9/22 巨人 2-1 広島 → 勝って気持ちよくセ界制覇!明日からまたチーム内競争が始まる

巨人 2-1 広島 対広島: 13勝 7敗 2分

勝利投手:菅野 25試合 13勝5敗0S

セーブ :西村 67試合 4勝3敗40S

敗戦投手:今村 56試合 2勝5敗3S

投手リレー

巨人:菅野→山口→マシソン→西村 捕手:加藤→阿部

広島:久本→今村→今井→中田→永川勝 捕手:倉

本塁打

巨人:

広島:

東京ドーム

日テレG+ にて観戦

(解説 堀内恒夫山本浩二 実況 蛯原哲河村亮

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

東京ドームで行われた広島東洋カープとの22回戦は、デーゲームで2位・阪神が敗れ、試合開始直後にセ・リーグ連覇が決定した。試合は、二回に巨人が先制し、一度は同点に追い付かれたものの、四回に再び勝ち越した。先発の菅野は、八回まで1失点と好投した。原監督は、九回に3投手をつぎ込む継投策で、広島打線を封じ込め、2対1で勝利した。リーグ優勝を勝利で飾り、ナインに胴上げされた原監督が、8度宙に舞った

Yomiuri Giants Official Web Site

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いやぁ~~~~コレを見ている巨人ファンの皆さん

おめでとうございます!!!

(いや、今年は原監督が言わなかったんで・・・)

色々とゲーム内にメモは取ってましたが、胴上げ見て、共同記者会見見て、ビールかけを見終わった今、なんか内容についてはどうでもイイか!って思えてきてしまった・・・

原監督のコメント、菅野のインタビューじゃないけど、初回の守備の途中で阪神が負けたというニュースが入り、優勝が決まった瞬間、

だからこそ負けられない

という空気がベンチに流れたのを何となく感じ、緊張感がなくなるかと思えたゲームに何か得体のしれない重みが走ったのを見ている我々も感じた。

阪神が勝っていれば今日負けても明日があると思えただろうけど、優勝が決まってしまったことで、むしろ絶対に負けられないというゲームになったという意味では、(勝った今だから言えるけど)ヤクルト、阪神に感謝!

阿部の離脱は既定路線だったので、井野を落としてカトケンを急遽抜擢し、打順に関しては久本ということもあり、2番に寺内を持ってきたが、阿部のポジションには由伸を持ってきた。結果的には二人には安打は出なかったけれど、現有メンバーの中で組む打線としては最善策だったと思う。

本来なら自宅療養だったろう阿部もベンチに置き、代打での出場の可能性があることを示唆しながらの戦いだったけれど、

今日は何と言っても菅野のピッチングにつきるでしょう

前回、スライダーを狙い打たれたことを反省し、ストレートとカーブを軸にピッチングを組み立て、カープ打線を困惑させたのは見事だったし、優勝が決まるかというゲームの中、緊張しながらもしっかりと自分のピッチングに集中できている姿は、とてもルーキーとは思えなかった・・・・というか、昨日の杉内に爪の垢でも(ウガッ!)

印象的だったのは急造バッテリーになったとはいえ、イニングが終わるとすぐにカトケンがそばにいって、しっかりと話し合っていた姿。そのかいもあって、少しでもおかしな点があればすぐに修正する臨機応変なピッチングが出来ていたんじゃないかと思う。

そのカトケンは攻撃でも貢献し、先制のタイムリーを打った

1アウト2塁というシチュエーションだったので、敬遠して菅野でゲッツー狙いという選択肢もあったと思うけれど、むしろ、カトケン、菅野で2つアウトを取って終わらせようとした事が裏目になる良い点の取り方だった

そして、続く長野の一塁ライナーは惜しかった・・・

その長野は今日は終始、上からボールを叩いて逆方向へ打つという意識が見えていて、非常に勝負強いバッティングをしていた。初回のショートゴロを反省してのことだと思うが、それが4回のタイムリーに繋がったと思う

点にはならなかったものの、村田もらしいバッティングで2安打したし、ちょっとタイミングのあっていなかったロペスも犠打を決めた。

圧勝というわけではなかったが、逆に今シーズンの巨人を象徴するような、集中力を切らさないゲーム運びが出来ていたんじゃないかと思う

(それも菅野の好投があってのことだが)

最後には阿部を送り出して球場を盛り上げ、スコット鉄太朗を一人一殺で起用するという演出も引き出した優勝で、お見事だったと思う

当ブログのコメント常連の方々は、最後の一人一殺に一家言あるかもしれない(苦笑)けれど、必ず締めてくれるという信頼と、今シーズン、最も支えてくれた3人に対しての最高の舞台の提供、何よりファンへの最高の贈り物だったんじゃないだろうか?

もしも、打たれて同点にでもなろうものなら、「余計なことするからぁ~~~」なんて声も出ていたかもしれないけれど、それを承知で送り出した勇気に敬意を表したい

さらに、その演出の中、しっかりと一人一殺を成し遂げたスコット鉄太朗も素晴らしい

写真撮影で澤村が内海の頭を(隠れながら)コツンとやる場面や、ビールかけで、若手がはしゃぐ姿を見て、こっちまで嬉しくなった。そして何より、立岡、井野、青木といった新規参入組が心から優勝を喜んでいる姿、特に青木が感慨深げに、そして控えめにインタビューに答えていた姿は印象的

(一方で、はしゃぎまくる大田には・・・・おまえ、はしゃいでるだけじゃなくて、頑張って上がって来いよ!と言いたくなって・・・・)

でも、明日はデーゲームなのに、各スポーツニュース、生出演は・・・・(録画インタビューで良かったんじゃない?)

ま、明日は今日飲んでいない(といいながら、口には入っちゃってるだろうけど)今村がプロ初勝利を目指して、若武者らしいピッチングをしてくれると期待したいし、明日からはCS、日本シリーズのメンバーに入るためのチーム内競争が始まるので、ファームにいる選手もひっくるめて、今日までとは別の緊張感ある戦いに期待したい

さて、ひとりビールかけ(といっても風呂場で頭からビールをかけただけだけど(笑))も終わったので、これから各チャンネルのニュースを一通り見るとしますか!!

あ、坂本のバッティングに触れるの忘れてた・・・ま、明日のレポートで色々と書きますか

最後にもう一度、みなさん、おめでとうございます!!!!

当ブログはゲームがある限り続きますので、まだしばらくお付き合いいただけたら嬉しいです

(管理人:みんぐ)