勝ち越しを決めたということで、勿体無いとは思いつつも、悪くない結果だった

次週、次々週の6連戦で東京ドームで戦えるのは僅か2試合しか無いというヘビー日程が続く。交流戦となればDHもあるし、今のメンバーとはまた違った形になるかもしれないが、何とか疲労を抜きながら、状態の悪い選手は少しでも調子を上げ、良い選手は(って、そうそういないけど)ケガや故障をしないように、コンディションに気を使って頑張って欲しい

管理人:みんぐ

http://ameblo.jp/ming-maro/