10/22 巨人 3-2 中日 → これで一矢報いた!朝井が魂のピッチング!

巨人 3-2 中日 10月22日(金) ナゴヤドーム

対 中日:1勝2(3)敗

勝利投手:越 智 1試合 1勝 0敗 0S

セーブ :山 口 1試合 0勝 0敗 1S

敗戦投手:岩 瀬 2試合 0勝 1敗 0S

投手リレー

 巨人:朝井→久保→越智→山口(C:阿部)

 中日:山井→三瀬→河原→岩瀬(C:谷繁)

ホームラン:

 巨人:阿部1号ソロ

 中日:野本1号2ラン

負けても引き分けでも中日の日本シリーズ進出が決まるクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージの第3戦。同点で迎えた九回、阿部が中日の守護神・岩瀬から勝ち越しホームランを放ち、試合を決めた。巨人はファイナルSでようやく1勝をあげ、日本シリーズに望みをつないだ

Yomiuri Giants Official Web より

さすがに2番に松本、7番に矢野を入れてきた原監督。

松本はヒットは出なかったものの4回には送りバントを何とか決めて、チャンスを広げる役割は果たしたし、山井に取られたピーゴロもセンター前に抜けてもおかしくなかった。山井が本調子でなかったこともあって、投手戦ながらラッキーボーイ脇谷のタイムリーで先取点をもぎ取り、テレンコした守備で足元をすくわれることがあったラミレスが、今日は走塁で魅せてくれて2点タイムリーとなる。

朝井は前回の阪神戦の汚名返上とばかり、魂のこもったピッチングを披露。中日戦初登板ということもあってか、ドラゴンズナインは戸惑った部分もあったかもしれない、6回1安打無失点と上出来以上のピッチングを披露。

そうなんだ!連勝中の中日とはいえ、やはり緊張している。

初戦こそ初回に4点をとる猛攻を見せたが、その後は1点、2戦目は2点と決して大量点を取れるほど打線の調子が良いわけではない。

先発が何とかゲームをつくり、先取点さえ取れれば勝機は充分にある(ちなみに今季ナゴヤドームでのジャイアンツ戦は先取点を取ったほうが100%勝っているそうだ)。相変わらずガッツには元気が無いものの、ラミちゃんのヒットから得点し、阿部のホームランで勝ち越す。快勝ではないが、一矢を報いた展開に少しこれまでのストレスが晴らせたような気がする。

ソフトバンク vs ロッテのCSでは、1勝3敗となったロッテが、さらに1勝して2勝3敗にまで持ち越せれば、ソフトバンクは2試合のうちどちらかを勝たなければいけないというプレッシャーがかかり、ロッテにはもともと1敗も出来ないという崖っぷちの開き直りで、その後の展開はわからなくなると書いたが、今の巨人もその通り。

もし、明日勝つことが出来れば、中日は5戦目にどうしても決めたいという重石が心にのしかかるだろう。ま、それでも現実的に考えれば中田、山本昌、チェンと来るだろう中日の投手陣に打ち勝って連勝するのは難しい。こちらが調子をあげる以上に相手が調子を落としてくれないと勝ち続けられないだろう。昨夜はどうせ勝てないならストレートで負けて悔しさを来年に持ち越して欲しいと書いたが、一矢報いたなら連勝するつもりで明日に向けて自信をつけて欲しいと思う。