8/5 巨人 6-7 DeNA → なんていうか…かなり重症だね、どうしたら良いものか(今日の記事は支離滅裂)

巨人 6-7 DeNA → 対 DeNA:6勝5敗0分 新潟ハードオフエコスタジアム

勝利投手:林 35試合 2勝 1敗 1S

セーブ :

敗戦投手:西 村 26試合 1勝 4敗 5S

投手リレー

巨人:小山→久保→青木→田原誠→山口→マシソン→西村 捕手:阿部→小林

DeNA:久保→三上→国吉→ソト→加賀→萬谷→大原→林 捕手:黒羽根

本塁打

巨人:坂本9号ソロ

DeNA:ブランコ8号2ラン

日テレG+ にて観戦

解説:衣笠祥雄 実況:町田浩徳林正浩

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

新潟で行われた横浜DeNAベイスターズとの11回戦。先発の小山は初回に梶谷のタイムリ二塁打で先制を許すと、ブランコにも2ランを浴びる。二回にも連続タイムリーを許し、序盤から巨人は5点を追いかける苦しい展開となった。打線は終盤の八回に小林のタイムリ二塁打を皮切りに、巨人打線が反撃を見せる。九回は二死からの猛攻で、高橋由のタイムリー、セペダの押し出し四球で最大5点差あったゲームを振り出しに戻した。試合は延長戦に突入すると、十一回に坂本のソロで勝ち越すが、その裏再び同点とされる。十二回、西村がサヨナラヒットを許し、6対7で惜敗を喫した

Yomiuri Giants Official Web Site

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2アウトからの後につながらないヒット2本に肝心なところゲッツーに三振という村田…

打つのみならず配球も???な阿部

やはりこの二人に元気が出ないことにはどうにもならないのか?

阿部に関しては皮肉にも小林に代えたところで、その小林は2本のヒットに死球での出塁。さらにはマスクを被った3回以降、勝ち越しするまで失点を許さないという結果をもたらすなど、空気的には「最初から小林のほうが・・・・」と思わせてしまう内容で、仮に勝てていたとしても悶々とした気持ちになるゲームだった

ただでさえ、菅野と香月が離脱して「この先大丈夫?」という空気が漂う中でのゲームスタートだったし、ここのところ好調なDeNA打線にすっかり巨人キラーと化した久保を相手に序盤で5失点・・・暗雲立ち込めるのは仕方ないが、それにしても久保を打てなさすぎ(涙)

一旦、苦手投手を作ると、攻略するまでに時間がかかるのが巨人の伝統(笑)だが、なんかもうやる前から「今日は打てそうにないな」という雰囲気が重すぎる!

原監督も先に点をやらないことなんて言いながら、1回表に坂本が出塁したにも関わらず、送ることが出来なかった展開に嫌な予感を感じていたら、その裏にあっさりと先取点を許し、それでなくても打てない打線にさらにプレッシャーがかかってしまった

阿部の配球に戻るが、ゲーム中、衣笠氏が小山は良いカーブを持っているのに投げないのは勿体無いと言っていた。これまで小山と阿部が組んだ時に散々言われていた「フォークが多すぎる」という配球もそろそろ通用しなくなってきている気がするし、高低にうまく投げ分けられない今日の小山のような場合は緩急を使うしか抑える方法は無かったんじゃないかと個人的には思うが、残念ながら配球に変化が現れたようには見えなかった。

一方で小林はどちらかというと、高低がダメなら左右で・・・という感じに見え、ヒットは打たれたものの何とか無失点で切り抜けさせたのが印象的

昨日の週刊ジャイアンツ(日テレG+)では、中日戦での大竹と小林のタッグに触れていたが、しっかりと二人で話し合い、シュートを軸にしつつ攻めのピッチングをすると、意識を統一して望んだことが良い結果に繋がったと二人が言っていた。果たして阿部とピッチャーとの間で事前、ゲーム中、ゲーム後にどの程度コミュニケーションが取れていたのか?想像するしか無いが、ベンチ内での映像を見る限りはとても前向きな会話をしているとは思えない。もちろん阿部に対して意見を言える投手は巨人内にはいそうにないが、それでも威圧感を与えること無く投手の良い所を引き出す、その日のピッチングの中で使える球について話し合う、配球のテーマをしっかりと伝える・・・などのやりとりはやって欲しい(というかあって欲しいと願う)。小林のようにすぐに投手のところに行って、あぁだこうだと話し合うタイプを嫌いな投手もいる・・・と以前 堀内氏が言っていたが、杉内や内海のようなベテランならともかく、やはり若い投手にはしっかりとしたコミュニケーションが大事だと思う

日本代表まで務めた阿部のキャッチャーとしての力量にケチをつける気は無いが、それはあくまでもバッティングが好調な時の話。チーム全体が元気なく、自身のバッティングも思うようにゆかない状況で投手との息を合わせるという難作業は今の阿部にはキツそうだ

っていうか、もう何度目になるか言い飽きたが

”お願いだから、阿部と村田に関しては1試合外すとかいう生ぬるい処方ではなく、抹消するくらいの荒療治を本気でやってくれ!”

