5/13 巨人 4-6 ヤクルト → 強いチームになるには、こういうゲームを勝たないと

巨人 4-6 ヤクルト →  対 ヤクルト:4勝3敗0分 福島いわきグリーンスタジアム

勝利投手:秋 吉 15試合 1勝 3敗 0S

セーブ :ロマン 13試合 1勝 0敗 2S

敗戦投手:久 保 11試合 0勝 1敗 0S

投手リレー

巨人:杉内→香月→笠原→久保→高木京 捕手:阿部

ヤクルト:古野→久古→山本哲→秋吉→ロマン 捕手:相川

本塁打

巨人:

ヤクルト:

日テレG+にて観戦

解説:水野雄仁 実況:河村亮新谷保志

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

福島県いわき市で行われたヤクルトスワローズとの7回戦。前半は投手戦、後半は点の取り合いとなった。五回、巨人は田中浩の2点タイムリ二塁打で先制を許すも、その裏すぐに松本哲と阿部の適時打で同点に追いつく。さらに七回までに2点を勝ち越されるも、ロペスのソロホームランと阿部の2本目の適時打が飛び出し、再び同点に。しかし、九回に久保が崩れ、2点を失い、4対6で敗戦を喫した

Yomiuri Giants Official Web Site

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

首位を走ろうかというチームってのは、こういうゲームをしっかりと取るチームなんだよなぁ~~~

16安打に5四死球も絡めば6点も取られて当たり前だが、常に主導権を取られながらも追いすがる展開に持ってゆけたなら、最後は勝ち越して勝利しないと・・・

せっかく小林とタッグを組んでいい感じになってた杉内だけど、今日は右ピッチャーということもあってか、阿部を持ってきた。

いや、それ自体に文句があるわけじゃない・・・阪神戦で打てなかった阿部が一日挟んで少しでも良くなっているのであれば、基本的には問題ない。

ただ、完全復調とは言えないまでも、5月に入って連勝中の杉内の「ミスターメイ」という”都市伝説”のオカルトパワーを信じるのであれば、前回同様、小林とのタッグでも良かったのでは・・・とゲーム前に思ってしもうた(汗)

ヒットを許し、危ない場面は迎えるものの、ギリギリのところでチェンジアップが良い所に決まったり、相手が打ちミスしてくれて、何とか耐えていたんだが・・・それにしても、あくまでもイメージだけど、どんだけ不調だと言われようが、なんか田中浩康にはうちの左投手は打たれる場面しか見てないような気がするのは気のせい?(同じく飯原にも・・・)

なんかピンチで田中浩出てきた時点で、打たれる予感しかしないという…

とはいえ、まぁ5回の2失点は想定内といえば、想定内。この時点では2点取られた杉内よりも連勝中とはいえ、過去2度も対戦経験のある若武者の古野を相手に先制出来ない打線のほうが悪いと思ってみていた。

ただ、さすがに6回、その古野にタイムリー打たれるとか…は、言い訳無用か

ま、今日に関しては水野氏の言うとおり、ってか、これまでもこのブログなどでも散々言われてきたこと。杉内のバロメータは三振だが、5回2/3で5つ取りながらもそのうち2つはピッチャーからなんで実質3つというのは少ないし、そもそも6回で110球とか球数多すぎ。これじゃあ打線にリズムを与えられないし、見ている方もドキドキとイライラの狭間でストレス貯まる。

時々ハッとするようないい球が行くだけに、それの精度をもっと上げないと怖くて見てられん・・・

スロースターターなのはいいけど、シーズン後半の涼しくなる時にはまた落ちちゃうのだから、今頑張ってくれないとねぇ

負け投手になった久保だけど、阪神戦での投球内容が良かっただけに、期待していたんだが、より攻撃力のあるヤクルト打線相手となるとやっぱ難しい?状況的に香月、笠原出したあとで延長の可能性もあったので、2イニングを任されたわけだが、正直言うと打球を当ててるし、川端の場面で高木京にスイッチするべきだったと思う

