4/25 巨人 0-5 ヤクルト → すべてが糧に!今日をきっかけに田口がさらに成長するか?

巨人 0-5 ヤクルト → 対 ヤクルト:2勝3敗0分 神宮球場

勝利投手:石 川 5試合 2勝 2敗 0S

セーブ :

敗戦投手:田 口 3試合 1勝 2敗 0S

投手リレー

巨人:田口→宮國→高木京 捕手:實松→加藤

ヤクルト:石川 捕手:中村

本塁打

巨人:

ヤクルト:

フジテレビONE にて観戦

解説:金村義明 実況:田淵裕章

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

首位攻防2戦目となった東京ヤクルトスワローズとの5回戦。巨人はデビューから好調の先発・田口が立ち上がりを攻められ、初回から3点を失う。さらに、三回に飯原のタイムリーヒットなどで2点を失い、序盤からヤクルトにペースを握られる展開となる。一方の打線は相手を上回る9安打を放ちながらも、あと一本が出ず。結局、最後までヤクルト先発・石川を捕らえきれず、0対5で完封負け。首位ヤクルトに2連敗を喫した

Yomiuri Giants Official Web Site

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

華々しいデビューを飾ったものの、その後、なかなか結果が伴わず埋もれてしまうという選手は決して少なくない。田口がそんな選手の仲間入りをしてしまうかどうか、これから先の頑張りが、さらにその先の投手としてのレベルアップに大きく影響しそうな、そんなきっかけとなるゲームだった

いきなりの死球に四球、トドメにボークという最悪の形でペースをつかむどころか、すっかり自分を見失ってしまうという立ち上がりを経験した

慣れない神宮のマウンドに戸惑ったのか、解説の金村氏が言うとおり、3試合目となってプロの怖さを知り、慎重になりすぎたのかわからないが、確かに過去2試合の表情とは違っているように見えた。

2回は下位打線ということもあり、三者凡退でおさえたが、3回には荒木のヒットをきかっけに失点を恐れ、雄平、畠山と四球をだし、飯原にタイムリーを打たれてしまう。終わってみれば4イニング21人の打者に対し、被安打は5本ながら4四死球で5失点というほろ苦い結果になってしまった。

まぁ、プロの世界で毎試合結果を残し続けることは本当に難しい。特に今回はデビュー戦で田口に初勝利を献上したヤクルトが相手だから、向こうの高卒2年目の若いピッチャーに2戦連続でやられるわけにはゆかないとばかりに研究し、本気モードで向かってきただろうし、しかも今度はヤクルトの本拠地での戦いとあって負けてたまるかという気持ちも大きかったはず。田口にはそれをねじ伏せるだけの若い気迫で立ち向かって欲しかったのだが、今日は飲まれてしまったな

でも、これはプロで誰もが経験すること

まずはコレを乗り越えられるかどうかが、一流投手にいち早くなれるかどうかの壁なので、何とか乗り越えてもらいたい。次のチャンスがあるかどうかは、監督とコーチの判断に委ねることになりそうだが、30日にはマイコラスが再登録されることが決まっているようだし、内海が戻ってくる日も近そうだ。今日、宮國が炎上でもすれば、マイコラスと宮國の入れ替えということだったと予想するが、その宮國は2イニングを被安打1本、2奪三振とまずまずの結果を残したことで、次にチャンスを手にしそうな気もする

原監督がどういう判断を下すのか見ものだが、個人的には田口をもっと上で見たい反面、上での経験を頭に焼き付けて、下でさらにレベルアップをはかるというのもアリだと思っている

田口の話はこれくらいにしておいて、やはり問題は打線

今日のゲームにしても、初回で先制点をとるか、中盤で2~3点でも取っていれば、結果は全く違ったものになっていただろう。何度かチャンスは作るものの、カツオ(石川投手)の術中に見事なまでにハマって、完封を許してしまった

