4/11 巨人 1-5 阪神 → 点差以上に紙一重の差だったなぁ、ま、しゃーない

巨人 1-5 阪神 →  対 阪神:2勝2敗0分 甲子園球場

勝利投手:メッセンジャー 3試合 1勝 1敗 0S

セーブ :

敗戦投手:杉 内 3試合 0勝 1敗 0S

投手リレー

巨人:杉内→高木京→香月 捕手:阿部

阪神メッセンジャー→呉昇桓 捕手:藤井

本塁打

巨人:

阪神マートン5号3ラン

フジテレビone にて観戦

解説:田尾安志片岡篤史 実況:大橋雄介

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今季初めて甲子園で行われた阪神タイガースとの4回戦。試合は巨人・杉内、阪神メッセンジャーの投げ合いで始まり、中盤までは一歩も譲らぬ投手戦となった。杉内は五回まで阪神打線をノーヒットに抑えたが、六回にマートンの3ランを浴びて先制を許した。打線は七回まで無得点。八回、アンダーソンのタイムリーヒットで1点を返して反撃した。しかし、その裏、リリーフ陣が連打を浴びて追加点を許し、1対5で敗れた

Yomiuri Giants Official Web Site

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

シーズン最初の甲子園での阪神との3連戦というと、どうしても嫌な思い出がよぎってしまう・・・

派手な試合で勢いに乗る阪神相手だが、初戦を取れば東京ドームの再現とばかりに勢いを消すことができるし、負ければ「よっしゃイケル!」というさらなる勢いを与えてしまいかねない。

明日よりも、明後日よりも今日が大事だったんだが、残念ながら敗北してしまった

今日の杉内は球速こそキャンプで見たキレはまだ無いものの、阪神打線の 「杉内は苦手」 という意識と相まってか、非常に丁寧に投げて沈黙させていた

キーになったのはマートンに3ランを打たれる前のゴメスの投球

すぽると野村弘樹氏が言っちゃったので、なんか他人の言葉を借りるようで嫌なんだが、私の観戦メモにも同じことが書いてあるので、あえて言わせてもらう

仕留めていればそこで終わっていた外角のストレートを見逃され(あるいは手が出なかった)、ボール判定にされたあと、変化球をハーフスイングしながらスイングと取られなかった場面。

いや、判定に文句をつけるつもりはない、ただ、審判によってはどちらもストライク (とスイング) と判定されてもおかしくないギリギリの判断だったと思う。あれが三振に取られていれば、その後の展開はまるっきり逆になってもおかしくなかった

前評判以上に選球眼の良いゴメスの勝ちだったと思うが・・・・

ついでにいえば、1点を争う状況での2アウトだったので、ぶっちゃけ今の「打ち出の小槌状態」のマートンとは勝負をさけるような配球でも良かったのではないかと思う

結果的にゴメスを四球で出したことで、マートンに対して際どいボールを投げられなかったことも杉内にとって悪い方へ流れが行ってしまった

1点ならまだしも今日のメッセ相手にいきなり3点差では完全アウェーの空気の中、流れを変えるのは難しい

食い下がった8回のチャンスで村田がゲッツーに倒れてしまったが、チームバッティングをした村田の打撃は悪くない。ツキというか流れが完全に阪神に行ってしまっていた状況がゲッツーを産んでしまったと思う (いや、思いたい)

中継ぎに不安がある阪神 (ま、巨人も人のことは言えないが) だったので、いかにメッセを早く降ろさせることが出来るかが勝負の鍵を握ると思っていたのだが、結果的に8回まで投げさせてしまったことが敗因といえば敗因か・・・(涙)

これで対戦成績は五分

冒頭で言ったように、初戦を取られると阪神に勢いを与える結果になるだけに、明日のゲームが重くなってしまった。なんとなくまだ波に乗り切れない能見と前回危険球で途中降板の内海との戦いは、どっちに流れが転ぶか全く予想がつかない

開幕戦で不本意だったものの、2戦目で今季初勝利を手にした能見が本来の姿を取り戻すのか、前回登板の悔しさを解消する快投を内海が見せてくれるのか、左投手を苦にしていない今シーズンの巨人打線がどれだけ内海を援護できるか、キーになるのは (ベタな予想だけど) 右バッターたちの頑張りになりそうだ。

(特に今日、悔しかっただろう村田)

管理人:みんぐ