4/29 巨人 1-5 中日 → エースが崩れ、好守で良かった中日と悪かった巨人の差が出た

巨人 1-5 中日 → 対 中日:1勝4敗0分 東京ドーム

勝利投手:山 井 6試合 2勝 2敗 0S

セーブ :

敗戦投手:菅 野 6試合 3勝 3敗 0S

投手リレー

巨人:菅野→高木京→宮國→戸根→笠原 捕手:小林

中日:山井→又吉→福谷 捕手:松井雅

本塁打

巨人:

中日:

日テレG+ にて観戦

解説:山本浩二 実況:田辺研一郎

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

東京ドームで行われた中日ドラゴンズとの5回戦。序盤は菅野、山井のエース対決にふさわしい投手戦となったが、四回に菅野がタイムリ二塁打スクイズで2点を失うと、五回にも失点を重ね4失点。打線も中日投手陣を攻略できず、七回に村田の内野ゴロの間に1点を返すのがやっと。投打が噛み合わず1対5で中日に敗れた

Yomiuri Giants Official Web Site

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今日はまぁ表題の通り(涙)

調子は悪くなかったという菅野、事実3回まではどこも悪いようには見えなかった。4回から球が上ずってきて、2イニングで4点取られてしまった

もともと、菅野 vs 山井ってことで、1~2点の勝負になると思っていたので、先に2失点してしまうと打線に対するプレッシャーも大きくなるし、負ける時の典型的なパターンで、何も出来ずに終わってしまった感が強い

一旦、そういう流れが出来てしまうと、中日側は守備にも走塁にも良いプレーが出てきて、巨人側はアンダーソンや橋本によろしくないミスが出たりなど、雰囲気もゲーム展開もなかなか逆転できない状態に陥ってしまうもの

そんな時に一変させるのが一発長打なわけで、7回のノーアウトランナー2、3塁のチャンスで村田に回った時には、昨日のホームランもあるし、今日も1、2打席でヒットを打ってるしで、ここで一発、最悪でもタイムリーで2点でも入ろうものなら、一気に流れはこっちに来る!って期待してたんだけど・・・・

終わってみれば、内野ゴロの間に1点とか、今シーズン何度も見た、村田の姿だった(涙)

原監督も昨日、チャンスで打ってくれればねぇ・・・って言ってたし、私も昨日、得点圏で打ってこそ村田の復活と言っただけに、この場面は相当期待してたよ。

まぁ今日の又吉はキレッキレだったし、あそこで打たれたらヤバイって思った谷繁監督の采配がドンピシャだったということなんだろうな。

あぁいう隙のない野球をされると、こちらとしては、なかなか打つ手が無いわけで、戸根が2試合連続でピンチを招いてしまっても「今日の流れじゃしゃーない」って諦めもつくし、(私の中での)戸根への信頼も変化することは無い

菅野にしても、珍しく低めへ制球することが出来なかったけど、まぁそういう日もあるよくらいに留めて、今日の負けは引きずらないように、スッパリと忘れることが大事だと、そんなゲームだったと思うことにする

ただ、気になるのは橋本の状態

昨日のバッティングもそうだし、今日もだけど、ちょっと好守にわたって元気がなくなってきた。復帰してからここまで快進撃で来た反動なのか、確変が終了したのか、スイングも鈍くなってるし、打席での迷いが見え隠れするようになった。

ここまで3番でチームを引っ張ってくれた橋本だけど、軽い疲れが出ているのかもしれない

明日あたり、1本出て復調してくれればいいのだけれど、もし、明日もノーヒットで終わるようなことがあると、せっかくここまで調子よく来ていた自分に疑問を感じるような事になりはしないか、それがちょっと心配

ん?中井の4番?

さすがに、ちょっと今日は原監督の気まぐれだったでしょう。もちろん、力量的には将来の4番候補に上げられてもおかしくない素材だし、本当だったら、もう今の年齢で不動の5~7番くらいには固定で使われるようになっていなければいけない選手だけれど、さすがに4番はちと荷が重すぎるのではないかと・・・・

(恐らく大方のファンが、坂本の負傷と、昨日の村田のホームランで、てっきり今日は村田を4番に置くのではないかと思っていたと思う)

でも、コレはコレで貴重な良い経験になったと思う

スタメンで4番というのは、だれでもが経験できることではないし、ある意味、原監督の期待の現れでもあった。ここで、一発回答でスカっとしたヒットでも打ってれば、そこからはスター街道まっしぐらだったのだが、中井も貴重なチャンスをモノにすることが出来なかったね・・・

そんな中、評価を一気に上げたのは宮國だった

ゲームあとの激アツでも触れられていたし、ゲーム中にも山本浩二氏から指摘があったが、テークバックを短くし、投げるテンポも変更して、ある意味、ニュー宮國がデビューしたと言ってもいい。色々と試行錯誤の上でいきついた今の形だろうけど、今日はどのバッターも非常に打ちにくそうな感じで打席に立っていたのが印象的。

綺麗すぎるんじゃないかと思うほどのフォームを変えるのは勇気のいることだと思うが、まるで杉内ばりの投げる瞬間までボールが見えない投げ方は、確実に有利に働いていたと思う。

あの、テンポの変化は先発でこそ威力を発揮しそうだが、恐らくしばらくは中継ぎで使われることになるだろう、それでも、今日のピッチングで次のチャンスへのキップは手に入れたし、次も結果を出せば、さらに次、そしていずれは先発復帰・・・という道も見えてくるのではないかと期待を抱かせてくれる内容だったと思う

立場上、たった一度の炎上も許されない状況ではあるけれど、そんな緊張感の中で、結果を出し続けることが出来れば、宮國が大きく飛躍するきっかけになるかもしれない、敗戦ムードの漂う中で、見ていて非常に期待感を抱かせてくれる、そんなピッチングだったのが今日の中での最も光ったプレーだった

さて、明日はマイコラス vs バルデスの新助っ人未勝利対決

正直なところ、投手力は互角、気持ちバルデスの方がイイか?くらい、さらに攻撃力は現在セのチーム打率トップの中日が圧倒的に優位ってことで、ぶっちゃけかなり分の悪いゲームになりそうな予感がしているし、坂本も離脱し、先発メンバーを誰にするのかも頭を悩ませるような状況で、マイナス面しか見えてこないのだが、そんな中、ファームではフランシスコが来日初ホームランを打ち、長打力の無い巨人打線に元気を与えてくれそうなニュースを見せてくれた。ま、明日の昇格はないだろうけど、今を何とかがんばれば、この先、明るい未来が待っているような、そんな希望は見え隠れしている今日一日でした

管理人:みんぐ

http://ameblo.jp/ming-maro/