10/16 巨人 3-2 広島 → どうなるかと思ったが、結果的に最も良い勝利になった

巨人 3-2 広島 対広島: 2勝 0敗 0分

勝利投手:山口 1試合 1勝0敗0S

セーブ :西村 1試合 0勝0敗1S

敗戦投手:横山 1試合 0勝1敗0S

投手リレー

巨人:内海→澤村→山口→マシソン→西村 捕手:阿部

広島:大竹→横山→久本→中田 捕手:石原

本塁打

巨人:坂本1号ソロ

広島:

東京ドーム

日テレG+ にて観戦

解説:池谷公二郎江川卓、山﨑武司 実況:河村亮新谷保志

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

広島東洋カープを本拠地・東京ドームに迎えてのCSファイナルステージ第1戦。ジャイアンツは二回に2点を先制されたが、中盤に反撃を開始。四回にロペスの犠牲フライ、六回には坂本のソロホームランが飛び出し、同点に追いついた。さらに七回、二死満塁で村田が勝ち越しタイムリーを放ち、1点をリード。投げては5回から登板のリリーフ陣が追加点を許さず、3対2で逆転勝利を飾った。対戦成績はアドバンテージを含めて巨人の2勝となり、日本シリーズ出場に「あと2勝」と迫った

Yomiuri Giants Official Web Site

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1点を争う厳しいゲームだったけれど、前半と後半で主人公が変わった

村田の送球ミスで失点し、ノーアウト満塁の場面で三振する坂本・・・・

この場面だけを見たら「ヤベぇ!今日は何をやっても裏目に出そうな気がする」って思ってしまうのも無理はないっていうか、そう思ってしまった。

そこから粘って得点を許さず、坂本が同点ホームラン、村田が決勝打を打って、さらには二人のコンビネーションでゲームを締めるとは予想外だった

シーズン終盤にバッティングを狂わし、結局改善の見込みのないままペナントが終了し、CSで坂本がどう復活するかがキーだと言われているけれど、個人的にはそう簡単に戻るようなスランプではないと思っていたし、事実、1~2打席の三振を見る限りは、復活どころか余計にひどくなってんじゃね~の?と心配になった。初戦という緊張感や得点圏でのバッティングということで、落ち着いて打席に立てなかったのはわからなくもないが、それにしても上半身と下半身と気持ちがバラバラすぎるだろ・・・というスイングに今の坂本に6番は荷が重すぎる、8番にして守備の貢献だけでも充分じゃないだろうか?と真剣に思った

しかし同点打となったホームランは崩れ気味のスイングながら、しっかりと体重が残ってて上手く拾えていた。

だからといって、安心するのは早い。江川氏が言うようにチャンスがゲッツーで一転して2アウトランナーなしとなり、大竹も少しホッとする場面、坂本自身も得点圏ではなく、自分のバッティングに専念できるケースだったので打てたという見方も出来る

(4打席目はやっぱり残念な感じだったし・・・(涙))

むしろ、一発の怖さがある坂本が8番にいるだけで十分、相手にプレッシャーを与えることが出来ると思うし、6~7番を打つべき選手は巨人にはいるので、若武者に期待するのはわかるし、坂本が復活することでチームに勢いが出ることは間違いないのだが、それ以上に調子の良い選手を積極的に起用するという方向も考えて欲しいなと・・・

村田に関しては、優勝チームの4番を任されているわけで、これくらいの事はやってくれて当然と思っているから別段驚きはしない。ただ、自分のミスを自分のバットと守備で取り返したという点に関しては、賛美を送りたい。ヒーローインタビューでも言っていたように、もしも負けていたら今日は眠れないほど悔しい思いをしただろうし、ささいなワンプレーをきっかけに逆シリーズ男になる恐れもあった。

その意味では今日の厄を今日祓ったことで、逆にシリーズ男になる可能性に逆転させることが出来たのは大きいんじゃないかと思う

ペナントが終了した時、個人的にキーになる選手はロペスとボウカーだと書いた記憶があるけれど、その思いはまだ変わってない。今日はボウカーの出番はなかったし、ロペスは犠牲フライはあったもののノーヒットで終わったので、どこがキーマンなんだよ!と言われてしまいそうな感じだけど、大竹に対してあっさりと凡退する選手が多い中、ロペスはしっかりとボールが見えていたし、スイング自体も悪くなかった。状況に応じて自分がどういうバッティングをするべきかわかっているように見えるし、何より、簡単に三振はしないだろうという安心感がある。

(バットが飛んできても気にせずダブルプレーに仕留めたのはお見事だった!)

もっとシビアな場面になった時に貴重なバッティングをしてくれると期待しているし、ボウカーにも去年の日本シリーズのような活躍を望んでる。

スタメンを見て一番びっくりしたのは亀井の起用・・・・

去年のシリーズや、ペナントでも亀井が先発すると勝てないというイメージが強くて、思わず「なんで初戦に亀井なんだよぉ」ってTVの前で言ってしまったけど・・・

ごめんなさい

って謝ります(汗)。

今日に関しては1安打+1四死球+キラのライトフライの捕球ってことで、充分に勝利に貢献したと言えるし、何よりチームが勝利したので、「亀井先発だと勝てないイメージ」は払拭しようと思う(苦笑)

去年が中日に対して3連敗のあとの3連勝だったので、それなりに経験はしてきているし、仮に今日負けたとしても、焦る必要はなく、チームの中にもそれで浮足立つような空気は生まれないだろうけど、それでも今日の勝利は

ほんと~~~~に大きな一勝だった

シーズン終盤の勢いのまま阪神に連勝してサクっと勝ちあがり、3戦目を戦わず、むしろいい感じで体がほぐれている広島に対して、初戦を落とすと相手の空気が変わるだけでなく、球場の雰囲気やメディアも含めた周りの声が一気に広島寄りになる可能性があっただけに、内容はともかく苦手と言われている初戦を取ったという事実は、こちらに勢いが出るしあと1勝でリーチというのは選手にとって、気持ちを楽にしてゲームに入れることにもなる。

広島ナインに対しても、やっぱりリーグ優勝したチームは違うな・・・と思わせられたとしたら、これ以上ない勝利になるのだけど・・・

ペナントレースならば、今は不調だけど使い続ければきっと・・・・とか、過去の実績からこの選手はやってくれるはず!なんて根拠のない起用もいいけれど、それに近い采配をして阪神が悔しい思いをしたと(個人的には)思っているので、短期決戦ではダメだと思ったり、今この瞬間に流れを変えたい!と思ったら躊躇なく代えるという決断が必要。

なので、2失点はしたけれど、それほど悪い出来ではなかった内海を4回で交代した事に関しては、むしろよく決断してくれたと思う

その裏にはスコット鉄太朗+澤村という4~5イニングを任せられる投手陣が控えているので、出来たという理由もあるけど・・・

結果的には4回で降板したことで、仮にゲームがもつれることになれば、4戦目、5戦目に登板させることも可能になるわけで、ケガの巧妙だと前向きに考えたい

(勝ち越さなきゃ日シリも無いわけだし)

ただ、さすがにスコット鉄太朗の3連投みたいなのだけは避けて欲しいので、明日、明後日のどちらかくらいは、彼らの出番が必要ないくらいの点差で勝って欲しい・・・

明日は菅野 vs マエケンが予想されているけれど、いくらマエケンとはいえ、中4日となれば万全とは言えないし、マエケンに打ち勝つことが出来れば、広島の勢いも完全に止めることが出来ると思うので、明日が勝負の日だという覚悟でプレーして欲しい

(管理人:みんぐ)