6/17 巨人 1-2 楽天 → 気持ち良くは終れなかったけど、いい交流戦だった!

巨人 1-2 楽天楽天:3勝1敗0分

勝利投手:釜 田 5試合 3勝 0敗 0S

セーブ :

敗戦投手:杉 内 12試合 8勝 2敗 0S

投手リレー

巨人:杉内 捕手:阿部

楽天:釜田 捕手:小山桂

本塁打

巨人:坂本6号2ラン

楽天:ガルシア4号2ラン

Kスタ宮城

JSPORTS 3 にて観戦

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

交流戦の最終試合となる東北楽天ゴールデンイーグルスとの4回戦は、初回に打たれた2ランホームランが響き、1対2で敗れた。先発の杉内は尻上がりに調子を上げて二回以降を無失点で抑えたが、五回に1点を返すにとどまり追いつけなかった。最終戦では敗れたものの、今季の交流戦の結果は17勝7敗でセ・リーグ初の優勝。22日から再開するリーグ戦に向けて弾みをつけた

Yomiuri Giants Official Web Site

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今日は釜田投手を見るのを楽しみにしていた、が!負けることまでは想定外。もう少しやりようがあったんじゃないか?というゲーム内容だったけど、まさかとは思うが、昨日の交流戦優勝で遅くまで飲んじゃったり、騒いだり、してない・・・よな?(笑)

27個のアウトのうち、引っ張り方向のゴロ、フライが17個ある。

見てると確かに速くて伸びのあるストレートだけど、どちらかというと空振りと言うよりもストレートに差し込まれるてゴロになる、もしくはそれを避けて変化球を狙ってタイミングを外されてゴロ・・・速いストレートだけでは抑えられないというのは、巨人ファンなら身をもって知っている(涙)わけだけど、そこに緩急を使われるとやっぱり打ち崩すのは難しい。

恐らく巨人ナインはゲーム後

「ゴメン!もう一回やろ!あと一回!」

なんて、どっかのお笑い芸人が”泣きの一回”をお願いしそうな気持だったんじゃないだろうか?

ある程度、経験を積んでくればペース配分もあるんだろうけど、何せまだまだ若いルーキーだから、最初っから目いっぱいで来て、それが最後まで行ってしまった。見ていて気持ちいい投げっぷりだったので、やられても爽やか・・・・だけど、やっぱり

次はこうはいかねえぜぇ~~~ワイルドにゆくぜぇ~~~

という終わり方だった(惜しいあたりもソコソコあっただけにね)。

でも、評判通り良い投手だった、星野監督、大事に育ててあげてね

杉内も立ち上がりでちょっと躓くのは仕方ないけど、さすがに2ランは厳しかった・・・でも、その後は"らしい"ピッチング。やっぱりKスタとの相性が悪かったということで、諦めるか?仮に昨日負けていて、今日の結果が優勝につながるとなれば、打線の集中力も変わったのかもしれないけど・・・村田を休ませたし、2番には亀井、7番ガッツ、8番古城と今後の戦いをテストするような起用もあったので、やっぱり「何が何でも勝つ!」という気持ちはちょっと薄れてたかなぁ~~~~女々しい言い訳をさせてもらえれば、そのあたりが敗因かな?

原監督の言葉じゃないけど、どん底の4月を味わい、じりじりと借金を返して、交流戦に入る時に5割だったら御の字と思っていたら、借金0でスタートすることができ、その勢いをそのまま交流戦に持ち込むことが出来た。最初はどちらかというと苦手な交流戦なので、交流戦を5割で乗り切る事が出来れば、その後のペナントも見えてくるかな?くらいに思っていたが、終わってみれば貯金10、交流戦優勝でリーグ2位と良い意味で計算外の結果で終了できた。

4枚の先発のうち、3枚がしっかりとゲームを作り、中継ぎも上々で、打線も要所要所で大事な得点を取り、戦略コーチの効果もあって、盗塁、エンドラン、セーフティなど小技も決まるというほぼ満点な出来と言ってイイ。こちらの期待値以上に中日も負けなかったため、最高の終わり方というわけにはゆかなかったけど、そこまで期待するのは酷だろうし、先日も言ったけど、直接対決を繰り返しながら、立場が上がったり、下がったりを繰り返して、終盤に引き離す・・・・ってのが最高の展開だし、これからは勝てば片方は下がり、負ければ相手が上がってゆくという同一リーグでの戦いになってゆくので、自分たちが勝ち進めばイイというだけでなく、周りの5球団の様子を伺いながらの戦いとなる。

とりあえずはオールスター前までをどうするかと、オールスター以降をどうするか、とういう戦略になってくる。巨人の場合は雨で流れた交流戦が無かったので、この4日間は丸々と休むことができる。疲労を抜く選手、さらなる練習に励む選手など様々だろうし、この間に首脳陣は今後の作戦をじっくりと練るんだろう。昨日のゲーム後のコメントでも色々と意見をいただいたように、まずは今後のローテがどうなるかに注目が集まるわけだし、色々と予想するのが楽しくて仕方ないが、ヘタに予想をするのはちょっと控えて、原監督がどういったオーダーとローテを組んでくるのか、真っ白な気持ちで楽しみにしたいなと思う。

NHKで落合氏は「巨人はケガ人がいないからね」と言っていたけど・・・・いやいや、久保、越智の離脱は決して軽くないし、ゴンちゃん、宮國と離脱していたんだけど・・・打線ではガッツはある意味「心の病」を昨年から患っているし(汗)、ムードメーカーとして必須の矢野だってまだ1度も上がれていない。そりゃ、長野、坂本、阿部、村田といった主力メンバーが離脱していないというアドバンテージはあるかもしれないが、決して万全のメンバーで戦っているとは言い難い。

(こんなこと言うと、一部の球団からは贅沢言ってんな!と怒られるかもしれないけど)

だからというわけではないけれど、周りが言うほど、後半はぶっちぎりでゆけるなんて、希望はあっても現実には全く思ってない。ここまで好調をけん引してくれたベテランたちも夏場には疲れてくるだろうし、6連戦がメインになってくれば中継ぎ陣にも負担はドンドンかかってくる。グッさんに何かアクシデントが起きるだけで、勝率に大きくかかわってくるし、ひやひやしながらの毎日をこれからも送ってゆくことになるんだろう。

が、とにかく巨人としての交流戦は今日終わったし、選手も久しぶりに家族の顔を見てリラックスしていることと思う。ペナントが始まるまでは、この交流戦優勝を肴に美味しいお酒が飲める4日間を過ごさせてもらうとしよう。

(その間はファームの楽天3連戦でも見て楽しむか・・・・って、中継ないのかよぉ、山形にはゆけねぇ~よ~)

(管理人:みんぐ)