特に8回の片岡、橋本の連続見逃し三振は振ることすら許してもらえないカツオのピッチングの上手さも際立ったけれど、それにしても巨人の2番、3番としては、もう少し何とかしなければいけないところだった。それにプラスして、7回のノーアウト1塁からの村田のゲッツーは、見慣れた光景とはいえ、かなり悲しい

もうこれで何度目になるか数えたくも無いが、頼むから長野は体調を上げるため、村田は調子を取り戻すため(&頭を冷やすため)にファームに落としてあげるべきだ。出来れば坂本もそれにプラスして、特訓を積ませたいところだが、キャプテンがケガでも無いのに離脱するわけにはゆかないので、坂本に関しては上でもがいてもらうしか無い

(っていうか、坂本・・・今日の自打球は大丈夫か?)

さて、そのファームだが、今日はズムサタデーということで、阪神との交流戦ジャイアンツ球場で行われた

どうしても家でやらなければいけないことがあったので、行けなかったが、同球場最多の観客動員があったようで、テレビで見ていたが、非常に盛り上がっていた

(モッチーのトークショーが特に見たかった・・・(涙))

試合の内容も大盛り上がりで、両チーム合わせて5本のホームランが飛び出す空中合戦。特に矢野の4号ソロは、相手の横山投手のストレートに他の打者が苦しむ中、経験値の高い矢野らしいアジャストぶりの技ありのホームラン。大田の4号2ランも低めの球をうまく打つ見事なバッティングだった

期待のルーキー岡本も途中出場ながら、3打数2安打と結果を出すだけでなく、ベンチ内でタイミングを取り、打席ではボール球をしっかりと見極め(また、その見逃し方もルーキーとは思えなかった)、落ち着いてスイングをしていた。持ち前の柔らかいスイングはセンスを感じるし、パワーも充分。まだまだプロの球に慣れることと、プロの身体を作ることが目的の選手だけれど、シーズン中に1度くらい上にあげて、1軍の雰囲気と1軍のローテーション投手の球筋を見せてあげることで、ファームでの練習にもさらにイメージがわくのではないか?可能なら経験させて上げて欲しいって、真剣に思った

先の村田の下で調整って話に戻るが、確かに村田の守備はチームを救っているし、7~8番打者ってことを考えれば、今の成績でもむちゃくちゃダメってわけでもない。ただ、それはあくまでも3~5000万くらいの年俸をもらっているクラスの選手ならって話で、村田の今の活躍は全く給料に見合ってない。下で今日ホームランを打った坂口や、4番を打っている和田恋、センスの塊の辻あたりと交代させて、中井も含めて若い選手にホットコーナーをやらせてみても(今なら)許されるんじゃないかと思うんだが、いかがなものだろうか?

そういや、解説の宮ちゃん(宮本氏)が、いま巨人のファームで1軍からの声を待っている選手は大渋滞、大行列だって言ってたな(笑)。投手はともかく、打者に関しては、内野も外野も皆な結果を出しまくっているので(もちろん、それがそのまま上で通用するという簡単な話ではないが)、上で結果を出せていない選手と下で結果を出している選手を入れ替えるという「当たり前のこと」を何とか実行してほしいと、テレビを見ながらヒシヒシと感じた、昼間のゲームと、ナイターを両方観戦した私の率直な意見です

明日はハヤトゥー(高木勇人)と八木の対戦

前回の甲子園で東京ドーム以外でも結果を出せることを証明したハヤトゥーだが、今日の田口同様、ヤクルトも相当研究してくるだろうし、昨日、今日とで少し打線に活気を与えてしまったところもある。

正直なところ、ちょっと不安もあるのだが、日曜日負けなしってジンクスに頼って、何とか対ヤクルト戦、3連敗だけは避けてもらいたいm(_ _)m

あ、そだ、明日の情熱大陸は菅野特集だって、絶対見なきゃ!

管理人:みんぐ

http://ameblo.jp/ming-maro/