9/29 巨人 2-7 広島 → 昨日はともかく東ドで広島との最終戦でコレはダメじゃね?

巨人 2-7 広島 対広島: 14勝 8敗 2分

勝利投手:大竹 25試合 10勝10敗0S

セーブ :

敗戦投手:小山 9試合 0勝1敗0S

投手リレー

巨人:小山→公文→高木京→田原誠 捕手:阿部→加藤

広島:大竹→永川勝→ミコライオ 捕手:石原

本塁打

巨人:

広島:

東京ドーム

日テレG+にて観戦

(解説 水野雄仁 実況 平川健太郎河村亮

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

東京ドームで行われた広島東洋カープとの24回戦。先発の小山は初回こそ苦しんだものの、6回を2失点に抑えた。三回までパーフェクトに抑えられていた打線は、四回以降8安打を放って再三チャンスを作ったが、決め手を欠き零封負けを喫した

Yomiuri Giants Official Web Site

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

立ち上りに難があるが、乗り越えれば以降を抑えるピッチャー

初回から完ぺきだが、ある時、突然崩れるピッチャー

どっちがイイんだろうか?

攻撃力に自信があるなら、前者がイイんだろうけど、先に点を与えると一気に不利になる短期決戦では、後者のピッチャーを送り出して、変化を見極めてリレーしてゆく方がいいのかもしれない。

CS出場へのわずかなチャンスを掴むために、小山を送り出した原監督

初回に捕まって2点を先制されてしまうが、2回以降は安定したピッチングで6回を被安打4で降板した。ランナーを出してからの投球に課題は見えたけれど、3回には丸、菊池を連続三振にとるなど小山らしいピッチングも見えたし、全体としては悪くなかったと思う。

これがシーズン中盤あたりの話であれば、ローテを勝ち取るために今後もチャンスを与えて・・・とやりたいところだが、残念ながら先発としては次のチャンスは(恐らく)めぐってこない・・・

それでも、原監督の評価は「その結論を出す必要はないでしょう」ということなので、想像するにCSでの戦力になるという事なのだと思う。

冒頭に書いたタイプで言うと、今日の小山は立ち上がりを過ぎれば安定するといった感じだったので、これだと中継ぎとして出すのは・・・微妙?

ま、シーズン終わって、ミニキャンプやフェニックスリーグなどを経て、どうするのか決めてゆくのだと思うけれど、少なくとも失格の烙印を押されるようなことは無かったと思いたい。

しかし・・・・

昨日、東京ドームでの広島戦は仮想CSとして、どのように戦うのか注目していると書いたものの、坂本の復帰なくしてベストオーダーとは言い難く、まぁ9割がた固まりつつある中で、調整中という印象を受けた。

決して相手を油断させるためでもなく、それでも何が何でも勝ちに行くというよりも、一人でも多くの選手を起用して、その状態を確かめる・・・・そんな雰囲気が漂っている感じでだったので、ガチで評価するのは難しいか?思ったけれど、その中で気になった選手が二人

一人は立岡

バッティングは確かに粗削りではあるものの、今日は足も絡めて2安打と結果を出し、守備でも光るプレーを見せ、セカンド、レフト、センターを守るなど多彩なポジションをこなす器用さを見せた。

もちろん経験不足からくるミスが出た場合、短期決戦では致命傷になりかねないが、彼の1軍にしがみつく必死の形相は、他の選手への良い刺激となっているだろうと思うと、不安定さを理由に外すのはもったいない

中井が復活してきた場合に天秤にかけられることになるのではと思うが、個人的にはラッキーボーイになりうる存在だと思っているので、ポカをかまさない限りこのままベンチにいて欲しいと思っている

そして、もう一人気になっている寺内・・・・

いやぁ~~~今日もやっちゃったね、ゲッツー劇場

たまにヒットは出るものの、バッティングに関しては完全に迷走状態。打席に立って何をしたいのか全く分からない。同じくわかりにくい立岡の場合は、うっかりすると長打を打たれる危険をはらんでいるのに対して、寺内に関しては相手投手から見て、打たれる気がまったくしていないのではないかと悲しくなる(涙)

個人的には頑張って欲しいと応援しているのだが、9回のゲッツーにガッカリきただけに、ショックはデカイっていうか、もう何度目のゲッツーだよ!とTVの前でツッコんでしまう。本来は内野ゴロを打っても足の速さでゲッツーだけは阻止しなければいけない立場で、今日も出来ていたはずなのに・・・

6回の1アウト満塁で三振した村田も残念だったけれど、次の由伸とあわせて、あの場面は大竹と石原のコンビの気迫にやられたか・・・完全にアウトコースのスライダーが頭にあった状態で、ストレートを投げられて、バットに当てることが出来なかったという感じ。

四番なのだから、せめてバットに当ててファールにして欲しかったけれど、あぁやってギアを上げられてしまうと厳しいか?

あとは・・・田原ぁ~~~~

球威とか牽制とか、あきらかに去年よりもレベルアップしている感じなのだが、肝心なところで甘いところに行ってしまう・・・・(涙)サイドからの投球は相手のリズムを変えるためにも一人いると心強いのだが、右の強打者へのワンポイントくらいでしか、今の状態では使いどころがないか?

今の球威でゾーンの四隅に自由に決められるようになってくれると、もっと安心できるんだけど・・・怖くて左バッターの時とか、見てられなくなってしまう

全く通用しないわけでは無くて、あと少し、ほんの少し、制球が足りないだけなので、本当にもったいない

原監督も1塁ランナーを帰してしまった守備に苦言を呈しているが、まぁアレはやっちゃあいけないミスだわな・・・

とはいえ、いつもと違う守備陣形だし、CSではあんなミスはしないと信じてるんで、まぁ別にイイ

明後日からはヤクルトと4戦、阪神と1戦

残りも5ゲームになり、いよいよカウントダウンが近づいてきた

10月からはCSを意識したモードにチェンジして、オーダーも戻してきそうな予感はするけれど、坂本に関しては「勇人はまだだね」と言っているので、ひょっとしたらCSギリギリまでかかってしまうのかもしれないのが気がかりだ

(管理人:みんぐ)