8/2 巨人 2-3 中日 → 今日はやっちゃったねぇ、なんで杉内引っ張っちゃったかね?

巨人 2-3 中日 対中日:7勝5敗3分

勝利投手:小林正 26試合 2勝 0敗 0S

セーブ :山 井 32試合 3勝 3敗 1S

敗戦投手:山 口 48試合 0勝 1敗 3S

投手リレー

巨人:杉内→山口 捕手:阿部

中日:ソト→武藤→小林正→山井 捕手:谷繁

本塁打

巨人:松井佑1号ソロ

中日:

東京ドーム

日テレG+にて観戦

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

中日ドラゴンズとの15回戦は、三回に先発の杉内が一発を浴び、先制を許す。しかし、四回に高橋由の2点タイムリ二塁打で逆転に成功。その後立ち直った杉内は、追加点を許すことなく2番手の山口にマウンドを譲る。しかし山口は1点リードで迎えた九回に同点に追いつかれ、なお満塁の場面で押し出し死球を与えて3点目を献上。これが決勝点となり、巨人は引き分けを挟んでおよそ1か月半ぶりの連敗を喫した

Yomiuri Giants Official Web Site

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

結果論で言うわけじゃないよ、私の観戦メモには8回裏、杉内に代打を出さなかった時点で数多くの????が並んだんだって

ちなみに、8回裏までには数少ないチャンスをモノにした巨人打線と中日との戦いにガラっとオーダーを変えてきた原監督に対する讃辞であふれて・・・・たんだけどなぁ

杉内へのゆるぎない信頼感はわかるんだけど、120球も越えようかという中5日の杉内へ代打を出さず、1点差を守り切ろうとした采配にも疑問だし、1,2戦と山口、西村を使わずにきたのは、このためなんじゃないの?というブルペンへの信頼が揺らぐような続投に?だった。

東京ドームでやる最後の中日戦なわけだし、中日は今日負ければナゴドでの直接対決6ゲームに託すしかなくなる立場となることを考えれば、石橋を叩きすぎてもイイくらい、慎重な最終回を迎えなければいけなかったんじゃなかろうか?

唯一、ひょっとしたら?という考えを言うと、9回表最初のバッター大島が左なので、ここを抑えて、荒木、和田に西村を、もしもどちらかに打たれても森野のところで山口を・・・という計画だったのかもしれない。

杉内に代打をだしてもチャンスメークできたかどうかはわからないし、中日のブルペンを考えれば無得点で終わる可能性の方が高いとは思うけど、それでも貪欲に点を取りに行く姿を見せないとねぇ。6連戦の真ん中だし、中継ぎを酷使したくないという気持ちもわからなくはないけれど、同点でもグッさんを使っていた頃のことを考えたら、まったくもって原監督らしくない采配だった。

(ここ何試合か、打つ手が微妙に1手遅い気がするんだけど・・・と言い続けて何試合くらいになるかな?)

ま、終わってしまったことは仕方ない。グチはこれくらいにしておこうか(まだまだ言い足りないけど、一番しまった!と思っているのは監督自身だろうしね)。鬼門だった東京ドームでカード勝ち越しをした中日の鼻息が荒くなりそうな気はするが、逆にこの借りは14日からのナゴド決戦で返すとしよう。

明日からの巨人がやらなきゃいけないことは、まずは14日のナゴド決戦の段階で3ゲーム以内(3タコでも逆転されない)に縮まらせないこと。つまり、今日のことはすっかり忘れて、明日からのDeNA戦を気持ちよく勝ち越して、来週の阪神戦、ヤクルト戦でも隙を見せない野球をすること。

(欲を言うなら6連敗しても逆転されないゲーム差がつけば文句なし・・・は言い過ぎか)

話を今日のオーダーに変えよう

昨日、村田に対して厳しいコメントをした原監督。原監督が個人の名前を出して批判するってのは期待の裏返しで、奮起してほしいという愛のムチなんだけど、今日はそれをオーダーの変更という形でも現してきた。村田を7番に持ってきたのは、先日までの長野を7番に・・・というのと大きく意味は違い、村田への奮起を促すとともに、気分転換の意味も込めてのことだろう。同時に中日の先発がソトということで、何とか寺内、松本で粘って球数を投げさせてほしいという気持ちの表れでもあったと思う。

