5/15 巨人 2-1 ヤクルト → 好守に4番キャプテンが光ったな、良いきっかけになるとイイが…

巨人 2-1 ヤクルト → 対 ヤクルト:4勝3敗0分 東京ドーム

勝利投手:ポレダ 8試合 4勝 1敗 0S

セーブ :澤 村 20試合 3勝 2敗 13S

敗戦投手:小 川 8試合 3勝 2敗 0S

投手リレー

巨人:ポレダ→マシソン→澤村 捕手:阿部

ヤクルト:小川→徳山 捕手:中村

本塁打

巨人:坂本1号2ラン

ヤクルト:

日テレG+ にて

解説:立浪和義 実況:田辺研一郎

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

東京ドームで行われた東京ヤクルトスワローズとの7回戦。試合はポレダ、小川の投手戦となり、六回まで両チームとも無得点で試合は進んだ。均衡が破れたのは七回裏。巨人は坂本の今季第1号となる2ランホームランで先制。ポレダが八回途中無失点の好投。九回は澤村が1点を失い、なお一死満塁の逆転のピンチを背負ったが併殺打でしのぎ、2対1の接戦を制した

Yomiuri Giants Official Web Site

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

敗戦の責任を背負うのが4番なら、苦しい時にチームに勝利をもたらせるのも4番。守備のファインプレーも含めて、好守に坂本が4番として、キャプテンとしての存在感を見せたゲームだった。

昨日のバッティングでも離脱前よりも良くなっている感じには見えたけれど、今日はゲーム前に原監督とのマンツーマン練習でフォームも変えた。2打席目のライトフライもいい感じだったけど、2ランホームランはボールを捉えるタイミングが完璧だった。

(ランナーに代走の鈴木がいたってこともあって、ストレートとカットの2択に絞れる状況だったというのも追い風になった)

こんなものではまだまだ安心は出来ないけれど、今日をきっかけに調子にのってくれるとイイ

先発のポレダは今日も良かったね。立浪氏の言うとおり、決してコントロールが良い投手ではないんだけど、ヘタに四隅を狙いにゆかないぶん、ストライク先行で四球が少なく、テンポが良い。左ピッチャーで150km/h前後出るってだけで、すでに有利なんだが、それをあの長身から繰り出して来るので、例えど真ん中に来たとしても、最初の打席でいきなり打つってのは難しいと思う。

それでも球種が決して多いわけでは無いし、積極的にストライクを投げてくるので、二回り、三回りとなると打たれるケースも出てきてしまう。特に、5回、6回と先頭打者を出してしまった場面では味方の守備に助けられたところと、相手の拙攻(特に6回、荒木が送りバントを1アウト3塁で川端、畠山を迎えたらヤバかったと思う)にも助けられ、無失点だったのは非常に大きかった

コントロールでおさえるタイプでは無いし、最初から飛ばしてゆくスタイルなので、今後も配球でカバーしてゆくしか無いだろう。その意味では、今日は阿部との呼吸があっていた。

これで、阪神以外からも勝利したのは本人にとっても実は大きな結果となったかもしれないな。次の登板も楽しみになった

ところで、サードに井端が入り、村田は代打どころか守備固めとしての出番も無かったのだが、どうかしたのだろうか?昨日の代打 由伸からアレ?っと思ったのだが、バッティングの状態が悪いからなのか、死球の影響なのか、それとも単なるリフレッシュなのか、非常に気になる。

(村田と小川って相性悪かったっけ?あとでちょっとデータ見てみよ)

それにしてもアンダーソンは今確変してるね。打席でも集中できているし、何よりも守備でスゲー頑張ってる。アンダーソンのような選手が元気だとチームのムードも良くなるな。(ドカベンで言えば岩鬼のような存在か?古いな(笑))

今日はノーヒットだったけど、スイングは悪くないし、3回の中村の飛び出しを見逃さなかった集中力はお見事。

大田は4番を外れても安定しているし、堂上のひたむきさはナインにやる気を起こさせる。ムードメーカーのアンダーソンが笑顔でいれば、1ゲームの中でチャンスを作る機会は今までよりも増えるかもしれない。あとは坂本がキャプテンといて光を放ち、阿部、村田、長野が本来もっている力を発揮出来る状況になれば、いよいよ巨人打線の復活ということになり、その輪の中に大田、橋本がしっかりと入って力となっていれば、まずは新成の第1弾が出来上がる。そして近いうちに、辻、和田といった2軍で結果を出している選手、岡本という新戦力が台頭してくれば文句ない

寺内などチャンスに飢えている選手も使い(今日のセカンドゴロの処理判断は素晴らしかった)、井端、金城、片岡といった外からきた選手もしっかりと使う。枢軸さえしっかりしていえば、相手に合わせていかようにも合わせられるバリエーションの豊富さが巨人の強みだとしたら、その理想の状態に少しずつ近づきつつある…と期待したくなるゲームだった

(そりゃね、どんなゲームでも4~5点くらい取ってくれるのが一番いいけど、やっぱり良い投手相手では、そうそう点は取れるもんじゃないしな、今日は今まで巨人戦無敗だった小川に土をつけることが出来たことを素直に喜ぼう)

ミレッジ、バレンティンが普通の状態で打線にいたら・・・とか考えるのは無しで(笑)

管理人:みんぐ

http://ameblo.jp/ming-maro/