4/24 巨人 2-3 ヤクルト → ちょっともったいなかったが、しゃ~ないか(涙)

巨人 2-3 ヤクルト → 対 ヤクルト:2勝2敗0分 神宮球場

勝利投手:オンドルセク 12試合 2勝 0敗 0S

セーブ :

敗戦投手:澤 村 12試合 2勝 2敗 6S

投手リレー

巨人:ポレダ→マシソン→澤村 捕手:小林

ヤクルト:小川→秋吉→バーネット→オンドルセク 捕手:中村

本塁打

巨人:

ヤクルト:畠山5号ソロ

フジテレビONE にて観戦

解説:片岡篤史 実況:吉田伸男

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

神宮で行われた東京ヤクルトスワローズとの4回戦。同率1位同士の「首位攻防」3連戦の初戦、巨人は先発にポレダ、ヤクルトは小川をマウンドに送った。巨人は二回に先制を許すが、四回にアンダーソンのタイムリ二塁打で同点に追いつく。五回には好投を続けるポレダタイムリーヒットを放ち、自らのバットで勝ち越しに成功する。しかし、七回二死から畠山に痛恨のソロホームランを浴び、試合は振り出しに。両者追加点を奪えないまま試合は延長に突入し、迎えた十回、3番手の澤村がヒットや死球で二死満塁のピンチを招き、川端に初球を中堅前に運ばれ、サヨナラ負け。首位攻防の初戦を落とし、巨人の連勝は3で止まった

Yomiuri Giants Official Web Site

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

まだ一度も勝っていない小川から勝てそうだったので、何とか逃げ切りたかったが、もともと小川 vs ポレダで勝てると思ってなかったので、実は想定内

正直なところ、この3連戦は首位決戦とかテレビでは言うが、まだまだほんの序盤戦だし巨人が本来の強さを取り戻すのは、まだもう少し先の話。3連敗さえしなければそれでイイと思ってた。

今日のゲームも相手のミスでチャンスをもらい、ポレダのタイムリーというラッキーな形で勝ち越したが、小川自体の調子が良くなくて、高めにボールが集まっていたし、ストレートのキレも好調時ほどではなかった。こちらの調子が良ければ巨人のクリーンアップがもっと小川を攻めこまなければいけない状態だったと思う。

先発のポレダは今まで見た中では一番良かったと思う。変化球が甘かったので、それを痛打されてしまったが、あのへんは小林がもっと上手くリードすべきだった。

大引のタイムリーも次のバッターが小川だってことを考えれば対処できたし、畠山のホームランも2アウトだったので、歩かせてもいいくらいに散らせてゆく冷静さが欲しかった気がする。

(ま、それを言っちゃったら、ポレダのタイムリーもヤクルトバッテリーから見れば、防げた失点だけど(笑))

ヤクルト打線が本調子でないことを加味しても、ポレダの8イニング2失点は上出来で、投げるごとに少しずつ良くなっているように思える。コントロールの安定感は無いものの、積極的に振ってくるヤクルト打線のおかげで、四死球は1個だった。

ストレートの威力がそれなりにあるうちは、うまく緩急で対応できる

これから、もっと日本式の技術を身につけてゆけば、さらに上積みは期待できそうだ

(もちろん、相手にも研究されてしまうだろうけど)

ただ、バレンティンは・・・あの足の引きずり方はとても気持ちの問題だけでは無さそうだし、相手チームの選手ながらちょっと気になる。

原監督だったら、あの状態なら絶対に試合には出さなかったろう。それだけヤクルトも苦しんでいる状態だということか

それと、アンダーソンは頑張ってたね、この間の守備のミスを帳消しにしようと、打席でも積極的だったし、守備でも良いプレーを見せた。少なくても、先日までのセペダよりははるかに戦力になってる(笑)

あと、お願いだから長野に関しては、ゲームに出しながら状態をあげてゆく方策ではなく、ファームに落とすなりして、時間を与えてあげて欲しい。何度も言うが、下では隠善、矢野が好調だし、大田も好守に問題なさそうだ。実戦復帰初戦で堂上も打ってるし、今の長野の代役候補は何人かいるので、長いシーズン、焦らずに長野はしっかりと調整してもらいたいと思う

内海も3イニングを投げて、復帰間近な感じだし、亀井のフリーバッティングも始まり、明日のファームでは状態を見ながら出場を考えるってことらしい

チームとしては、これから先、上積みが期待できるので、今は何とか首位から大きく離されないように、2勝1敗、1勝2敗ってのを積み重ねて食らいついていってくれれば、きっと5月から明るい未来が待っている気が・・・・する

ま、贅沢を言えば、最後のサヨナラの場面、せめて打球が澤村のグラブにでも当たって、前に落ちてくれていれば・・・・ってのだけが、今日の残念な点だった

管理人:みんぐ

http://ameblo.jp/ming-maro/