4/20 巨人 6-4 中日 → 少ないチャンスで効率よく点を取ったと言うべきか…

巨人 6-4 中日 →  対 中日:4勝2敗0分 東京ドーム

勝利投手:大 竹 4試合 2勝 1敗 0S

セーブ :マシソン 12試合 2勝 2敗 2S

敗戦投手:カブレラ 4試合 3勝 1敗 0S

投手リレー

巨人:大竹→山口→久保→マシソン 捕手:阿部→小林

中日:カブレラ→祖父江→朝倉→福谷→又吉 捕手:松井

本塁打

巨人:橋本2号2ラン

中日:ルナ3号ソロ

日テレG+ にて観戦

解説:篠塚和典 実況:上重聡

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

東京ドームで行われた中日ドラゴンズとの6回戦。初回、巨人は中日に先制を許したが、その裏、長野の2点タイムリ二塁打などで逆転に成功、4点を挙げる。三回にも橋本の2ランホームランで追加点入れて試合をリードしたが、中日打線に、五、七、八回に1点ずつ返され、詰め寄られる展開となる。しかし、最後は九回に登板のマシソンが中日打線を抑え、試合終了。6対4で勝利を収めた。大竹は移籍後、2勝目

Yomiuri Giants Official Web Site

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

スタメンの中にガッツの名前を見た時、正直ちょっとウルっと来てしまう自分がいて、これで井端が先発だったら、ご飯3杯はイケルなと思ったんだが・・・・さすがにそれは無かったか(残念)

初回、1アウト満塁でガッツがコールされ、打席に立つ姿を見て 「いやぁ怖ぇ~な~、去年まで相手球団はこういう視線でガッツを見てたんだな」 と改めて感じると共に、打って欲しい気持ち半分、いやいや、ここでは勘弁してくれよという気持ち半分の複雑な心境

大竹の場合、ノーヒット、無失点でするするとゲームを進めるタイプではないので、立ち上がりのこの状況で1失点で済んだのは、ラッキーというかある意味、らしさの出たイニングだったと思う。これが1点じゃなくて2~3点だったら、以降の巨人の攻撃の仕方も変わっていたと思うし

思ったように投げれなくてイラつきを見せるカブレラから、初回に4点とれたことで大竹も自分のピッチングが出来るようになり、それでも好調とはいえないまでも、5回のピンチも最小失点で切り抜け、7回にルナのホームランを許すものの、何とかゲームを作ることは出来たと思う

ガタガタっと崩れて大量失点しないあたりは持ち味を出していたと思うし、本人は納得してないだろうが、いやいや頑張ったと声をかけてあげたい

ゲームとしては、中日が14安打で4得点、巨人は6安打で6得点と効率よく少ないチャンスで点をとった形に見えるが、4回以降5イニングで2本しか安打が出てないのはよろしくない。

一方で中日は三者凡退だったのは2回だけと粘っているし、こちらの中継ぎが好調ではないこともあって、7回終了時に3点差あってもちょっと不安になってしまう有り様。終わってみれば2点差まで追い詰められた形になり、まだまだ今後に課題を残す形での勝利となった

その勝ち越しの2点差を叩きだしたのが橋本の2ランホームラン

昨日3三振で 「なんだよぉ~褒めてたのに」 と嘆いたけれど、本人も気にしてたようで、今日の活躍はそれを補うには十分以上の活躍だった。ホームランですら、あの場面は進塁打だったと反省する謙虚さと、サイクルヒットがかかる場面でも、セーフティで何とか出塁しようと工夫し、チームの勝利に貢献する姿を「おぅおぅういやつじゃのぅ」と頭を撫でてあげたくなったファンは多いのでは?(えっ!オレだけ?)

昨日までちょっと軌道が大きくなっていたスイングも、よりコンパクトな形に修正されているし、反省してすぐに修正出来る器用さは今のポジションを渡したくないという必死さの現れだと思うが、完全にポジションを奪って中心選手になっても、今の姿勢を忘れずに貫いて欲しいなと心から願う

しかし、私の中での今日いちの盛り上がりは、ガッツのライナーをファインプレーで救った井端のプレー。7回にルナにホームランを打たれ、直後に平田にもヒットを打たれた後で、あの打球が抜けていればそれこそ2~3点は覚悟しなければいけないくらいの流れが中日に行ってしまうところだっただけに、光ったプレーだし、それがガッツと井端ってところが個人的にグッときた

さて、来週は遠征ウィーク

まずは九州に行って、宮崎サンマリンと鹿児島でDeNA戦、そして東京への戻りがてらマツダスタジアムカープと3連戦

敵ながらちょっと同情してしまうほどチーム状態の悪いDeNAとの戦いは、中畑監督の元気のない姿を見たくないだけに心苦しいけれど、下位チームからの取りこぼしは優勝を狙う巨人にとってやってはイケないことなので、是が非でも2つ取りたい

そして勢いをつけて広島と敵地での3連戦を最低でも勝ち越して、差を詰めたいところ

(運がよければ、首位奪回を・・・)

管理人:みんぐ