5/14 巨人 4-5 広島 → やっぱり二回りめに捕まったか…(涙)勝ってた試合だったよなぁ

巨人 4-5 広島 → 対 広島:5勝6敗0分 東京ドーム

勝利投手:野 村 5試合 3勝 2敗 0S

セーブ :中 崎 14試合 0勝 2敗 2S

敗戦投手:マイコラス 4試合 0勝 2敗 0S

投手リレー

巨人:マイコラス→高木京→小山→戸根 捕手:阿部

広島:野村→一岡→中崎 捕手:石原

本塁打

巨人:アンダーソン2号2ラン

広島:田中2号ソロ、松山1号2ラン

日テレG+ にて

解説:池谷公二郎 実況:町田浩徳

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

東京ドームで行われた広島東洋カープとの11回戦。打線は二回にアンダーソンの逆転2ランホームラン、片岡のタイムリーでいったんは2点をリード。しかし先発のマイコラスは初回の先頭打者ホームランに続き、四回には同点2ランを浴びると、五回には2点の勝ち越しを許してしまう。打線は八回に1点差に詰め寄り、九回は一打同点のチャンスも作ったがあと一歩及ばず、4対5で敗れた

Yomiuri Giants Official Web Site

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

原監督ぅ~だからマイコラスは二回りめにはヤバイって言ったじゃ~ん!

と、結果論的な事を言っては見るが、実際のところ、一回り半で「お疲れ!後は任せてね」とは言いづらいわな(笑)

レダもそうだけど、不器用なタイプなんで、足を使ったり小技をきかせてくる相手には相性が悪いと思う。

(1年目の外国人投手、皆に共通している部分ではあると思うが)

基本的に力のある速球で押して、カーブなどの緩急でおさえるスタイルで、コントロールはどちらかと言えばアバウト。二回りめで打者の呼吸が合ってくると厳しくなり、ランナーが出てかき回されると落ち着けない…特に今日の広島のような機動力を使ってくる相手では、なかなか通用するのは難しいんじゃないかと…それが4点目を取られたワイルドピッチに出ていたように思う

松山に打たれた2ランも丸が2塁にいた事で、すでに平常心を失っていた感じ。ヒットを打たれてもまだ勝ってるし、1アウト2塁だから最悪4球でもいいやくらいの気楽な気持ちで投げれたら、もっと違う結果になっていたかなぁ

抜群の安定感の高木京やロングリリーフOKの小山がいるわけで、3-1で勝ってるところで(難しいのは重々承知の上で言わせて!)交代していれば・・・ってのが脳裏をぐるぐるまわって仕方ない

愚痴ついでに言わせてもらえれば、マイコラスをあげる事で宮國を落としたわけだけど、今シーズンの結果だけから言えば、はるかに宮國のほうが安定感があった。落とすのなら、せめて一度、先発で使って、それで炎上でもしてから落とすくらいの事をしてあげてもイイくらい、ピッチング改造を頑張って、出番は少ないながら出た試合はしっかりと結果を残していた宮國にはチャンスを与えても良かったんじゃないかと思う

それでも、今日、勝ってればまだ救いはあったけど、リードを守れず負けてしまったのでは、宮國が可愛そうすぎる

(マイコラスファンの人、ごめんね)

負け試合なんで、今日は軽く終わらせたいんで、あとひとつ

8回、ノーアウト1、3塁の場面で村田に代わって由伸の代打にはビックリした。ピッチャーが一岡なので普通に由伸を出したのだと思うけれど、昨シーズンからこういう場面では村田はゲッツーの嵐だったので、原監督の信頼がすっかり無いんだ…とも思える起用だった。普通に考えれば、村田には犠牲フライくらいを期待する感じで打席に立たせ、その後に由伸代打だと思う。一気に球場の雰囲気を変えようという意図もあったのかもしれないが、村田の心中やいかに?と思わされる場面だった

(それとも村田に何かあったのか?と心配になった(死球もあったことだし))

それでもまぁ良い所もあった

坂本に復帰後初ヒットが出たし、阿部にも2安打でた。貧打続きだったけどチームとしては久しぶりの12安打となったし、4点も取れた。片岡と坂本のアライバばりのナイスプレーも見れたし、1番大田も機能している。

この調子で打線が少しずつでも元気になれば、そのうちめぐり合わせも良くなってくるだろうって期待感はある。

DeNAが投打ともに噛み合いすぎて突っ走っているけれど、長いペナントレース、そうそうやることなすこと上手くゆくことばかりじゃないって事はわかっているので、今日で3ゲーム差に開いてしまったけど、とりあえずは上を見ずに、貯金を減らさないよう、2勝1敗ペースでガンバって欲しい

そういう意味では、3連敗のお返しを3連勝で飾れなかったけど、1つ勝ち越せただけでラッキーという3試合だったと思う

追記

8回の1、3塁の場面、鈴木を出したことで、相手は鈴木の盗塁を警戒する、必然的にストレートが多くなるという事を考えて、「村田ではストレートに差し込まれる、由伸はストレートに強い」という意識が働いたのか?ってちと考えた

1点差だったら鈴木に走らせてたかなぁ~~~仮に盗塁失敗でアウトになっても、3塁ランナーさえ帰すことが出来れば同点にはできるし、上手くいけば逆転って流れにもなるし。2点差だったから、失敗を恐れて盗塁させなかった?それとも、あくまでも由伸をアシストさせるために走らせなかった?考えれば考えるほど、難しい判断を問われる局面だった

うまくハマれば、完全に流れはつかめるし、失敗すれば負ける。この3連戦は一か八かの勝負の場面ってのが多々あったけれど、3試合目は上手くゆかなかったということか・・・・(涙)

管理人:みんぐ

http://ameblo.jp/ming-maro/