7/31 巨人 0-2 中日 → 5/2以来、61試合ぶりの0封負け。やっぱ阿部がいないとキツイ?

巨人 0-2 中日 対中日:7勝4敗2分

勝利投手:大 野 2試合 2勝 0敗 0S

セーブ :岩 瀬 39試合 0勝 3敗 28S

敗戦投手:澤 村 19試合 8勝 8敗 0S

投手リレー

巨人:澤村→田原→高木康 捕手:實松→中谷

中日:大野→山井→田島→岩瀬 捕手:谷繁

本塁打

巨人:

中日:

東京ドーム

日テレG+にて観戦

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

東京ドームで行われた2位・中日ドラゴンズとの13回戦は、ジャイアンツ先発の澤村が再三ピンチを背負いながらも、粘りの投球を見せ、中日先発の大野との投手戦を演じた。しかし七回にタイムリ二塁打を許し2失点した。打撃陣は中日投手陣の前に得点することができず完封負け。七回の2点が最後まで響き、連勝は6で止まった

Yomiuri Giants Official Web Site

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

澤村ぁ~~~2イニングで59球って、1ゲームで何球投げるつもりやねん!

っと思わずツッコミを入れてしまった立ち上がりで、今日も長いゲームになるか?と思った・・・・3イニング終了時点で打者16人に投げた澤村に対して、大野は9人。序盤の出来だけで言ったら完全に澤村が不利だったんだけど、意外にこういうゲームに限って、好投していた方があっさりと失点し、立ち上がりに苦しんだ方が後半スイスイと投げたりするので、「これだけでゲームを判断するのは、まだ早い」と我慢してみることにした。

事実、澤村は4,5回と3人で切り抜け、6回もピンチを脱し、むしろ点が取れそうで取れない中日の方が焦ってるんじゃないかな・・・と思っていた。

しかぁ~~~し!

ん~~~7回の2失点は痛かったね。

皮肉にも2アウトまで行っていたことで、打つと同時にランナーが走ってしまっていたために、2失点につながってしまった。あれが1アウトであれば、長野が追いつきそうな状態だったので、単にセカンドランナーがサードへ進むだけですんだかもしれなかった。

ついでに言えば、2アウトで今日森野はノーヒットだったので、新旧高木といった左のワンポイントもつぎ込みそびれてしまった。

割と見切りの早い原監督にしては、この場面は、よく動かなかったな?と思う。

ま、取られた点を悔いても仕方ない、切り替えて追いつ・・・・きたいところだけど、大野はイイね。昨年のルーキーイヤーに1度対戦して、勝っているけれどあまりにも久しぶりすぎて、ほとんど初モノ、左腕、若手・・・と巨人の苦手なパターンに近い状態で対戦することになった。今シーズンも7月11日の阪神戦のデータしかないので、戦略を重視する巨人打線としては、じっくり見てゆくしかなかったかのかもしれない・・・・が、逆にそれが谷繁の術中にハマることになる原因だったかも。

特に2失点のあと、7回裏に1アウト1,2塁のチャンスを作り、大野を降板させて山井との対戦になった谷の初球、打ち頃のカーブだったように見えたんだけど・・・それを見逃してさらにボール1個低い変化球に手を出し、サードゴロ・ゲッツーでチャンスをつぶしてしまう。谷には右方向への意識はしっかり持っていたと思うし、谷繁は変化球をひっかけさせる配球をしてくると予想していた・・・はずなんだけど、まんまと引っ掛かってしまった。

その後、矢野、長野をはじめ、ことごとく初球の甘い球を見逃して・・・・長野に関しては外のスライダーに力なく空振り(これが嫌であれだけ離れて構えているはずなのに)。

負ける時は10失点しようが1失点だろうが負けは負けだし、阿部をスタメンで出せなかった時点で、厳しいゲームになることはわかっていたから、ある意味では想定内。

と負け惜しみを言っておくけれど、それにしても

野投手はイイねぇ

あの腕の振りっぷりは今後も苦戦させられることを予感した。本人は逆球が多かったといっていたし、甘いコースもあったけどストレートを狙って甘いコースのストレートがことごとくファールになっていたので、バッターから見ても打ちづらかったんじゃないだろうか?追い込まれるとフォークを意識せざるを得ないし・・・特に序盤はストレートで押してくる配球だったので、巨人打線は投手と戦わず初球にストライクを取りに来る谷繁の配球と勝負して、1,2の3でフルスイングするくらいのバッティングを徹底したら、空振りになったとしても配球も変わってくるし、甘いところには投げられないと慎重になってコントロールを乱したかもしれないなぁ

(その辺、チームとして攻略しているように見えなかったのが残念)

それにしても標題にあるけれど、0封負けをしたのはいつ以来かな?と追いかけてゆけば、5月2日の広島戦(バリントンミコライオ→サファテに4安打完封リレー)にまで遡ったのは驚きだった。4月に暗黒期を過ごした巨人打線なので、久しぶりにこういうゲームをしてしまうと、「また・・・あの時の・・・・」と一瞬不安になるが、まぁ大丈夫でしょ(今日は阿部抜きだったし・・・と苦しい言い訳もできるし)

明日はゴンと吉見かぁ~~~数字の上からでは、吉見に軍配が上がるけど、東京ドームでの吉見はナゴドとは別人(特に今シーズンは)だと思いたいし、ゴンちゃんも当たりのピッチングをしたりすることもあるんで、今日のことは忘れて明日にむけて切り替えてゆくしかないな。相変わらず田原は安定していたし、高木康(と中谷)も後半戦最初の登板を抑えて、ブルペンは一通り投げ切ったしね

巨人的にはこの3連戦、1つ勝てれば最悪2つ落としてもヨシといえる連戦ではあるんだが、やっぱり初戦はとっておきたかったな~~~。明日からのプレッシャーが変わってくるし、初戦を取りこぼすと中日側にも勢いが生まれるし・・・・(汗)

今日、ゴンちゃんで来ないで敢えて澤村を中5日で登板させたのは、週の初めの試合を若武者に(今後も)任せて、勢いをつけたいということだったんだと思うので、阿部を先発から外したのを考慮しても、勝ちに行ってたゲームを落としたのは、ちょっと痛いかな。

でも明日勝てれば、とりあえずチャラになるし、3つ取りに来ている中日の勢いを止める効果もあるんで、しっかりと明日は勝ってください>巨人打線の皆さん

澤村の中5日について、色々と意見が分かれるんだろうと思うし、2イニングで59球投げた時点で、全国の巨人ファンが「澤村ぁ~~~~!」と叫んでイラっとしたのは容易に想像がつくけど、ま、澤村の場合自他ともに認める「ドM体質」なんで、もうその辺の起用については文句は言わないことにした。首脳陣はしっかり状態を管理しているだろうから、むしろドMの澤村をもっともっといぢめて上げてやってください。

(きっと、本人はつらいどころか快感に思ってるんだろうと思うんで・・・・(笑))

と、言いつつ、今月に関しては、今日を機会に毎週火曜日の中6日で行くと思うけれど・・・

(管理人:みんぐ)