と声を大にしてもう一度言いたい

今日に関して言えば、奪った6得点に阿部と村田はまったくもってかすりもしていないし、チャンスでどちらかに1本出ていればむしろ勝っていたゲーム

途中出場の小林は阿部のように一振りでゲームを決めるようなバッティングこそ出来ないが、際どいボールに自ら当たってでも出ようという出塁に対する強い気持ちを感じるし、バットの出も阿部よりもスムース。何とかして自分で決めなければ!という責任感ではなく、とにかくどんな形でもいいからチームの勝利に貢献したいというガムシャラな気持ちが伝わってきて、むしろ非常に頼もしく感じた

同じような事が村田にも言える、12回2アウトでもう一発でも出ない限り勝ちが薄いという状況の中、甘い球を待っているのかと思いきや外角に手を出して空振り、次に低めに手を出してレフトフライ・・・・衣笠氏も「狙い球を絞って相手にプレッシャーをかけなければいけないところ、何を狙っているのかわからない」というような事を言っていたが、ホームランを狙っていい場面で、とにかく来た球を打つというような相手主体のバッティングをしているようでは、なんの圧力にもなっていない(涙)

原監督の常々言う「うまい選手はいらない、強い選手が欲しい」というのは、ケガに強い鋼のような身体の選手のことだけではなく、劣勢でも相手をビビらせる事のできる精神的にも強い選手という意味だと思う。村田がチャンスに弱いメンタルの持ち主だということはベイスターズ時代から知っているが、巨人にきて昨年、7,8月と大爆発することで村田の中で何かが変わったと喜んだ私の期待は、今シーズン見事に裏切られてしまった(涙)

それでもまだ、もっているポテンシャルはこんなものでは無いと思っているし、阿部にしても村田にしても開幕前は「ホームラン(と打点)にこだわりたい」と言っていた。チーム状態が良くないからと、それに合わせて自分のバッティングを見失うくらいなら、相手のエースが出てきた時に「今日は絶対に打ってやる!」という強い目の光を放ちながら打席に入って、結果凡退という方がまだマシだ

その自信が無いなら、それが手に入れるまでベンチに入るべきではないと思うし、それだけの選手だし、それだけの年俸をもらっていると思うから・・・

ミスターコンパクト村田コーチが打撃コーチに復帰したそうだが、正直なところ見回したところで、今の攻撃陣を立て直せそうなメンツが見当たらない

っていうか、もしも適任がいるとしたら松井ぐらいしか・・・

(松井が各選手の良い所を褒めてくれたら、それだけで選手は勘違いして実力以上の力を発揮しそうな気が(笑)ってくらい、実績と説得力がハンパないと思う)

もしもこの先、上がり目があるのなら、今ならぶっちゃけ2ゲームくらい離されての2位くらいなら落ちても構わないと思っているので、やはり阿部と村田に関しては8月後半にはしっかりと主軸として力を発揮し、その先の短期決戦で圧倒するためにも抹消して、心身ともにリセットして欲しいと心から願う

(この二人の不調はベンチ内の空気を悪くするだけでなく、周りを萎縮させ、伝染させてしまう副作用がある)

ってか、オールスター明け以降、村田と阿部のポジションに小林(or 實松)と寺内(or 井端)がいたとして・・・今よりも勝率が悪くなってたか?と言われると とても YESとは言えない

明日の杉内 vs 山口で勝てないと、7日には制球がまだ不安と言われる中、復帰予定の宮國が控えている。菅野の抹消に関しては指の故障以外に、ここのところストレートのキレが落ち、制球に乱れが生じている弱点をしっかりと治させる(恐らく下半身を鍛えなおすくらいの事はしそう)のが目的だと思っているが、復帰が遅れれば戦績に影響し、僅かな希望をもって上げてくる宮國が、降格の原因となったDeNA打線に捕まるようなことがあれば、ローテ崩壊の危機に陥りかねない

右のエース不在の中、せめて杉内と内海の二人がゲームを作ってくれなければ、毎週6連戦を勝ち越しで終わらせるというのは不可能になってしまうので、内容は問わないので杉内には踏ん張って欲しいと思う

(ん?さっき2位に落ちても構わんと言ったろうが・・・・いや、言ったけれど首位をキープ出来ればそれに越したことは(汗))

まぁ今日に関しては負けゲームを追いつき、一度は追い越した時点でいっぱいっぱいだったから・・・そもそもおいつく原因になった久保の降板が無ければ、数点は返したものの、結果的には負けてただろうゲームだし・・・

(むしろDeNA側はこのまま負けていたら、久保の心中や如何に!って感じだっただけに、単なる1勝よりも久保がムクれないで済んだというだけで中畑監督にとっては大きなことだったと思うが)

負けたから愚痴が多いのは仕方ないが、今日に関しては勝っていても同じだったと思う

(途中でチャンネル変えて見てた阪神 vs ヤクルトが祭りをやってたので、そっちの方が面白かった(笑)っていうか、ソフトバンク打線・・・・ウラヤマシス(支離滅裂だな))

管理人:みんぐ

http://ameblo.jp/ming-maro/