4/16 巨人 7-1 DeNA → エースがおさえ、主軸が得点する理想的な勝ち方

巨人 7-1 DeNA → 対 DeNA:4勝1敗0分 横浜スタジアム

勝利投手:菅 野 4試合 2勝 2敗 0S

セーブ :

敗戦投手:高 崎 3試合 1勝 1敗 0S

投手リレー

巨人:菅野→笠原→戸根 捕手:阿部→小林

DeNA:高崎→加賀→長田→小杉 捕手:黒羽根→高城

本塁打

巨人:村田1号ソロ、橋本1号2ラン

DeNAバルディリス3号ソロ

TBSチャンネル にて観戦

解説:佐々木主浩 実況:椎野茂

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

横浜スタジアムで行われた横浜DeNAベイスターズとの5回戦。試合は巨人が投打に圧倒し完勝した。初回に橋本、坂本の連続タイムリーヒットで先制すると、四回には村田に待望のソロホームランが飛び出すなど五回までに5点を挙げる。さらに七回には橋本がこの日3安打目となる2ランホームランを放ち、試合を決めた。先発の菅野は7回1失点の好投で今季2勝目。7対1で勝利した巨人は今季初の4連勝を飾った

Yomiuri Giants Official Web Site

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今日に関しては表題の通り

若きエース菅野が強力DeNA打線を7イニング被安打3、失点1におさえ

打つ方では3、4、5のクリーンアップで6打点、不振の村田に待望の1発が出るなど、展開としては満点に近い野球で勝利した。

その中で、今日のキーになったと思うのが、初回の坂本の2点目となるタイムリ

高崎の立ち上がりを捕まえて、1番がヒットで出塁、2番が犠打で送り、3番がタイムリーで先制し、なおもランナーが2塁という場面。ここが1点で終わったとしたら、高崎は1点取られながらも1アウト2塁というピンチを脱したという結果でイニングが終了することになり、「まぁ初回だし1点は仕方ないか・・・」と、悔しがりつつもピンチを脱した安堵感の方が大きくなってしまい、その後に立ち直ったかもしれない

チームのキャプテンで4番の坂本が、すぐさまタイムリーで追加点を入れたことで、まず巨人ベンチの空気は一気に盛り上がる。

一方の高崎は、菅野相手ということで最小失点でおさえたかったところを2点取られてしまい、その後に攻撃陣へプレッシャーをかけてしまうことになってしまったし、一方の菅野はソロホームランなら別にイイという感じで、気持ちも少し楽に投げられるという流れへ繋がった

初回のキャプテンの2点目が、3、4、5回のタイムリー、ホームラン、犠牲フライへとつながっていったと断言したとしたら・・・・言い過ぎでしょうか?

点差がついてしまえば、投打ともに肩の力は抜けるわけで、橋本の2ランは本人の気持ちよさもあって、高めのボールを綺麗に回転してスタンドまで運ぶという、橋本に始まり、橋本に終わるという劇場が完結することになった

今シーズン初めてと言ってもいい理想的な勝ち方が、ここに来てやっと見ることが出来た。欲を言えば、阿部のホームランというデザートがあれば完璧だったけれど、それはまた次回にとっておくとしよう(笑)

3番 橋本は監督の指示だったようだけど、起用したもののノーヒットで終わったら、やはりベテラン頼みのチームなのか?という空気になりかねなかったところ、最高の形でチームに勢いをつけることが出来た

やはり若武者の活躍はチームに活気をもたらせるし、見ているこっちも同じ勝利でも、一味違う格別なものがある。これで先発出場が安泰だった亀井にも火がつくだろうし、外野手争いの激化はそう遠くないうちに戻ってくるだろう大田も加えて、ますます激しくなりそうで、ギリギリで戦ってトンネルの出口が見えそうで見えなかったチームに、明るい兆しが見えてきた今日の一戦だったと思う

流れから言えば、菅野に最後まで投げさせるという選択肢もあったと思うけど、しばらく投げていない笠原、戸根にも投げさせ、マシソン、澤村を休ませる(おそらく今日は肩も作ってないだろう)という事もでき、小林にもマスクをかぶらせるという事ができて、甲子園に乗り込む前のゲームとしては最高の展開に持ち込めたのではないかと思う

村田の一発にも触れておきたいが、バットを寝かせる構えに変更し、右方向へ打ったホームランは最短距離でバットが出て、それでいて右方向へ引っ張るような力強いスイングが出来ていた。ただ、出来ればその前の打席で同じボールがあっただけに、本当は1打席目で打ってなきゃいけなかったと敢えて言いたいし、その後の打席はリキみすぎというか狙いすぎて、ボールが全く見えていないように感じた

バッターは1本のヒット、ホームランでガラっと変わると評論家は口をそろえて言うけれど、村田に関しては、去年さんざんと同じ状況を味合わされているので、たった1本のホームランで何かが変わるとは、ぶっちゃけ信じてはいない(笑)

読みが外れてあさっての方向にバットを振っている姿もあったし、フォームやスイングも大事だけれど、何はともあれ、昨日今日デビューしたルーキーじゃないんだから、もう少し頭を使って状況判断をしながら、配球を読む工夫をしないと、来た球を打ってOKだった頃とは年齢もキレも違うということを、そろそろ感じてもらわないとね

ホームラン打ったのに、文句言っちゃって可愛そう・・・(汗)

(この先、8番のままでいいなら、今日みたいな三振かホームランみたいなスイングでも結構だけど)

明日は甲子園でメッセとポレダの外国人対決

普通に実績で考えれば、阪神が波に乗れていない状況を加味しても、こちらが不利なわけだけど、ポレダは前回、東京ドームで6回3失点ながら阪神に勝利しているし、阪神に対して嫌なイメージさえ持っていなければ、意外とスイスイとおさえてしまう可能性もある

巨人はおそらく、今日と同じオーダーでゆくだろうから、金城、橋本、阿部の左バッター、つまり1、3、5番がどう機能するかがキーになりそうだ。終盤までもつれる展開に持ち込めれば、徐々に調子の上がってきているマシソン、グッさんを投入し、抜群の安定感の戸根と澤村も容赦なくつぎ込める。

甲子園での初の巨人戦ということで、ポレダもいつもと違う空気にビックリするだろうけど、むしろソレを力に変えて、力投してくれると期待して、プレイボールを待ちたいと思う

そうそう、片岡300盗塁オメ!ホントは去年達成していなきゃいけなかったね(笑)

管理人:みんぐ

http://ameblo.jp/ming-maro/