4/3 巨人 2-4 阪神 → いやぁ笑っちゃうくらいに勝てないね(涙)

巨人 2-4 阪神 → 対 阪神:0勝1敗0分 東京ドーム

勝利投手:メッセンジャー 2試合 1勝 0敗 0S

セーブ :呉昇桓 5試合 0勝 0敗 3S

敗戦投手:菅 野 2試合 1勝 1敗 0S

投手リレー

巨人:菅野→戸根→マシソン→澤村 捕手:阿部

阪神メッセンジャー→呉昇桓 捕手:梅野

本塁打

巨人:

阪神

日テレG+ にて観戦

解説:川藤幸三 実況:河村亮

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

本拠地・東京ドームに帰ってきて迎えた阪神タイガースとの今季初戦。巨人は3連敗中という悪い流れを断ち切るため、内野手登録の阿部を捕手に据えてこの試合に臨んだ。試合は巨人先発の菅野が6回3失点とまずまずの投球をするも、打線がつながらない。内野ゴロの間の2得点に終わり、菅野を援護できなかった。阿部が捕手に復帰した試合を勝利で飾れず、これでチームは4連敗となった

Yomiuri Giants Official Web Site

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ゲーム前のストレッチで阿部がレガースをつけていたので「もしや?」と思っていたら・・・・まさかのキャッチャーでの出場

相川が”右大腿二頭筋肉離れ”ってことでの起用なのはわかるし、ゲーム後のインタビューでも原監督は「緊急事態」と言っていた。チームが連勝中とか、好調なら小林を起用するか先発投手との兼ね合いで實松を出し、ゲーム展開によって第3捕手として阿部に守らせるというやり方をしたのだろうが、いかんせん打線が機能していないため、阿部を捕手として出場させることで、空いた野手枠に片岡を持ってきて、由伸の枠には東京ドームということで一発の可能性があり、何とかきっかけを掴んでほしいという願いを込めてセペダを出したのだろう。

個人的には由伸が疲れているとか、どこか具合が悪いというところが無いのであれば、片岡ではなく井端はセカンドのままで、ファーストに由伸という選択肢もあったのではないかと思っている。

(東京ドームでの一発狙いなら大砲を1人でも多く・・・って単純な発想だけど)

緊急事態かつ攻撃力を上げるための阿部の捕手先発だとしても、開幕前、あれほど「99%阿部をキャッチャーで使うことはない」と言っていたのに、3カード目でこれは早過ぎるんじゃないかと・・・

これ以上、連敗を重ねるとベンチの雰囲気が悪くなるという心配なのかもしれないけれど、余りにも焦りが見えてしまい、かえって逆効果なのではないかと思う。初志貫徹するのか、臨機応変にゆくのか、最終決断はもちろん監督が決めることではあるのだが、このへんは皆さんの意見も聞いてみたいところ

投打ともにバランスの取れた強敵 阪神タイガース。特にメジャー行きを断念して残留し、キャプテンになった鳥谷は個人的に要注意。3番で起用されることが多かった鳥谷だけど、彼の驚異的な出塁率と足の速さは実は1番バッターに起用されたら非常にやっかいだと2年前から思っていたので、オープン戦からの1番起用は「ソコに気づいちゃったかぁ!」と苦々しく思ってた(笑)

ゴメス、マートン、メッセ、スンファンとタイトルホルダーの外国人4人がいなければ去年も2位にはなれなかったのでは?なんて笑いながら阪神ファンと飲む時に言うのが口癖になっていたけれど、その4人はまんま球団に残っているわけで、彼らの活躍が今シーズンの阪神の勝利に直結するのは間違いない。出来れば今日の初戦でゴメス、マートンを抑えこみ、メッセからダメージの残る得点の仕方でゲームを進め、最後に呉昇桓から勝ち越して勝利!ってのが最高のシナリオだったのが・・・・

今の巨人にそれを望むのはいくら何でも無茶ぶりか(笑)

5回まで毎イニングランナーを出し、4回にはノーアウト満塁のチャンスまで作りながら、もはや恒例行事の「村田のゲッツー」の間に1点と5回の井端のショートゴロの間に1点という、またまたタイムリーのない得点の取り方でフラストレーション溜まりまくり(汗)

決して調子が良いとは言えないメッセを打ち崩すどころか中盤以降は立ち直らせてしまい、6回以降は4イニング連続三者凡退という悲しい結果

開幕投手の菅野も丁寧すぎるほどの投球で、らしさが見えないながらも何とか6回を2失点で乗り切るのだが、三者凡退のイニングが1度しかなく、こちらから見れば、打たれながらも粘り強く投げたとも言えるし、阪神側から見れば、なぜ今日の菅野を打ち崩せないんだ!と歯がゆい思いで見ていたのではないだろうか

新人の戸根が相手をしっかりと睨みつけ、臆すること無くゴメスに対してもインコースにバンバン投げている姿を見て、これで打線にリズムが・・・と期待もしたのだが、それも実らず、僅差のゲームで出すにはまだ心配なマシソンが案の定 打たれてほぼ終了(涙)

まぁ打たれたマシソンを責めるより、4回のチャンスに1点しか取れなかった打線を責めたいところ

明日のポレダに期待したいところだが、岩田とのマッチアップでは正直なところ勝てるイメージが見えてこない。ヘタをするとハヤトゥー(高木勇人)に連敗ストップを託すなんて悲しい事になりかねないから・・・・怖い

(新人にそんなプレッシャー与えたくないよ(汗))

管理人:みんぐ

http://ameblo.jp/ming-maro/