7/15 巨人 1-3中日 → 宮國プロ初黒星だけど、戻ってきただけで、ワシャ満足!

巨人 1-3 中日 対中日:7勝3敗2分

勝利投手:吉 見 10試合 6勝 4敗 0S

セーブ :岩 瀬 37試合 0勝 2敗 27S

敗戦投手:宮 國 7試合 2勝 1敗 0S

投手リレー

巨人:宮國→田原→福田 捕手:阿部

中日:吉見→山井→岩瀬 捕手:谷繁

本塁打

巨人:

中日:

ナゴヤドーム

TBSチャンネルにて観戦

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

中日ドラゴンズとの12回戦は、先発の宮國が五回、山崎に許した2点タイムリーが決勝打となり、惜敗した。打線は三回に1点を返したものの、以降は中日投手陣から得点を奪うことはできなかった

Yomiuri Giants Official Web Site

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今日は東伏見フィギュアスケートアイスショーを見に行ってたため、帰ってきてから録画ゲームを見てのレポートになります。

中日にとっては「今日は絶対に負けられない」ゲーム(3ゲームにするのと5ゲームになるのとでは大きく違う)で、巨人としては「勝ちたい気持ちはもちろんあるが、昨日勝ったので、今日はベテランを少し休ませようか」というゲーム。その証拠が中4日の吉見であり、グッさんを先に甲子園に行かせてベンチ入りから外すという対応だったと思う。

もちろん、負けて悔しくないということはなく、勝ちたかったし、惜しいプレーもあって「勝てないまでも負けないゲーム運びはできたはず」という内容だったと思う。

さて、先発メンバーを見た時、ちょっと気になったので調べてみた・・・・

巨人

1 (右) 長野 久義 28歳

2 (中) 松本 哲也 28歳

3 (遊) 坂本 勇人 24歳

4 (捕) 阿部 慎之助 33歳

5 (左) ボウカー  29歳

6 (一) エドガー  34歳

7 (三) 寺内 崇幸 29歳

8 (二) 藤村 大介 23歳

9 (投) 宮國 椋丞 20歳

平均年齢 27.5歳

中日

1 (中) 大島 洋平 27歳

2 (遊) 井端 弘和 37歳

3 (左) 和田 一浩 40歳

4 (一) 山﨑 武司 41歳

5 (捕) 谷繁 元信 42歳

6 (右) 平田 良介 24歳

7 (三) 高橋 周平 18歳

8 (二) 堂上 直倫 24歳

9 (投) 吉見 一起 28歳

平均年齢 31.2歳

(ちなみに参考までに今日の阪神は 31.7歳)

最年長がエドガーの34歳か・・・・と思えるくらい随分と若い先発メンバーで構成してきた。昨日、ベテランを少し休ませるか?と言ったけど、かなりわかりやすい形でオーダーを組んだもんだ

しかし、どんな言い訳をしても、負けは負け。負けたくないという吉見の執念のピッチングに、チャンスは作りながらもココゾというところでねじ伏せられた・・・と認めざるを得ないかな、次は7月31日からの東京ドームでの3連戦。順当に行けば、恐らく表ローテでソトや、吉見と当たることになるんだろう。そこで今度はこちらも内弁慶ぶりを発揮したいと思う。

そんな今日の敗戦だったけど、良かった点もないわけではない

まずは宮國の復帰はうれしい限り。今日は出来としては今一つだったけど、復帰戦ということで勘弁してあげたい。ただ、あのボークは何に対してのボークだったのだろうか?静止してなかった?それとも2段モーション?原監督は何故抗議に行かなかった?ちょっと納得できないまま、アレ?あれ?という間にゲームが再開してしまった。

あれがあった関係で、その後のピッチングにも影響が出なかったとは言えないし、はじめてのナゴドのマウンドに苦戦したかも?という部分もいなめないんじゃないかと援護しておく(笑)。

あと、福ちゃんはちょっと四球を出してピンチを作り「昔の福ちゃんに戻っちゃった?」と思わせる場面もあったけど、田原ともども無失点に抑え、勝ちパターン三人衆以外もまだまだいけまっせ!というところを見せてくれた。

さらに前日デッドボールを2度もくらったヨシノブだけど、代打で登場し、ひとまず大きな問題ではないことをアピール。

ホールトンの代わりに上がってきたボウカーも、2軍での調子の良さを上でも見せてくれた(ま、またホールトンの代わりに戻っちゃうんだろうけど・・・でも、エドガーがこの後、崩れたらそっちと入れ替わりという可能性もある?)。

ちょっと調子が崩れ気味だった村田もリフレッシュさせることができたし、ヤングG達もチャンスメークすることができた。

それなりに収穫はあったので、悔しい敗戦ではあったけど、まぁヨシとするか・・・・・

しかし、ここまでナゴドでは1点が重いゲームになるとは・・・こりゃ何としてもペナントを優勝して、CSは東京ドームでやるしかないな(汗)

明日はスタンリッジ vs 内海

7月に入って5回を投げ切れていない内海と10日に甲子園での中日戦で6回無失点とナイスピッチングをしたスタンリッジ阪神打線はこの間の巨人戦の流れをさらに良くしたような感じで侮れないし、不安要素は多いけど、9連戦の7試合目となればお互い疲れがピークになりつつあるころ。疲れて集中力が切れて、つまらないミスをした方が負ける。できれば内海には7回くらいまで投げてもらい、打線は3点差以上を付けてグッさんを出さずにすむ展開にしてくれると、残りの2ゲームでグッさんにがんばって貰うことができるんだけど・・・・・

今日は負けちゃたし、リアルで見れなかったので、短めで・・・

(管理人:みんぐ)