延長に入って、グッさん、マシソン使って、最後、土田を使うしか手段がなくなったとしても、表の攻撃を凌げばこっちは裏なんで、継投に関しては早めに動くべきだったかと・・・

主導権を握られながらも、香月、笠原とビハインド時のリレーで9回まで同点で粘っていただけに、勝ちパターン以外の継投で勝利するという流れが取れれば、またチーム状況も今後の流れも良くなったはず。紙一重といえばそれまでだけど、本来は杉内出して (失礼ながら)最下位のチームに土壇場で負けるという負け方は、優勝を狙うチームとしてはやっちゃあいけなかった

明日は前回登板が反省しか残らなかった今村と、呪縛から解き放たれた石川の対戦だけに、今村のプレッシャーを少しでも軽減するためにも勝っておきたかった

(ま、本人はチーム状態に関わらず、背水の陣で落とされないよう、自分のピッチングをすることしか意識してないだろうけど)

ヤクルト戦といえば阿部のホームランってことで、今日も一発を期待していたんだけど、阪神戦のバッティングを見た後だったので、どんな形でもいいから、出てくれ!!!!とひたすら願っていたが、タイムリー2本出たのでまぁいっか。ただ、5回の走塁死はダメだろう(笑)アレがなければ味方の得点のあとに追いつかれたってことで、古野も焦りが出て、次の長野も続いた可能性もあったのに・・・(涙)

ロペスのホームランはG+のカメラではファールに見えたんだが、プロ野球ニュースのカメラアングルでは、ポールの真上を通っているようにも見える。審判がビデオ判定の必要なしと自信を持ってジャッジしたのだから、ホームランなんだろうけど、アピールに対してビデオ判定を断るなんてことあんだ!?と個人的にはビックリした。

もし、1点差とかで巨人が勝ってた場合に、後々遺恨を残しかねなかったので、判定の結果がどうであれ、あの場面はビデオ判定しても良かったのでは無いかと思う

セペダが入団し、今日は練習が公開されたが、やっぱスイングスピードの速さはハンパねぇ!って思った。アンダーソンは左右に関係なく今は打てているけど、セペダの場合はスイッチなんで、それこそ相手投手に合わせる必要ないし、あぁいうスイングは相手投手にプレッシャーを与えるのに十分すぎるぐらいなんで、メチャクチャ期待したくなった。

その同郷アンダーソンはセペダが入るなら、喜んでベンチに下がるなんて殊勝な事を言ってるようだが、そんなこと言ってるから…と故障退場の時に叫んでもうた(涙)

ロペスを下げるか、アンダーソンか、はたまたセドンか・・・なんて迷いそうな局面で、アンダーソンが負傷とか勘弁してくれと小一時間(汗)

球団は15日からと言うものの、個人的には最低でも1週間は下で調整してからと思っていたセペダのベンチ入りだったが、こうなると明日にでも加わってくれないと・・・なんて状況になりかねん。

ひとまずは病院に行かずにアイシングで様子を見るようだけど、リーグ1の打率のアンダーソンが抜けるのは痛いどころの問題じゃないので、とにかく大事無いことを祈るばかり

ま、ここまで書いといて言うのも何だけど、2回に長野、村田と出て、片岡の場面で送ってもロペス歩かされ、杉内勝負になる状況だったので、勝負するしかなかったのだが、カウントが2-2になり2球目に手を出したスライダーを見切った時点で「さすが片岡の選球眼いける!!」と思い、エンドランかけたのにまさかのピーゴロでゲッツーになるという運の無さを見た時に「今日はヤバい」と思った

せめて片岡が1塁に生きて1アウト1、3塁だったらロペスと勝負せざるを得ず、犠牲フライで先制できていたんじゃないかと思うんで、まさかの絶妙なピーゴロという結果が今日のゲームを象徴していたんじゃないかと・・・

順位は関係ないといいつつ、カープが勝って3ゲーム差になったんで、さすがに明日は負けるわけにはゆかない。コレ以上ゲーム差が離れると、追いつくのに時間がかかるし、カープのほうが下からのプレッシャーが弱くなって、より勢い出ちゃう可能性あるしね

管理人:みんぐ