4/17 巨人 5-3 ヤクルト → 阿部の復活!今村のピッチング、今日は今後に繋がる1勝だった

巨人 5-3 ヤクルト →  対 ヤクルト:2勝1敗0分 神宮球場

勝利投手:今 村 2試合 1勝 0敗 0S

セーブ :マシソン 10試合 2勝 2敗 1S

敗戦投手:古 野 3試合 0勝 1敗 0S

投手リレー

巨人:今村→山口→マシソン 捕手:阿部

ヤクルト:古野→真田→ロマン→石山 捕手:相川

本塁打

巨人:阿部3号ソロ、阿部4号ソロ

ヤクルト:バレンティン8号ソロ、バレンティン9号2ラン

フジテレビONE にて観戦

解説:田尾安志片岡篤史 実況:田中大貴

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

神宮球場で行われた東京ヤクルトスワローズとの3回戦。巨人先発の今村はバレンティンに2本の本塁打を浴びるも、7回を3失点と試合をつくった。一方の打線は、一回にアンダーソンのタイムリーで先制すると、四、五回に阿部の2打席連続弾が飛び出す。九回にも村田がタイムリーを放ち、5対3で勝利。巨人は2位に浮上した

Yomiuri Giants Official Web Site

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

昨日の2本のホームランで、もう大丈夫と思ったか、阿部を5番に起用した原監督

そうは言っても、一日だけの結果じゃねぇ・・・と半信半疑で見ていたんだが、いや、すんません、阿部の復活は本物だった!

どっしりとした体幹に最短距離でバットが出てくるスイングスピードは、良い時の阿部のバッティング。2本目のホームランは普通なら外野フライになりそうな高めのボールだが、コンパクトで上からバットが出ているため、阿部の回転ならミートしてスタンドに持ってゆくことが出来る。

タイミングを外されながら、パワーでスタンドまで運んだバレンティンの1本目のホームランと対称的なホームランだったと思う

これで2日で4本。阿部の場合は打ち始めるとしばらくは止まらない事が多いので、明日以降も期待が持てるし、4番を打つ村田にも何とかタイムリーが出たことで、村田の気持ちも少し楽になり、後ろに阿部がいるからと打席での緊張感も少しは変わってくるだろう。もちろん 「オレだって!」 という気持ちがメラメラ湧いてくる事も期待したい

また、4回、片岡の四球も非常に貴重。よくバットが止まってくれたとTVの前で叫んでしまった・・・・正直、守備には不安はあるが (今日も微妙な送球とかあったし) 勝負強いバッティングと足はやはり魅力的。三振も少ないし、早く1番橋本、2番片岡というコンビが見たいと強く思わせてくれた

アンダーソンも今日は自分を日本に導いてくれたセギノールと会って、気持ちも新たになったようで躍動していたし、3,4,5番が打てばやはりチームは活気づく。昨日に続いて2ケタ安打打ったしチームの順位も浮上したことで、明日は東京ドームで気持よくゲームに入れることだろう

さて、今季初先発の今村。個人的には公文、松本竜と共に今シーズン私が期待する若武者なんだが、先日の阪神戦はもう忘れて、今日が彼にとって開幕のつもりで投げてほしいと思ってた

チーム打率の良いヤクルトを相手に、7回112球で被安打8 (うちホームラン2本)、自責点3は十分合格と言っていいと思う。自責点3は全てバレンティンのホームランで、その2本ともバレンティンじゃなきゃ入ってないだろ?と言ってイイ球だったので今日の結果には自信を持っていいと思う

さらに評価したいのは四死球が1個しか無かったこと。ここのところ四球をきっかけに失点するケースが多かったので、それが無いだけで随分と締まったゲームになる

独特のタメのあるフォームは、グッさんや高木京とはまた違ったタイプのピッチャーで、合わないバッターはとことん合わなそうな感じ。バレンティンにしても、1本目のホームランはタイミングを狂わせていたし、対ヤクルト戦で左ピッチャーを出すと、どうしても嫌なイメージが頭に浮かぶ飯原に関しては、今日は完全に抑えこんでいた。1イニングに2本以上安打されたのは6回だけだし、今日のゲームの中で出てきた課題を克服し、それの修正を繰り返してゆくことができれば、十分にローテを任せられそうな期待感は持てそうだ

15日までの嫌な空気を一掃するには、選手のガムシャラな頑張りだと思っていたが、今日の今村の1勝は単なる1勝ではなく、阿部の復活と相まって、ベンチの空気を一変する可能性をもった1勝だったと思う

あとを受けたグッさん、マシソンもヒットは許したものの、何とか無失点で抑えることが出来た。投げているボールに不満はまだあるけれど、結果を出したことが次に繋がってくれると今は信じたい

そんな中での注目はマシソン vs バレンティンだったわけだが、原監督も粋な演出をするなと思いながら、もし、これでバレンティンに打たれでもしたら、それこそ計り知れないほどの精神的ダメージを受けるという諸刃の剣というか、勇気ある決断だったと思う

結果としては原監督の言う 「ファンティングスピリッツ」 が全面に出た気迫ある投球で、三振にしとめたスライダーは打つ気マンマンのバレンティンが思わず手を出してしまう絶妙の変化だった。

(個人的には高めのストレートで空振り三振・・・だったら最高だったけど、今はまだ無理か)

それにしても、バレンティンはヤバいな。去年の良い時のようにバットが届くところなら、何でもスタンドに放り込んでしまいそうなオーラがビンビンに出てる。阪神戦のマートンは打ち出の小槌だったが、今のバレンティンも同じくくらい手がつけられない感じになってしまった。各スポーツニュースで、今季まだ死球がない、誰もインコースに投げ切れていないと口をそろえていたが、当たったらゴメンなさいくらいの気持ちで思い切って懐に投げるか、状況によってはバットを振らさない打席を多く作って、ストレスを貯めさせるくらいしか攻略法が思いつかない

明日の能見 vs 小川のエース対決と、マートン vs バレンティンの主軸対決はある意味、非常に興味深いゲームになりそうだ

阪神バレンティンの対処を誤ると苦戦を強いられることになるだろう、幸いなのは甲子園ということで、神宮よりもスタンドインの可能性が低いことか)

終わってみれば2勝1敗で終わらせることが出来たのは上々。これで菅野に勝ちがついていれば、完全にチームはノッたことだろうが、それはまぁ終わったことなんで仕方ないと割り切ろう。

明日の杉内に勝ちがつき、それに内海が続いてくれれば、勢いはさらに加速するだろうから、何としても杉内には内容と結果が伴ったゲームを作って欲しいと願う

管理人:みんぐ