5/16 巨人 2-7 広島 → 焦りがミスを呼び、事態を悪くする悪循環に・・・

巨人 2-7 広島 →  対 広島:3勝4敗0分 東京ドーム

勝利投手:大瀬良 7試合 5勝 1敗 0S

セーブ :

敗戦投手:内 海 8試合 0勝 4敗 0S

投手リレー

巨人:内海→田原誠→笠原 捕手:阿部

広島:大瀬良→一岡 捕手:會澤→石原

本塁打

巨人:ロペス12号ソロ、坂本3号ソロ

広島:エルドレッド13号2ラン、菊池4号ソロ、小窪2号ソロ

日テレG+(録画)にて観戦

解説:池谷公二郎 実況:町田浩徳平川健太郎

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

東京ドームで行われた広島東洋カープとの7回戦。巨人先発・内海は立ち上がりを攻められ初回に3点を失う。一方の打線は広島先発・大瀬良を打ちあぐね、詰め寄れない。五回、六回にロペスと坂本のソロホームランで追い上げを図るも、逆に広島に突き放され2対7で敗れた。内海は4敗。巨人は今季初の5連敗となった

Yomiuri Giants Official Web Site

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

昨夜は深夜まで外出していたので、起きてから録画した試合、ニュースを見てこれを書いているのだが、5連敗したとわかっている状態でこれらを見るのは苦行に近かった・・・

内海が反省する通り、初回の3点が重すぎた

今の打線の状態でいきなり3点取られるとさすがに苦しいわな(涙)

初回いきなり初球を梵が打ち、2球目で菊池が送り、丸にタイムリー、エルドレッドにホームランという、広島としては理想の展開でスタート。巨人としては最悪の立ち上がりになってしまった

打線が好調なら粘り強く投げて反撃を待つんだが、大瀬良が初回に3点の援護をもらって強気に攻めてきているし、4連勝中という勢いもあって、なかなか捉えることが出来ない。

2回以降、内海らしいピッチングも見られたが、結局この3点が重くのしかかり、打線はわずか5安打、得点はソロホームラン2本という悲しい結果になってしまった

初回の坂本の盗塁死 (セペダに腰を据えて勝負させる余裕が欲しかった)、6回のセカンドライナーでの長野のアウト (打球判断が甘かった)など、攻撃する選手たちにも焦りが見え、まだ2試合のセペダはともかく、主軸であるはずの村田、阿部がいいように料理されてしまうなど、本来ソツのない攻撃が出来るはずの打線は、今日も全く機能しなかった

投手が苦しいなら打線が、打線の状態が悪いのなら投手陣がカバーしなければいけないのだが、今はどちらも悪いという状況的には最悪の状態で、気がつけば後ろに中日の影がチラホラ見え始めてきた

こんな時に勝って、空気を変えるのがエースの役割で、内海自身未勝利ということもあり、今日勝って悪い状態を払拭したかったのだが、連敗を止めるどころか、この3連戦で首位との差がさらに開くという、一番恐れていたことになってしまった

連敗のきっかけとなってしまった菅野に止めてもらうしかない状況なのだが、悪いことに相手はマエケン。こちらは取れて1~2点となればもはや完封しか勝つ道は無さそうなハードルの高い仕事だが、今日負けると今週は1勝も出来ずに終わって交流戦を迎えるということになりかねないので、ムリを承知で菅野にすがりたいと思う

っていうか、先日は不調になった畠山を復活させ、12打席ヒットのなかったエルドレッドも目覚めさせてしまうという・・・巨人戦をきっかけに復調する選手はこれまでも多いのだが、今シーズンはなんか例年以上に相手選手を鼓舞してしまっている気がするのは私だけ?

管理人:みんぐ