5/11 巨人 3-4 横浜 → 巨人、阪神が揃って最下位は14年ぶりだそうで・・・・

巨人 3-4 横浜

対 横浜:2勝3敗0分

勝利投手:大原慎 7試合 1勝 0敗 0S

セーブ :山 口 10試合 1勝 0敗 7S

敗戦投手:澤 村 5試合 1勝 3敗 0S

投手リレー

巨人:澤村→アルバラデホ 捕手:加藤→鶴岡

横浜:ハミルトン→加賀→大原慎→真田→篠原→江尻→山口 捕手:細山田

本塁打

巨人:

横浜:村田4号ソロ、ハーパー4号2ラン

CS 日テレG+にて録画。球場にて観戦

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

本拠地・東京ドームに戻り迎えた横浜ベイスターズとの5回戦。序盤にリードを許した巨人だったが、五回に先発・澤村のタイムリーなどで3点を奪い逆転に成功。しかし直後の六回、ハーパーに2ランホームランを被弾する。これが決勝点となり3対4で競り負けた巨人は、3連敗で5位転落となった。

Yomiuri Giants Official Web Site

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

連敗ストップの念を送るべく、今季初めて東京ドームに参上した私(と家内)。

あれなのね?今年から東京ドームの入場は16:00からになったの?これじゃあ巨人の練習が見れないジャン・・・・入場したときは、横浜ナインのフリーバッティングだったよ(涙)

ま、でも、尾花監督と談笑する亀梨君が見れたから、いっか。

阿部慎之介デーなのに、本人がいないという悲しい状況でしたが、試合前にガッツの2000本安打の表彰式があり、名球界の紺ブレが見れた・・・・!

さて、結果は上記の通りなんだが、今日は原監督の試合後のコメントからスタートしよう

今日は打線がカバーしないと。相手の術中にはまる小笠原の打撃はだめだ。あそこで点をもぎとらないと。澤村は若いし、責められない。打線を組み替えるとしても、調子が悪い選手が多すぎる。それより、それぞれが自立して引っ張っていってほしい。

珍しく個人名(小笠原)を出しての厳しいコメント。でも、久しぶりに私の思いと監督の言葉が一致した。ヒットが1本出てもそれ以外の3打席全てで三振は3番打者としてはまったく持っていただけない。相手投手にいいように攻められていて、「これホントにガッツか?」と目を疑うほど打席で存在感が無かった。今年最初の生ガッツだったが、昨年までと明らかに違っているのがわかるほど。ヨシノブのケガさえなければ、ガッツの代わりを務めさせることが出来るのに(逆に言えば他に代わりの選手がいない)・・・と悔しさがこみ上げる。

5回の逆転の場面は、流れ的にも球場の雰囲気的にもあと1~2点は取れていた感じ。

正直なところ期待していなかった、ライアル、澤村、脇谷にまで安打が飛び出しての猛攻であれば、ガッツが止めを刺さなくては・・・・結果的に今日は3度しかオレンジタオルを振ることが出来なかったのは至極残念。

澤村に関しては、生で見るのは初めてだったが、投球練習の時からキレのいいボールを投げていた。TVで見るよりも遥かに「モノが違う感」は出ており、はじめて見た感想で言えば、上原のルーキーイヤーを生で見た時に近い。

ただ、やっぱりというか、キャッチャーとの呼吸というか、配球というか、コンビネーションというか・・・ストレートとスライダーだけで通用すると自信を持って言い切った阿部とのバッテリでないと、彼の持ち味が出せないんじゃないか?と思うような、首をかしげる場面も何度かあった。特にハーパーのツーランに繋がった村田のヒットに関しては、もう少しうまく攻めれば防げたんじゃないの?と思わされる。以前にも言ったが、味方の得点後に失点するなんて余計な伝統は引き継がなくていいし、ツーアウトから2失点なんてもってのほか。自分の一番良い武器を、一番大事な場面で使うような集中力を養ってもらいたい(追い込むまではすばらしいボールが行っているのに、決めに行った時に甘くなってるから)。

あとビックリしたのが高橋信二の登場。

試合前のストレッチで出ていてたんで「いきなり1軍合流か・・・スゴイな」と思っていたら、篠原に代わったところで脇谷の代打として登場。ココでいきなり結果をだしてくれりゃ、清武代表が言っていたように起爆剤になるのだが、さすがに厳しいか。ゲッツー崩れのショートゴロと苦いデビューになったけど、明日はやってくれそうな予感。そうそう、試合前のストレッチでは、かなりナインに溶け込んでいる感じでした。巨人にはガッツのほかに藤井、工藤、紺田、須永といった日ハム出身者も多いし、東京ドーム自体も慣れ親しんだ球場でもある。しばらくは代打専門になると予想されるが、早く巨人での初ヒットが見れたらいいなと期待している。

あと最終回の田中大二郎のヒットは良かった。その前のイニングで周りがいそいそと帰り始めるので「おぃおぃ、みんなサヨナラの場面見逃しちゃうよ」と苦笑いしながら迎えた9回裏。凡打も多いが、それでも自分のスイングが出来ている田中大二郎が貴重なツーベース。この時点で坂本まで打席が回ることがほぼ確定し、こりゃ今日は坂本のサヨナラツーランで気持ちよく連敗をストップ出来る・・・・と、私も家内も周りの巨人ファンも皆信じていた・・・・・・が、結果はバットの先で打ってしまいショートゴロ。あの場面は、持ってる時の坂本なら甘い球が来るまでじっと待っていたように思う。あそこで外角低めの難しい球を簡単に打ちに行ってしまうあたり、ひょっとしたら打撃が下降気味か?とちと心配になった。

ということで、まさかの3連敗。横浜に5連勝を献上してしまい、阪神と並んで同率最下位となってしまった。コレは何と14年ぶりだそうだ・・・・(涙)。去年のAクラス3チームがまさかの揃ってBクラス。まだ始まったばかりとはいえ、ヤクルト、広島、横浜の今のイケイケムードを打破するには、先発投手の固定(と安定)とクリーンアップの復活が待ち望まれる。まずは来週、阿部が帰ってきてから新しく開幕するつもりで頑張るしかないか・・・・そのためにも明日のドームと週末の広島3連戦をこれ以上連敗しないように戦ってもらいたい。