こんなことを言うと、笑われるかもしれないことを覚悟で話すと、大胆にオーダーを変える(あくまでも一時的にね)のであれば、昨日猛打賞で大活躍だった坂本を1日限定でも構わないので、4番に据えて「巨人の4番っていうのはこういうプレッシャーと戦っているのか!?」というのを経験させてみても面白いと思ったし、意外にハマっちゃったりするかも・・・なんて考えた。

ま、ゲーム差が詰まって、日ごとに1勝の重みが重くなってくるようになると、なかなか冒険もできないし、楽な相手で経験させても仕方ない。あくまでも”今の”坂本なら中日戦で経験させるのもアリだと思った。

(今、鼻で笑った人!だからぁぁ~~~笑われるのも覚悟の上って言ったでしょ!)

昨日、故障したゴンちゃんと、調子が落ちてきた加治前に代わって上がってきた小山と中井。いきなりスタメンで起用されて、中井は何とか結果を残したかったろうけど、まぁソト相手に結果を出せというのも酷なので、今日は許す。

大事なのはチームが首位を走っていて、チーム状態も決して悪くないという状況においても、下で結果を残している選手をあげること。そうすることで、ファームの選手は上の調子に関わらず結果を出せばチャンスはくれるとモチベーションは上がるし、上にいる1軍半の選手は結果を出さないと落とされるという危機感と緊張感をもってゲームに入るだろう。仮にこの先、首位を独走するようなことがあっても、チームの緊張感を失わせないためには、レギュラーが確約されている選手も、結果が出なければ打順を落とされるし、場合によってはファーム行きを命じられるかもしれないという危機感が必要。

その意味では、今回の入れ替えはチーム内を活性化させる意味でも、悪くないタイミングで悪くない選手の入れ替えだと思う。

その中で寺内は今日はノーヒットだったものの、逆転のきっかけとなる四球を選んだし、当面のセカンドレギュラーの座は獲得したかな?昨シーズンの終盤は戦力になるどころか足を引っ張ってたんじゃないか?という状態だったことから考えると、坂本とともに宮本塾に入り「二遊間は坂本・寺内でこの先10年心配ないと思われる様になってほしい」と言われたことがレベルアップに繋がってるなと思わせてくれる。もっと早く調子が落ちて藤村と日替わりになるかと思ったけど、168打席で2割7分4厘の打率は十分合格点だし、守備の安定度も藤村よりも頭一つ抜け出た。

だいたい生え抜きの苦労人(たとえば亀井とか脇谷とか)は、調子が良くなってレギュラー固定が見えてくると故障したり、ケガしたりするので、寺内もケガには十分注意して、シーズン終盤まで今の気持ちを忘れないで頑張ってほしい。

(もう29歳だしね、今シーズンダメならこの先もずっとダメな気がするし)

(あと、去年は散々なこと言ってスマンかった!まぁアレも愛のムチってことでご勘弁を・・・(汗))

明日は内海vs国吉か

国吉がたまに見せる無双ピッチングさえしなければ、きっと勝てるだろう(あとは巨人戦に強いラミちゃん、ノリに気をつけてね)。

中日に勢いが出てきたとはいえ、明日以降の相手は中日にとっても楽勝と言えないゲームが続くと思うので、こちらも勝てる試合をキッチリ勝つ野球をしさえすれば、ゲーム差は広がる事はあっても縮まる事はない(と信じてる)。

あとは今日ダメだったからと言って、中井を先発から外さす、DeNA戦が終わるくらいまで、チャンスを与え続けてあげて欲しいってのが原監督へのお願いかな。

あぁ~~~でもやっぱり杉内に勝たせたかったなぁ~~~これで最多勝レースは一歩半くらい後退しちゃったなぁ~~~

(管理人:みんぐ)